自分にとって最大の抵抗感が、最良の変革を生み出す(抵抗感はあっていい)!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌69号2006年9月)
あなたの「こころの参入障壁」は何でしょうか?

1.こんな出来事が!

 ある経営者から、原点を見直す意味でとても意義深いお話をいただいた。それは、「利益は、参入障壁に比例する」という言葉だ。「参入障壁が低い事業だと、すぐに他社の追随を許し競争が激化し、挙句の果てには利益が薄くなる。逆に、参入障壁が高いと、オンリーワンであり、適正な利益を永年にわたって得ることが可能だ」というものであった。

 日々多くの経営者・組織の長とお会いする私にとって、このご指摘は自分自身の体験や出会った事例と照らし合わせても、まさしく言われる通りだと感じ入った。

 そこで、他社との差異化(差別化)を実現し、より大きな利益や成果を手にするために何が必要だろうか? 自社がもつ参入障壁というバリアを自社が乗り越える(あるいは他社に乗り越えさせない)ためには、何が大切かという2点に想いが膨らんだのである。

この経営者のお考えでは、

1.インフラ力(知的所有権等) 2.資金力 3.ブランド力 4.人材力

の4つ、特に中小企業の経営者・リーダーには後ろの2つが大切とするご意見であった。

2.私の想い

 この経営者と別れて、「参入障壁」という言葉が耳に強く残っていた私に、その帰り道である会話が浮かんだ。それはちょうど冒頭の経営者とお会いする前の、別の経営者との出来事であった。「営業畑一筋でこれまできた自分にとって、月次の損益や、資金管理、回収チェック等の経理・財務面でのことが億劫(おっくう)になりがちなのですね。もちろん経営者として、今挙げたようなことはとても大切なのはわかっているのですが・・・。何か抵抗感があって、こころがそちらに向かわない時があるのです」と、この経営者が本音を吐露された場面である。

 その時、丁度車に乗っていたということもあり、私はこのように申し上げた。「車の運転を普通にできる人にとっては、車を通常通り運転することはまったくストレスや抵抗はない。でも、そこから新たに気付くことや、運転ができることの喜び、できないことができるようになったという変革等々は、生まれてこないですね。その人にとって、抵抗感のあるテーマこそが、自分や周りに大きな変革や違いを生み出すのではないでしょうか」と。

 私の頭の中では、「参入障壁が利益を生む」という言葉と、「抵抗感が変革を生む」という言葉が重なった瞬間であった。

3.日々への影響

 今回の出来事を通じて、「抵抗感があればあるほど乗り越えたとき変革度合は大きい」ということを想い起こした私は、その視点から日常の仕事や生活を見渡してみた。

 そこからの新たな気付きと発見は、「3つの“ない”」を言う人やその場面が意外にも多いということだ。それは、「できない」・「やれない」・「わからない」の言葉である。そして根底にはどうせ自分なんか・・・と想っているその人がいるように感じた。

 人は、壁が外に立ちはだかっているのではなく、自分のこころの内側に大きな壁(メンタルブロック、こころの参入障壁)となって抱えてしまっている場合が実に多いように想う。

4.生活・志事(仕事)の中での実践

 人は「これは無理!」と感じた時、自分の持てる全ての能力を捨ててしまっているに等しい。しかし、「これはやれる!」ととらえると、能力以上の壁を乗り越えることができるものだ。困難に見えているもの―これを自分が無意識のうちに困難だと決め付けているのが原因であり、自分でも意外と気付かないで当たり前に体質化してしまっているのが、このメンタルブロックである。だからこそ、気付きにくいし、そこから離れにくいのかもしれない。

 この人生に仕組まれた大きなワナに落ちることなく、「こころの参入障壁」や抵抗を前向きに捉え、自分にとって有意義な人生をおくりたいものだ。冒頭の経営者の教えに感謝し、その主旨をそのままに、語句を変えた言葉で締めくくりたい。

 「変革度合は、抵抗感の大きさに比例する

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「利益は、参入障壁に比例する」
  • 「何か抵抗があって、こころがそちらに向かわない」
  • 「できない」・「やれない」・「わからない」
  • 「「どうせ自分なんか・・・」と想っている」
  • 「自分のこころの内側に大きな壁(メンタルブロック、こころの参入障壁)」
  • 「変革度合は、抵抗感の大きさに比例する」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたは、自分にとっての「こころの参入障壁」は何だと想われますか?
  2. あなたは、どのような事や場面に一番抵抗感が生まれますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

最高の結果を求める人に--品質(出来栄え)は、自らの態度(姿勢)から!

(機関誌73号2007年1月) あなたはどのような態度で、日々仕事や生活にとり組んでいますか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ゴールから逆算して今やることを描くと、集中力と行動力が高まる

(機関誌22号2002年10月) 阻害要因に打ち克ち、描いた夢を確実に実現する人のこころのあり方

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

本は、著者の生き様を感じその教えを実行した時に付加価値が生れる

(機関誌4号2001年4月) 真剣にアウトプットすることが、インプットしたものの理解と実行をより確

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

三方よしに学ぶ周りを生かす生き様・働き様!

(機関誌80号2007年8月) 自分の視点(自社の都合)だけで、ものごとを判断していませんか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

こころの底からの”実感”なくして、徹底した”実行”は生まれない

(機関誌6号2001年6月) しみじみ感じ「得心」したことは、その人の生き様そのものを変える 

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

不足を嘆くより、そのことにも感謝できる自分への転換を!!

(機関誌13号2002年1月) プラス意識とマイナス意識のバランスを心掛け、「こころのねぐせ」を直

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

本気は、根気!

(機関誌67号2006年7月) あなたは、何事もコツコツとやり続けていると胸を張れますか? 1.

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

リーダーは数字や単位を身近なもので表現する工夫を!

 (機関誌94号2008年10月) あなたにとって「リーダーの器」とは何を表すのでしょうか? 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自らに変化・成果・進化を生み出す原動力!

(機関誌102号2009年6月) 周りからの忠告や諫言を活かしていますか? 1. こんな出来事が

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

何かを共に生み出すことで、人間関係の絆はより深まる

(機関誌37号2004年1月) 人が本気になるのは、自分の真剣さ次第 1.こんな出来事が!  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑