経営者として、今、あなたが読む本がわかります

公開日: : 最終更新日:2014/01/08 おススメ本を聞きたい【ビジネス書書評】

Pocket

水野の書評ブログをスタートいたします

この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙媒体での弊社月刊機関紙を、2012年12月をもちまして一旦停止させて頂くこととなりました。丸12年に渡り、継続させて頂いてきたものを停止する、ということには断腸の想いもございます。しかし、新しい時代に向かって、より皆様と共有・共感・共創を目指したい、という気持ちから弊社ホームページ内でコミュニティを創造する様な新しい展開を進めて参りたいと考えました。

これまでのコンサルティングや講演等で皆さまからご質問の多かった「何かいい本はありませんか? 」──この問いに少しでもお応え出来るように進めてまいります☆

☆経営『者』コンサルタント・水野の執筆により新しくスタートする書評ブログは・・・

1、特に、リーダー・経営者向けに焦点をあてます
→単なるビジネスマン向けではなく、主に、“リーダー・経営者”の方が「今、読む」本がわかります。
・ 様々な業種、会社のリーダーや経営者と現在進行形で実践の場をもつ現役のコンサルタント・水野の生の声で編集します。
・ 現場の今、社会の今、経営の今、を反映した本を紹介し、組織のリーダー、とくに経営者(後継者・経営幹部)にとって効果的な本を紹介します。

2、症状にあった処方箋が探せます
→経営者・リーダーの方が、今解決したい悩み事や、問題に対して、ヒントとなるような書籍や機関紙バックナンバー等具体事例を検索できるようになります(現在準備中)。
・ 例えば、業績浮上、リスク管理、人事労務、メンタルヘルスケア・・・等々。 リーダー・経営者の方のお悩み解決にお役に立てるような情報発信を目指します。

3、実践(実行)が出来、成果へ繋げます
→掲載書籍は、水野が読み、実践したことによる過程や成果も折り込み紹介させて頂きます。
また、本をお薦めするだけでなく、共に行動を促し、成果へ結ぶ足がかりとなる仕組みづくりを目指します。

・水野はただ「本を読む」のではなく、「本を行う」こと(※本から刺激を受けるだけでなくいかに実践し成果を生み出すか)を提唱しております。本の紹介の中においても、実践のポイント、行動した結果や変化を記述して、よりお役に立てる内容にいたします。

4、本を通して繋がることが出来ます
→“本”を通して、想いを共有するだけでなく、未来に繋がる交流、ひいては共創する新しいコミュニティを育みます。

以上、まだ準備段階ではありますが、2013年新しいかたちでスタートするブログにご期待ください。また、これまでフューチャサポート機関紙のご愛読、本当にありがとうございました。よろしければ、このページのコメント欄に、ご感想やどのように活用頂いていたか、等お寄せ頂ければ幸いです。また、今後の展開へ向けてのご意見等も是非お寄せください。(匿名でも結構です。業種・年代をお書き添え頂ければ幸いです)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

フューチャサポート

 

Pocket

関連記事

ビジネス書でおすすめは、ティール組織イラスト解説版(4冊目後半) vol.10

 ブルーオーシャン戦略は意識すれど、ティール組織って何?   ティールとは色を表し、青緑色のことで

記事を読む

「LEAN IN(一歩踏み出す)」「LEAP!(リープ)」で感ずる2つのL(Leadership・Love)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? たっ

記事を読む

「メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<2>」

皆さん、こんにちは 水野です。   先日の、書籍にまつわる “故(ふる)きを温(たず)ね新しき

記事を読む

上司にとってのこの1冊(「上司のための心理学」)

たかが本、されど本。あなたにとって本は身近でしょうか? 本が嫌い、本を読まないというリーダーも

記事を読む

『経営に終わりはない』 経営者の右腕とは? 歴史的補佐役に学ぶ4冊

経営に終わりはない (文春文庫) posted with ヨメレバ 藤沢 武夫

記事を読む

『社長になる人に知っておいてほしいこと』 松下幸之助

社長になる人に知っておいてほしいこと posted with ヨメレバ

記事を読む

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (はじめに前半) vol.1

 2018年の新刊ビジネス書、あなたのランキングは?  中小企業の後継者を育成してしまう、素敵な本

記事を読む

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

サーバントリーダーシップ

〇〇〇〇リーダーシップ、あなたは何が浮かびますか?

リーダーシップと聞いて、どの様なスタイルが脳裏に浮かんできますか? 引っ張り型、状況対応型、変革型

記事を読む

書籍「エスキモーに氷を売る」に学ぶ、革新・リーダーシップの発揮

この書籍の副題は、魅力のない商品を、いかにセールスするか。 ただ、この本はセールス本として読む

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

人がかかりやすい3つのこころの病―― つもり病・ぐらい病・ぱなし病!!

1.こんな出来事が!  先日、あるメーカーのマネージャー研修を終え、

数値を忘れた理念は寝言、数値に関心を!

1.こんな出来事が! 17年ぶりに上がることが決まった。──そう、消

人が影響を受け動き出してしまう“コミュニケーションのポイント”!

1.こんな出来事が! ある女性教諭の話を伺う機会を得た。モンスターペ

3つの“込み”――思い込み・抱え込み・しり込みに歯止めを!

1.こんな出来事が! 先日、恒例となっている“今年の新入社員のタイプ

あきらめない心が、あくことのない探求心と自己革新を生む!

1.こんな出来事が! ここ数年、健康のために自転車に乗る機会が増えた

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑