書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <2>

Pocket

ビジネスを快適にするギア!
ここに興味を惹かれる方をとりこにする
ハーマンミラー社のアーロンチェア!
社会に素敵な家具を生み出し続けた偉大な父を引継ぎCEOになった後継者が
貴重な(資産ではなく)遺産を残した。
それが最も働きがいのある企業、最も称賛される企業であり、
それを実現したリーダーシップスタイルだ。
我々組織のリーダーで、この教えに触れないのはもったいないのではないか!

 

皆さん こんにちは 水野です。

今回取り上げたアメリカのハーマンミラー社をどの程度ご存知だろうか?
多くのファンがいる、、、あのアーロンチェアを開発した会社である。

アーロンチェア

このイスの商品がどの様なものか、この会社が伝えているメッセージを少しだけご紹介しよう。

「史上最も有名な、人間工学に基づいてデザインされたワークチェア。
ユーザーの身体の曲線に沿い、通気性のあるメッシュ素材の「ペリクル」を初めて採用。
その評価を絶対的なものとしました。あらゆる体型にフィットし、しかも熱をこもらせず、仕事への集中度を高めます」

誰しもが「あの椅子だ!」という感じではないだろうか。
こだわりのオフィス空間や、集中力が少しでも高まるイスを探している人々。
経営者や役員、ビジネスマンであれば尚のこと、
直接触れたり、さらにはオフィスに備え付けている方がきっといるに違いない。

しかし、今回の本題はギアの紹介ではなく、
この素敵なチェアを生み出す人や、その人を育む組織の土壌は、
どの様なものであったのか、というものだ。
これを見つめる上で最適なのが、
偉大な父の後を継承し、さらに不動のブランドに押し上げた後継CEOが残した1冊の本だ。

初版は1987年なので、かれこれ30年近くがすでにたとうとしている。
が、今回のブログテーマにある邦題はもとより、
英語の原題がとても魅力的だし陳腐化をまったく感じない。

それは、Leadership Is an Art
最初この本を取り原題を見ただけでも、何かワクワクする感じがあった。

さらに中を読み進めば、

・真のリーダーは部下の潜在能力を最大限にまで引き出す

・リーダーシップは科学というより、『伝承』である
情報の蓄積というより『関係の構築』

・優れたリーダーシップの「しるし」は、部下の中に現れる

・リーダーにとっては、指標、目標、変数、最終収益を知ることの他に、
「個性」を認めることが大切 そしてこれは人々の「才能」「力量」「スキルの多様性」を
理解することから始まる

・方針や業務より、(ハーマンミラーとしての)自分たちの『信念(価値観)』を優先

・コミュニケーションの機能は、「教育する(引き出す)」と「解き放つ」

 

この本はただ単に読むものでも、理解するものでもない。
実践の書であり、常に手元に置き、自分のリーダーシップを見つめる鏡(の様なもの)だ。

文字量の少ない194ページの言霊に触れる度に感じることは、

1)リーダーシップは、テクニックやスキル(もちろん知識)でなく、スタイルであり価値観であること

2)働きがいのある組織を生み出すには、一方通行ではなく「一緒に」がキーワードであり
  共感・共鳴・共創が大切

リーダーシップだけでなく、ハーマンミラーのスタイルに関心をもたれた方は
以下ご参照ください。

ハーマンミラーが大切にしていること

問題解決のためにこそデザインはある!   (*私、水野が好きな言葉の1つです)

ハーマン ミラー物語 イームズはここから生まれた

東京 丸の内に行かれた際には、ストアを訪れぜひ体感を!

時間がなくウズウズしてきた方は、、、(笑)

(水野秀則)

Pocket

関連記事

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半 vol.6

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、自分の言葉の語尾に着眼してみて

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

経営感覚を磨くには?に応えるこの3冊

こんにちは! 水野です。 しばらく間が空きましたが、経営者に関する書籍の情報を発信させていただきま

記事を読む

右腕になりたいなら『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <1>

皆さん、こんにちは 水野です。 今日は、ある後継者の方との書籍についての対話から、 改めて深

記事を読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

組織が機能するには、ドラッカーに学び まずはここから!!

リーダーとして、組織力が発揮される様願っている方は多い。 しかし、その組織力をいかに引き出すの

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、ヒルトップの遊ぶ鉄工所(1冊目後半) vol.4

 えっ、この企業まだ知らない、この本見たことない。  もったいないです。(笑)  私も知りません

記事を読む

リーダーとしての人生・仕事に影響を与えた映画は何か?(映画アルマゲドン)

文字から読み取る書籍よりも数倍、われわれリーダーのこころに訴え掛けてくる映画。 影響を受けた映

記事を読む

あなたが想う“社長業”とは何でしょうか?

皆さん、こんにちは 水野です。 評論家ではなく、経営者自身が経営について書いた本と言えば ど

記事を読む

メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<1>

皆さん、こんにちは 水野です。 よく経営者や組織のリーダーから、 「メンバーに伝えても伝わら

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、キンコン西野氏の新世界(6冊目後半) vol.14

 キンコン、西野亮廣さんに、リーダーしてどれだけ触れていますか?  読者が選ぶビジネス書グランプリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑