右腕になりたいなら『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

公開日: : 最終更新日:2019/01/20 おススメ本を聞きたい【ビジネス書書評】

Pocket

皆さん、こんにちは! 水野です。

以前取り上げました、右腕の育成に役立つ書籍、右腕のスタンスが実感できるもの、
右腕に読んでもらいたい書籍等々、何かいいものあったでしょうか?
また、読み返された本はあったでしょうか?

今回はその時にお薦めしました、松下幸之助さんの右腕、高橋荒太郎氏の
その人物と書籍についてです。

今回のテーマ

まず、この言葉からご紹介したいと想います。
あの人ほど、会社や社員のことを考えている人はいない!』
この言葉は、 幸之助さんが高橋荒太郎氏のことを
尊敬の念を込めて口にされた時のものです。

右腕の指し示す、右腕としてのスタンスを見事に表現しているように
想います。

経営者は腹を割って、右腕と上下関係ではなく、対等なパートナーとして
事業に共にまい進する人を求めている。

経営者や組織のリーダーは右腕に何を求めているか?
どの様な右腕として成長して欲しいと願っているか?

日頃から接する方々と触れる中で、私が感じるもの。
それは、技術やスキル・知識も大切だが、何よりスタンスを求めている様に、感じています。

今回の問い掛け

  1. あなたが、右腕に求めるものは何か?
  2. 右腕として、自分の今のスタンスはどの様なものだろうか?

今回お薦めする書籍や人物

今回はさらに”右腕””右腕の育成”について、
住友の大番頭、伊庭貞剛氏や、
城山三郎氏が描き切った、大番頭金子直吉という
二人の人物。

この二人から我々は、何を学べるでしょうか?

(水野がお薦めする理由や、日頃の実務と照らし合わせて
実感したことは今後このブログで紹介します)

Pocket

関連記事

経営者リーダーの魅力づくりは、食事や食習慣から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を創るだけではない。我々リーダー

記事を読む

経営者として、今、あなたが読む本がわかります

水野の書評ブログをスタートいたします この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙

記事を読む

『経営に終わりはない』 経営者の右腕とは? 歴史的補佐役に学ぶ4冊

経営に終わりはない (文春文庫) posted with ヨメレバ 藤沢 武夫

記事を読む

「あなたの意思はどのように決まるか?」に学ぶダニエル・カーネマンの神髄

ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか? pos

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

経営者感覚・視点を養う脱サラリーマンには、新書「経営センスの論理」一択!

皆さん、こんにちは! 水野です。 少し時間が空いてしまいましたが、その後お変わり<ござい

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <1>

皆さん、こんにちは 水野です。 今日は、ある後継者の方との書籍についての対話から、 改めて深

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

なぜ時間をいかせないのか? 田坂広志さんに学ぶこの2冊!

  皆さん、こんにちは 水野です。   タイムマネジメントと言

記事を読む

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう? 作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑