【事例に学ぶ】お客様との信頼関係構築は、意外なこの視点を大切にすること

公開日: : 最終更新日:2019/03/05 事例体験から学びたい!

Pocket

1.「仕事は自分都合でなくお客様都合」の事例

少ないながらも共に働くメンバーが増え、少し広い事務所に移転しようと、先日、不動産業者をまわった。物件の案内をいただいた時に、対照的な二人の女性に出会い、仕事の取り組みについて、色々と考えさせられる機会を得た。

一人の女性は、全国展開をしている店舗の方。ブランド力・知名度もあり、物件数も多い。その方の経験も知識も豊富で、応対にもそつがない。ただ、受け答えがマニュアル的で、こちらの意向は何か二の次。なんとなく不動産業者の論理を押しつける感じは否めなかった。2度目に伺った時、我々の顔すら覚えておらず、「こちらの顧客カードにご記入を!」と促された時にはさすがに寂しい想いがした。

もう一人は、地元の不動産業者の女性。この女性は、入った瞬間の挨拶と応対の時の笑顔がとても印象的。何より我々がどのような物件を探しているのかという意向や要望に熱心に耳を傾けて、その内容をよく理解してくれた上でのていねいな対応であった。

一方は、業界の慣習・会社都合・自店舗の都合・自分の都合を押し付けてくる印象が強く残り、一方は、全てがお客様の都合からスタートする。この違いが、こころからお客様を理解した上で対応できるかどうかの分かれ道だと痛感したものだ。

顧客対応の進め方・やり方の面だけで見ると、決して前者が大きく間違っているとは思えない。が、お客様に対して一番大切な「お客様とは何か」「いかにお客様と関わるか(あり方)」という根本の所が欠落している様に感じたのである。

2.「お給料は誰から?」という事例が、職場を顧客志向に戻す

私はこのお二人の女性担当者に、ふと、ある質問を投げ掛けたい衝動にかられた。それは、「あなたはお給料を誰からいただいていますか」というものだ。これは、よく新入社員の方に研修会等でする質問だが、このことは、新入社員に限らず仕事をする上で極めて大切なことであると常々私は想ってきた。今回出会ったお二人の例から言うと(直接尋ねた上での結果ではないが)、前者は「社長から」「会社から」という答えが返ってくるように感じ、後者は、「お客様からですよね」さらに付け加えて「お客様の満足や感動から」という明るく元気な声が返ってくるようにイメージできたのである。

3.お客様を大切にすること=自分自身を大切にすること

どのような仕事でも、給料をお客様からいただいているのだから、自分の都合ではなくお客様の都合で考え動く(考動する)ことが大切ということは、社会人として当たり前のことである。(これが意外に出来ていない人が多く驚くのだ)しかしこのこと以上に、お客様を第一に考えていない(知識や言葉として知っているが実行できていない)店員や、周りへの配慮や相手への理解が不十分な人は大切なものを失っているのに気がついていないのではないだろうか。それは、いわば「目に見えない充実感ややりがい・感動という人生の宝物」を失ってはいないだろうかということだ。志(仕)事を通じて、お客様の笑顔や、「貴方のお陰でうまくいったよ、ありがとう!」という感動の場面や瞬間を得ずに終わってしまっているのは本当にもったいないことだ。(注:志事とは?志に基づき、意志や魂をこめた仕事、仕えてやらされているのではなく自ら取り組んでいるもの)
これでは、こころを一つのバッテリーに例えれば、仕事をすればするほど、充実感ややりがいというものを放電し続けている状態といえる。本当にむなしいことである。一方では、仕事をすればするほど感動や喜びに満ち溢れ、ますます充電が進むということだ。素晴らしいことである。

お客様を大切にすること、それが一番自分自身を大切にすることだということが、より鮮明に今回の出来事を通じて浮かび上がった瞬間であった。

4.仕事を面白く⇒お客様志向⇒充実感で自分を大切に⇒信頼関係の豊かさ⇒仕事が面白く

今回の出来事を通じて、接客業・サービス業という狭いくくりに留まらず、仕事の対価として給料をいただくということはどういう意味か? 働くということはどういうことなのか? という大切なものを改めて見つめ直す機会を得たように思う。

仕事を面白くするのは、決して会社や上司やまわりにその答えがあるのではなく、自分のこころの中(姿勢や取り組み・想い)に大きな答えがあるように感じるのである。お客様だから、仕事だから、言われたから、なんとなくやるというのではなく、自分の生き様だから、自分の人生のスタイルだから、自分らしくありたいから、想いを込めてやることが極めて重要なのだ。その人の生き様や、人生で大事にしていることと、日常の仕事や生活の場面での様々な行動とが一致していなければ、真にお客様や周りの人を感動させることはできない。そればかりか、『自分らしく生きる(言うなれば、自分を生きる)』ことにつながっていないのではないだろうか。

仕事で得られるお客様や周りの人々との信頼関係。何よりそれが、人生のかけがえのない宝物として自分にプレゼントされるのは間違いのないことだから。

あなたご自身は何を感じられ、どのように進めておられますか?

5.信頼関係を深める、リーダーのあなたへの言葉

  • 「会社都合でなく、お客様都合の取り組み」
  • 「お給料は誰からいただいていますか」
  • 「仕事を面白くする答えは、自分の心の中にある」
  • 「お客様を大切にすること、それが一番自分自身を大切にすること」
  • 「自分らしく生きる(自分を生きる)ことの真の意味を考える」
  • 「仕事で得られるかけがえのない宝物、それは周りの人々との絆や感謝」

6.信頼構築を進める、リーダーのあなたへの問い掛け

  1. あなたがまわりの人に「お給料は誰からもらっていますか」と質問した時、どのような反応が返ってくると思いますか?
  2. あなたは何を充実させることで、信頼関係を深めておられますか?
Pocket

関連記事

中小企業の経営者自らに、変化と変革を生み出す原動力となる名言2選!

1.過去の延長線上にある小手先の改善に終始をしない ここ数年、世界的に動向が注目されていたアメリカ

記事を読む

近江商人の三方よし経営に学ぶ、ウィンウィンの企業理念が商売繁盛を生む

1.「金儲け」と「商売」、どちらが商売繁盛を生むかという事例 先日、ある商工会議所の経営指導員の方

記事を読む

一生懸命な人~真剣勝負のレーサーの世界から気づき得た名言~

1.一生懸命を超えた真剣勝負の人、プロのレーシングドライバーからの気づき【事例】 仕事の関係でお付

記事を読む

【40歳後継者に迫る中年の危機】ミドルエイジクライシス(ゴーギャンコンプレックス)の乗り越え方

1.ミドルエイジクライシス(中年の危機)とは?【対照的な二人の先輩の事例】 夏祭りまっさかりである

記事を読む

業績が悪い会社・悪いリーダー5つの甘~い特徴【徳川家康の九十九里をもって半ばとせよの視点で】

1. 徳川家康の教えは、「百里の道を行く時は、九十九里をもって半ばとせよ!」 二十一世紀の幕開けと

記事を読む

「今、時間がない」と感じる時間貧乏から脱出し、集中力発揮するには?

1.今という時間を豊かに過ごす【事例】 当時夏休み中に親子で取り組む課題ということもあり、小学4年

記事を読む

【働き方改革】人に感動を与える仕事は、自らの遊び心やリラックス体験から生まれる

1.人に感動を与える仕事ーーその原点は人の遊び心と感じた事例 4泊6日にわたって、アメリカのラスベ

記事を読む

no image

人と繋がる愉しみは、継続を生み出す!

(機関誌121号2011年1月) 自分に続ける力が自然と身に付くためには? 1.こんな出来事が!

記事を読む

no image

出来なかったことを叱るのではなく、やらないことを叱る!

(機関誌128号2011年9月) あなたにとって効果的だと想う、“褒め叱り”とはどの様なものですか

記事を読む

no image

3つの“込み”――思い込み・抱え込み・しり込みに歯止めを!

(機関誌112号2010年4月) あなたが新戦力とともにさらに成長していくスイッチ(突破口)は何で

記事を読む

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑