成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

公開日: : 最終更新日:2014/03/11 経営者のための読書実践【書評】 , ,

Pocket

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。

強い現場力をもつトヨタでは、
上司と部下ではどの様なコミュニケーションが行われているのか?

その現場の口ぐせにフォーカスした本を、今回取り上げました。

ぜひトヨタの日常と、自分の日常を照らし合わせてみてください。
気づきがあふれてくると感じます。

そこから我々リーダーに求められる、
部下との関わり方や声掛けだけでなく、
あるものが見えてくるのではないでしょうか。

そのあるものとは?
こんにちは!水野です。

リーダーとしての自分の姿が他人と同じと想っていても、
「違うなぁ~」と実感する時ってないでしょうか。

こういった瞬間が多ければ多いほど、
自己変革が進むように感じます。

リーダーとして成果を生み出すには、
先ず他人との違いを実感することが効果的です。

その中でも、成果を出している人との違いを
実感できたならば、後は手本に学び行動を変えて
いけばいいですよね。

しかし、ここでよく聞くのが
「分かってはいるけど、できないのです」
「実行力が不足していて・・・」
という様な言葉です。

そこで、今回ご紹介のこの本。

成果を出している人ということでは、
日本を代表するトヨタの実例で文句なし。

しかも、その現場のやり取りを再現したかのような
口ぐせがテーマです。

口ぐせであれば、行動を変えるより
負担が少しは軽く感じられる方も多いと感じますがいかがでしょう。

例えば、トヨタの日常の会話では

リーダーはやらせる勇気、メンバーはやる勇気

問題解決できる能力だけでなく、問題発見できる能力

たくさんの量ができる人より、たくさんの種類ができる人

あなたは言い訳のデパートだ!」

安全に関する話が朝礼等で出てこない!」

修繕と修理の違い

標準書は自分が楽になるためにある
等々。

しかし、何より大切なのは、
口ぐせの違いを通じて見えてくるもの、です。

それは、トヨタと自分とのスタンスの違いであり
価値観の違いが見えてくるという視点。

このスタンスに違いを生み出すことが
現場力であり業績力、安全力を生み出す源である様に感じます。

例えば、スタンスの違いで強く感じた口ぐせの1つは、
現場は毎日変化させないといけない
です。

変わる、変える、ことが当たり前の現場と、
「お変わりございませんか」という言葉に垣間見える
変わらない、変えない、ことが当たり前の現場。

口ぐせを通じて、スタンスに違いを生み出す。

この本を通じて、
自己変革、組織変革のきっかけにされませんか! 

Pocket

関連記事

経営者のための読書実践【書評】

経営者本として小説を選ぶなら、リーダーとは何か?が学べるこの4冊

皆さん、こんにちは! 水野です。 先日、ある後継者の方から、読まれた本の感想をお聞きする機会が

記事を読む

右腕になりたいなら『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

経営感覚を磨くには?に応えるこの3冊

こんにちは! 水野です。 しばらく間が空きましたが、経営者に関する書籍の情報を発信させていただきま

記事を読む

ドラマ『下町ロケット』リーダーの想いを組織力にいかに高めるか?

いよいよ、あの原作のドラマが、TBS日曜劇場で第一回放映。 『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』

記事を読む

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (はじめに前半) vol.1

 2018年の新刊ビジネス書、あなたのランキングは?  中小企業の後継者を育成してしまう、素敵な本

記事を読む

経営者リーダーの魅力づくりは、食事や食習慣から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を創るだけではない。我々リーダー

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、ティール組織イラスト解説版(4冊目後半) vol.10

 ブルーオーシャン戦略は意識すれど、ティール組織って何?   ティールとは色を表し、青緑色のことで

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、キンコン西野氏の新世界(6冊目後半) vol.14

 キンコン、西野亮廣さんに、リーダーしてどれだけ触れていますか?  読者が選ぶビジネス書グランプリ

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

リーダーとしての人生・仕事に影響を与えた映画は何か?(映画アルマゲドン)

文字から読み取る書籍よりも数倍、われわれリーダーのこころに訴え掛けてくる映画。 影響を受けた映

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑