2013o1

おススメのビジネス書

人材育成のおススメビジネス書(2冊目前半) vol.5

経営者・次世代幹部にとって、人を育てる大切さは誰しもが感じています。

ただ、どれだけ日常で取り組めているか?自分のスタンスやスキルがこれでいいのか?

リーダー一人だけの一馬力ではなく、複数のメンバーの多馬力を一緒に生み出していきましょう!!

人材育成って、どうしていますか?

水野秀則

皆さん、こんにちは、経営コンサルタント®水野でございます

1馬力ではなく、多馬力

今回のテーマは、部下育成です。

我々、後継者、次世代幹部、若手経営者としてですね、

大事なのは1馬力ではなく、多馬力。多くの馬力。

1馬力から、多馬力にシフトすることかと思っております。

そういう中で部下をどう育成するか、そういったものは、よく皆さんが意識しておられることではないでしょうか。

私としては部下育成ということで、キーワードを3つお伝えをしたいと思います。

多様化

まずひとつは、やはり多様化しているって言うことではないでしょうか?

10代、30代、40代、50代、それぞれ価値観が違います。

そういった、世代だけではなくて、

性差もでしょうし、部下にどう接したらいいのか、ということで、

やはり多様性というものをですね、

我々が認識をするということが、まず一つあります。

引き出す

二つ目はですね、

引き出すというテーマではないでしょうか?

こちらから押し付けるではなくて、ひきだすということが2番目のキーワードとしてあるように感じて
おります。

寄り添う

そして3番目は、寄り添う。

という、このテーマでございます。

部下にに寄り添う、この3つのをワードから見て、

皆さんは、部下育成ということで、どのようにお考えでしょうか。

水野秀則

今日は以上でございます。いつもご視聴ありがとうございます。失礼いたします。

弊社の部下育成については、下記ページをご覧ください。

hidariude-futuring
ビジネスコーチング依頼

ビジネスコーチングのご案内 自ら考え、自立した人財を育成します ご相談 ※ご不明な点はサービス部担当 西野までお気軽にお問い合わせください。 独自ビジネスコーチング「フューチャリング」とは何か? フュ ...

続きを見る

人材育成に大切なキーワード

人材育成することにおいて、とても重要なキーワードを3つ挙げたいと思います。

ぜひ参考にしていただければと思います!

1.多様化している   

  • 年代によっての価値観の違い
  • 年上部下との関わり方
  • 最近の若い子は?と言いたくないが、、、
  • 女性の部下を育てたい(異性の部下育成)

2.引き出す  

  • 脱、押し付ける
  • ヤフーの1on11~部下を成長させるコミュニケーションの技法~
  • 上から目線でなく、横から目線(なでしこジャパン元佐々木監督)

3.寄り添う  

  • 部下の現状や不安に無関心
  • 考課面談でいいのか
  •  面談でなく、対話という意識をもつ

あなたへの問い掛け

水野秀則
  • 人材育成で、何が大切なポイント3つは?  
  • (逆の視点から)あなたはどの様な人に育てられましたか?

YouTubeでも詳しく解説しています

部下育成シリーズ

目力がないと嘆かず、目力を強くする ~リーダーとしての心得~

目の力、目力(めじから)がアップした経営幹部のセミナー後【事例1】 先日、弊社主催のセミナーにひとりの経営幹部が参加された。 彼の上司は永年私がお世話になっている経営者であり、セミナー参加後の様子につ ...

続きを見る

現状打開するアイディアはこうして生まれる!

壁にぶつかったら視点を変えてみる 先日、高校野球で甲子園常連校のある監督さんとお話をする機会を得た。 その中で、人生やビジネスに通ずる多くのことを学ばせていただいたように想う。 この監督は 伸びる選手 ...

続きを見る

人の想いこみを変えるのは、アドバイスではなく問い掛け!

1.こんな出来事が! 先日実施した、社内勉強会の時のことだ。終了にあたって一人ひとりが感じたこと・学んだことを発表したが、あるスタッフの言葉がとても印象に残ったのである。そのスタッフがしみじみと語った ...

続きを見る

人が影響を受け動き出してしまう“コミュニケーションのポイント”!

こんな出来事が! ある女性教諭の話を伺う機会を得た。 モンスターペアレント(理不尽で自己中心的に、非常識な要求を繰り返す親)の話をよく耳にする中、人を育むことは一筋縄ではいかないものという現場での難し ...

続きを見る

かたい、働かない、回らない、頭を柔らかくするコツ

1.かたい頭にはーー「新」が注目されがちだが、「転」を意識 四月はとりわけ『新』という文字が気になる季節である。新人・新任・新入学・新生活等々。先日もある経営者の方と『今年の新入社員の特徴は?! どの ...

続きを見る

    この記事はご満足いただけましたか?
    ご意見・ご要望(任意)

    プライバシーポリシーに同意の上でお申込みください

    -おススメのビジネス書
    -