なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

公開日: : 最終更新日:2015/11/19 経営者のための読書実践【書評】 ,

Pocket

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン!

それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

これだけでも私はそそられてしまいました。(笑)

 

オーラを発し、人を自然と惹きつける力とはいったい何なのか。

人を魅了してやまない真のブランドとは? モノづくりの神髄とは?

日本人の技は米独伊と何が決定的に違うのか?

その一つひとつの明確な応えを我々に与えてくれる、

変革を生み出し続ける素敵なリーダーの本質を感じる発見が

沢山ありました。

 

皆さん、こんにちは 水野です。

今回は工業デザイナー、特にカーデザイナーで

世界的に著名な奥山清行さんのお話です。

その人物や想いをつづった書籍「伝統の逆襲」から感じた内容です。

IMG_2829

経営者やビジネスリーダーから見れば、

営業や人事、財務は比較的身近なテーマの様に日々の活動の中で感じています。

しかし、デザイン・設計と言えば専門家任せだったり。

大切なものと想いつつも、意外と遠い存在になっているものではないでしょうか?

ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、ライフデザイン等々、
デザインという言葉を日常や仕事でも使ってはいます。
でも、そのデザインという言葉に込められた本質について、
はっと気づかせてもらえる熱い語り。

・デザイナー(コンセプター)の本来の役割は、
ものづくりをして、その物語性を含め、世界とコミュニケーションすること。

・イタリアの職人は、自分にしかできないことを探す。

・世界に誇る切り捨て(?)の文化、日本。

・日本を表現する2つのキーワード、想像力(思いやり)と自己犠牲(全体をいかす)

・仕事の3つの絶対条件、自分の学び、相手の求め、楽しい。

・いらないけど欲しくてしかたないもの、をつくる。
そして、冒頭のマセラッティやフェラーリーに買いが殺到するのは、、、

・真のブランディングが存在しているから。

・真のブランディングは
「いくら払っても、周りが何といおうとも自分は買う」と、顧客に納得させること。

・ものづくりが色褪せることなく、コモディティ化を防ぐ方法がここにある。

 

これらの力強い言葉に勇気を与えられ、それを私だけのものにしてはいけない。

 

DSC_0382

*トリノを本拠地とする世界的に著名なデザイン会社「ピニンファリーナ」

その時代に手がけたマセラッティのボディにロゴが光る。

 

皆さんは

1. 熱い想いの言葉、本質を見抜いた言葉の数々に何を感じられ、
2. 明日からデザインという言霊を使う時に、
何を周りに伝えていかれますか?

最後に奥山さんと懇意にされ、この熱い本もご紹介いただいた
経営者にお礼を申し上げたいと強く感じています。
『ありがとうございますっ!!』

水野

 

Pocket

関連記事

ビジネス書でおすすめは、ヒルトップの遊ぶ鉄工所(1冊目後半) vol.4

 えっ、この企業まだ知らない、この本見たことない。  もったいないです。(笑)  私も知りません

記事を読む

「メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<2>」

皆さん、こんにちは 水野です。   先日の、書籍にまつわる “故(ふる)きを温(たず)ね新しき

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、2019年 戦略だとどれか(3冊目前半) vol.7

 戦略という言葉は知れども、わが社では何をすること?  戦略の大家コトラーや、ブルーオーシャン戦略

記事を読む

稲盛和夫氏からダニエル・ピンクまで!水野がご紹介させて頂いた書籍ご案内!

こんにちは。 フューチャサポートのスタッフ落合です。 読書の秋も後半戦。 この秋、皆様はど

記事を読む

書籍「人を動かす、新たな3原則」に学び、3日以内に取り組める3つのこと

こんにちは 水野です。 ベストセラーを連発し時代を牽引してきたダニエル・ピンク。 その新

記事を読む

上司にとってのこの1冊(「上司のための心理学」)

たかが本、されど本。あなたにとって本は身近でしょうか? 本が嫌い、本を読まないというリーダーも

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、ティール組織イラスト解説版(4冊目後半) vol.10

 ブルーオーシャン戦略は意識すれど、ティール組織って何?   ティールとは色を表し、青緑色のことで

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、キンコン西野氏の新世界(6冊目後半) vol.14

 キンコン、西野亮廣さんに、リーダーしてどれだけ触れていますか?  読者が選ぶビジネス書グランプリ

記事を読む

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (はじめに前半) vol.1

 2018年の新刊ビジネス書、あなたのランキングは?  中小企業の後継者を育成してしまう、素敵な本

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、河合先生の未来の年表2(3冊目後半) vol.8

 人口減少、労働力人口減少で、自社に自分に何が起こる?   経営者、後継者、次世代幹部として、戦略

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑