リーダーとしてあなたは敏感/鈍感?<2>

Pocket

前回のブログでのあなたへの問い掛け。

感のつく言葉”、どのようなものが出て来るでしょうか?
というものでした。
○感、感○、○○感、感○○・・・、

あなたの場合いかがだったでしょう。

こんにちは!水野です。

前回は問い掛けたままでしたが、
今回はその後のお話を進めていきます。

お待たせしました。(笑)

当日の講座ででてきたもの、
それは、以下の様なものでした。

情、劣等覚、快、不信
不快、違和、共想、性、
動、情、実、直心、
謝、霊、同、音、鈍
知、敏、震、予、反
、第六激、傷、涙、
無量・・・

一人ひとりの発表で、お伝えした様に、
合計31個も出てきました。

人によって、また、その人の状況や身近に接している感情の違いによって
出て来るものが本当に様々だと感じます。

リーダーにとって、人を惹きつける上で、
この感情や感覚を味方にできればいいですよね。

人間は感情の動物」という言葉があります。

また、「人は理屈では動かない」という言葉もあります。

だからこそ、この“感のつく言葉”に日頃から接し、大切にし
リーダーとして人を惹きつける力を身に付けたいものです。

まさしく、“感のつく言葉”に敏感でありたいとしみじみと
感じた場面でした。

特に、当日受講されたリーダーの方々が、
全体で振り返った後の発表が印象的でした。

「数はそこそこ出て来たけど、
共感”という言葉が自分で書き出せなかったというのが悔しい!!」

「他の人が“共感”という言葉を発表されてるのを聴いて、
リーダーとして、この言葉は大切だ、なるほどと想った」

「日頃から意識している共感という言葉、
でも本音の部分ではまだまだ身近でなかった、という現在地を実感しました」

等々、参加された方がリーダーとしての
自分自身が何に敏感で、何にまだまだ鈍感なのかを
深められた様です。

kyokankouza 1

“感のつく言葉”や共感という言葉をじっくりと見つめてみて
浮かび上がったリーダーとしての現在地。

その実感や学びをもって、明日からの経営やビジネスに
さらにより良きリーダーとして挑まれる受講生の方々。

さらには、共感という言葉と同感という言葉の語感の違いから
リーダーとして取り組む微妙な感覚をさらに探求されました。

anke-to2

詳細は別の機会にまたご紹介できればと思います。

自分自身が自分のことをわかっている様で
一番わかっていない。

でもその一端に触れ、何かすっきりされた
受講生の方々の笑顔が印象的でした。

あなたは、今回何を感じられたでしょうか。

リーダーとして現在地の何を深められたでしょうか。

今日の問い掛け

1.リーダーとしての自分自身が何に敏感で、何にまだまだ鈍感なのか?

2.共感という言葉、リーダーのあなたにとってどの程度身近でしょうか?

今日のメッセージ

1.人間は感情の動物

2.人は理屈では動かない

3.自分自身が自分のことをわかっている様で一番わかっていない。

(水野秀則)

kyokan 1

Pocket

関連記事

会議室イメージ

中小企業の後継者は孤独か⁉

後継者が元気になるキーワード こんにちは。経営写コンサルタント®の水野秀則です。 ある経

記事を読む

できる新入社員を育てるために、仕事での時間の使い方が変わる上司の2つの言葉 vol.4

 日々成長し、できる人材を、どの様に育てるか?    いいものもってるけど、  なかなか育ってい

記事を読む

自立型新入社員が自然と育成され、受け身・指示待ちが少なくなる上司のOJT vol.6

 職場に配属された新人が、指示待ちで困っている。    入社当時はまだしも3か月も半年も経っても続

記事を読む

リーダーシップ開発は、たった1つ継続力こそをマネジメントすること vol.7終

決めたことが続かないんだよね、、、 誰しも経験があることではないでしょうか。 継続は力なり、継続

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」 vol.4

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部下がそうせざるを得ない、質問を

記事を読む

小売業店長に学ぶ、リーダーとしてのスピード感!

時代の変化が目まぐるしい。 われわれリーダーも以前に増してスピードが求められています。

記事を読む

『ある会社の営業所長研修ご支援から学ぶ、わかっていても陥りがちな指導スタイル』

皆さん、こんにちは 水野です。 8月に入って暑い日がさらに続いていますが、いかがお過ごしでしょ

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その5「弱点・欠点」後半 vol.8

 上司から部下の欠点や短所はよく見えるもの。だからと言って、そのまま直接的な指摘をしていていいもので

記事を読む

経営コンサルタントへの従来型の相談でいいのか【若手経営者後継者の専門家活用】

経営の専門家で思い浮かぶ方は、中小企業診断士・税理士・公認会計士・弁護士・コーチ・カウンセラー等々。

記事を読む

リーダーシップを開発する上で、意外と見落としがちな大切な一つの視点 vol.5

リーダーシップのあるべき姿はイメージができても、自分のいまの実状が意外とつかみにくい。 ものごとを

記事を読む

会議で眠い素振りに気づいた時、リーダーができる進め方改善 5つ目【快議】

会議の雰囲気はどうでしょう? 「ついつい自分には関係ないと感じる時が

会議で決まらないのは、なぜかわかりますか 4つ目【回議】

会議で同じ議題がまた出てきて、決まらないことないでしょうか? 「この

会議の改善点を洗い出すには、ぜひこの視点を! 3つ目【悔議】

会議での討議は、過去のこと、今のこと、未来のこと、どの時点の話が多い?

会議の時間生産性を高める、今日からできる1つのこと 2つ目【戒議】

毎月、毎週ある会議、生産性高めたいですよね? 「会議を主催するトップ

会議体の見直し、カンタン即取り組める7つのポイント 1つ目【貝議】

会議と聞いて、湧いてくるイメージは? 「また会議、時間がないのに」

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑