「 お金 」 一覧

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者の会に招いていただいた時のことだ。 ご参加されたある方から「水野さんは、経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタントなのです

続きを見る

豊かさとは何か?~リーダーと共に気付き考える~

1. 名言「百里の道も一足から」を体験した事例 これまで毎月書き進めてきた弊社の機関誌が、第100回目を迎えた時の事である。振り返れば、永い様で意外と短い様に感じられる。「百里の道も一足から」「一人

続きを見る

ファイナンシャルリテラシーの意味とは何か? おススメの本は?

1.本「金持ち父さん貧乏父さん」の著者の講演会参加【事例】 先日、ある講演会に参加した。130万部のベストセラーとなった本「金持ち父さん貧乏父さん」の著者、ロバート・キヨサキ氏が日本でお話をされたの

続きを見る

愚痴とは何か?その無駄遣いの真の意味を、経営者として意識しているか!

1.経営者の奥様に学ぶ愚痴を言わない意識【事例】 先日、経営者の奥様とお話をする機会があった。ご主人を内助の功で支え、ご子息を三代目の後継者として育てあげられた方の考えには大いに刺激を受けた。

続きを見る

「着眼大局、着手小局」のことわざの大切さを実感する、経営者としてのお金観の確認

1.経営者のお金観の確認につながる、2つの数字【企業倒産と自己破産】 ある情報を調べている時、予想をはるかに越える意外なことを発見した。それは、インターネットで企業の倒産件数の動向を追っていた時だ。

続きを見る

数字に弱いとは? 克服するには経営者自らの、お金や数字への価値観を変えよう!

1.経営者のお金の価値観や、数字でのものの見方・考え方の違い ある出版社の方と、お会いする機会が増えた。この方は、経営情報誌を発行する企業の経営幹部としての立場を通じて、中小企業の経営者との親交が広

続きを見る

初任給の使い道は、両親にプレゼント、それとも手紙?【経営者のお金に関する考え方と一言】

1.初任給で両親にプレゼントをしようと思うも大失敗 春4月、各社に伺うと、新入社員の初々しい姿を目にすることが多い。その時、いつも自分自身の新入社員の頃を思い出し、こころ洗われる気持ちになる。

続きを見る

【変革型リーダーの挑戦事例】変革への抵抗とは何か?どう捉えるのか?

1.ある変革型リーダーの挑戦事例 ある業界で変革を生み出すリーダーから、原点を見直す意味でとても意義深いお話をいただいた。それは、「利益は、参入障壁に比例する」という言葉だ。「参入障壁が低い事業だと

続きを見る

業績が悪い会社・悪いリーダー5つの甘~い特徴【徳川家康の九十九里をもって半ばとせよの視点で】

1. 徳川家康の教えは、「百里の道を行く時は、九十九里をもって半ばとせよ!」 二十一世紀の幕開けと共に毎月書き溜めてきたこのコラム(当時は機関紙)が、8年目九十九回を迎えた時のことだ。長かった様で、

続きを見る

赤字会社の経営者は、黒字社員を増やすだけでなく、ココにも注目!

1.赤字は罪悪でなく、変えないことが罪悪 先日、ある会社の社長と「赤字」のことで大変掘り下げたお話を伺えた。企業の70%以上が赤字という話に始まって、赤字というものをどう見るのか――ものの見方・考え

続きを見る

ビジネスの数字感覚を養うには、数値を習うより日常生活で数値に慣れよ!

1.自分の数字感覚を知るには、まず日常が感覚的か数字的か 挨拶一つをとってみても気付くことがある。今の様な冬の朝、「今日は、寒いですね、冷えますね」と挨拶を交わす。人によっては「今朝はすごく寒かった

続きを見る

辞めない新入社員が「不満は自分がつくっているかも?」と気づく上司からの一言 vol.7

 新人の不安や不満にどの様に向き合っていますか?   新人が抱える不安、それが高じて不満になり  退職に至るという流れがあります。  上司への不満、労働条件の不満、会社の将来性への不満等々。

続きを見る

ビジネス書でおすすめは、キンコン西野氏の新世界(6冊目後半) vol.14

 キンコン、西野亮廣さんに、リーダーしてどれだけ触れていますか?  読者が選ぶビジネス書グランプリ2018で、総合グランプリをとった、  革命のファンファーレ。  その前作、えんとつ町のプペルを

続きを見る

ビジネス書でおすすめは、2019年 お金の常識を打ち破るだとどれか(6冊目前半) vol.13

 リーダーとしての、お金の常識って?  自分が知らずしらずのうちに、身に着けてしまっている常識。  それを今回解き明かしてくださる、おススメの6冊目。  しかも、後継者・経営者・リーダーにとって

続きを見る

ビジネス書でおすすめは、破天荒フェニックス オンデーズ再生物語(5冊目後半) vol.12

 不死鳥を表すフェニックス。今回の主人公には、破天荒が前につく!   30歳という若き経営者が、事業再生で背負ったもの。それは。。  20億の売り上げなのに、短期借入金14億。  立ちはだかる、

続きを見る

コスト意識100回言うより、身近な一工夫

    コスト意識、、、、   よく経営者や部門長の方々から、 「わが社はコスト意識が低い」 「ムダな経費をまだまだ使っている」

続きを見る

財務諸表を別角度から見つめるある提案

財務諸表と聞いて、どの様なイメージが膨らむでしょう? 得意/苦手、さらには面白い/嫌い等々 我々、経営者や組織のリーダーにとって決算書、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー等々、 どれも

続きを見る

「メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<2>」

皆さん、こんにちは 水野です。   先日の、書籍にまつわる “故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る”作戦!” 、 いかがでしたでしょうか?   今回はその続き、 先日お伝えした“故(ふ

続きを見る

メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<1>

皆さん、こんにちは 水野です。 よく経営者や組織のリーダーから、 「メンバーに伝えても伝わらなくて困っている」 「若い部下と価値観やビジネスを進める前提が違っていて  社内の常識(ビジネス

続きを見る

経営者のための読書実践【書評】

稲盛和夫氏著 「働き方」 に学ぶ仕事との向き合い方(スタンス)

先日より、ある会社のコンサルティングがスタートしました。 そのご契約が決まる前の出来事です。 私がご縁をいただいた経営者に必ずお聴きする 「影響を受けた本や映画って、何ですか? 」という

続きを見る

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑