経営者に必要なノウハウ

語尾に「思います」と口癖で使っていませんか?

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。

われわれ後継者・次世代幹部にとって、ここぞ!という場面で力強く、リーダーとしてのメッセージを伝えたいものです。

そのような時、自分ではなかなか気付かない、語尾を工夫するだけで変化が生まれるのではないでしょうか?

例えば「思います」「心掛けます」ではなく、何が効果的でしょうか?

人前で話す上で大事な「語尾」

水野秀則
皆さん、こんにちは、経営コンサルタント®水野でございます

今回のシリーズ「人がついてくる7つの口ぐせ」ということで、

「思います」についてお送りします。

言葉の力強さは何で変わる?

皆さんと一緒に、あるテーマを見て参りたいと願っております。

それは 我々リーダーとして、「人前で話す」

例えばお客さんへのプレゼンテーション・会議・ミーティング…

そして年1回の経営方針発表会。

こういった場面で自分の思いを伝えていくということが、数多くあるかと思います。

その時に どのような形で、語尾を使っておられるでしょうか?

自分自身の語尾。

分かっているようでなかなか分からないのが、この「語尾」ではないでしょうか?

もちろん 力強く相手に伝わる、ということを意識するために、

自分の想いを整理する あるいは、そもそも自分の想いを熱く持つということが大事。

あるいは目の力・表情・身振り・手振り、

こういったものも、すごく影響を与えていくことかと思います。

しかしながら大事なのはこの語尾」。

ここにその人の力強さが、大きく出るのではないでしょうか?

  • 「思います」
  • 「心がけます」
  • 「頑張ります」

というような、思考を表現するような言葉になってないだろうか?

行動につながる言葉

ご提案をさせて頂きたいのは、行動につながる言葉。

例えば、

  • 「〇〇をします」
  • 「〇〇を行動します」
  • 「〇〇を実現します」

という力強い言葉です。

こういった行動をメインにした言葉を使うことによって、

その人の力強さ そして伝えたいメッセージが、

よりスタッフやお客様や多くの方々に、伝わるんではないでしょうか?

〇〇をやります・します・行動します・実現します。

こういった「言い切る」ということを、一緒に大事にしていくことを願っております。

最後にいつも申し上げていますように、

「過去と他人は変えられない、自分と未来は変えられる」ということで、

自分に矢印を当てながら、一緒に前に進んで参りましょう。

ありがとうございました。

まとめ

日常会話や人前で話す時、自分の語尾は?

  • 何気なく使ってしまっている言葉の語尾
  • 「~しようと思います」「~と考えています」「~を心掛けます」「~頑張ります
  • 熱い想いや真剣な表情が大事だが、それだけで十分か?

聞き手にまわった時、感じること

  • 社員の「~しようと思います」と聞いて、「思うだけ?」と、さとす経営者
  • ビジネスでより求められるのは、思考だけでなく、行動をイメージさせる言葉
  • 具体的に取り組むことを宣言して欲しい
  • その人の、語尾に本気度が垣間見える
  • 「~をします」「~を行います」「~を実現します」
  • 意思表示に留まらず、行動や成果の宣言・コミットメント(約束・公約)
  • 語尾が流れないように(自戒)、言い切る

水野からの問いかけ

水野秀則

  • 自分が日頃から使っている語尾は?
  • 「思います」リーダーと、「行います」リーダー、どちらについて行きたい?

YouTubeでも詳しく解説しています

今回の、「語尾に「思います」と口癖で使っていませんか?」について、

YouTubeでも、わかりやすく解説しています。

ぜひ、動画でも「語尾に「思います」と口癖で使っていませんか?」について理解を深めてください。

組織力とは-チームワークとの違い
組織力とは?チームワークとの違いについて

組織力…。 リーダーとして何としても、手にしたいもの、 それが、組織力ではないでしょうか? 「よく似た言葉でチームワークとは、何が違うんだろう」 「組織の力って、日本人は得意種目と聞いているが、自社は ...

続きを見る

-経営者に必要なノウハウ
-, ,