愚痴とは何か?その無駄遣いの真の意味を、経営者として意識しているか!

Pocket

1.経営者の奥様に学ぶ愚痴を言わない意識【事例】

先日、経営者の奥様とお話をする機会があった。ご主人を内助の功で支え、ご子息を三代目の後継者として育てあげられた方の考えには大いに刺激を受けた

初対面にも関わらず、これまでのご体験をもとに実に様々なお話をお聴かせいただいた。「最初は風習やしきたりの違いで戸惑う場面もありました。主人からは職場に習って家庭内の整理整頓はもとより、無駄や贅沢は慎むよう求められました。例えば、お味噌汁は必要人数分だけカップで事前に計って作ることを徹底すること等々。かといって、決して窮屈な想いで生きてきた訳ではなく、自分が主人公という意識で常に前向きに生きてきた面があります。嫁いで来た時、事業に必死にとり組む周りの姿を見て、日常生活面は自分でドンドン決め進めていくしかないとある意味悟りました。人がどうのこうのではなく、自分はどうしたいのか!自分がどうするのか!をいつも念頭に置き、行動第一でがむしゃらに生きてきたのです。愚痴を言っても何の解決にもならないことを当初から実感し、それを言わないように努めてきたのがよかったのかもしれません。どうしても弱気になり、心底疲れた時には、できるだけ人前に出ないで森や海辺といった自然に抱かれて気持ちをリフレッシュしてきました。」

この奥様は、九州で旅館のお嬢様としてお生まれになり、ご縁があって関西に嫁いで来られた。その持ち前の明るさと、ご実家で培われた人々を慮(おもんばか)る気持ちや温かさが、家庭や職場に爽やかな風として吹き込まれたに違いない。

40年近くを経た今日、事業は売上300億円規模で堅実経営を実現。家庭では創業者ご夫婦を支え、三世代にわたる温もりのある絆の深い家族を育まれて来られたのである。実にご立派と言うほかない。

2.愚痴とは何か?ー「それが人を遠ざけていること」を、経営者として意識する

短時間であったが多方面にわたるお話をいただき、最初のうちは頭が整理しきれていなかったが、徐々に強調されておられる3つのキーワードがはっきりしてきた。

それは、グチ(愚痴)、ムダ(無駄)、ハデ(派手)だ。この3つの濁音(の言葉)を排除することの大切さを、お話を通じて教えて頂いたということである。

特に、愚痴をため込まれず、感謝をため込む姿勢が印象に残った。つまり、人に感謝することでその人の周りに多くの人がワイワイと集まり、情報がドンドン増え、結局生活や人生が潤っていくという教えだ。事業を支えてくれるお客様、日々一所懸命働く社員の一人ひとり、事業や生活を支える多くの人々がいるから、こうして生きていける。

ともすれば上手くいっていない経営者はどうしてもこの逆であり、愚痴を言うことで周りの人を自分から遠ざけているのだと言う。

3.「愚痴をこぼすことが無駄遣いになっている」は、関西商法の名言にも結び付く

さらに、これら3つの濁音(愚痴・無駄・派手)をため込まないことを胸に抱きながら仕事をする中で、上方(関西)商法の有名な教えが蘇ってきた。それは、井原西鶴が唱えた始末・算用・才覚というものだ。始末は、始めと終わりのつじつまを合わせ、無駄を省く。算用は、算盤(ソロバン)を用い合理的に考える。才覚は、機転を利かし柔軟に挑戦していくというものだ。

今回お話を伺った経営者夫人は、まさしく上方(関西)という風土でご自身を磨かれ成長された。伺った教えの本質となるものが、実は上方(関西)商法の名言と結びついていたのだと気づくものであった。愚痴というものは、職場の人間関係で人を遠ざけ無駄遣いを発生するもの。ひいては、仕事や事業の無駄遣いにつながっていることが、際立って見えてきた瞬間であった。

4.愚痴や無駄を仕事や職場でためず、お金や幸せ、何より感謝をためる経営者に

これまで頭では知っていた上方(関西)商法。しかし、自分にはまだまだ実感が伴っていなかった面があった。しかし今回の教えを深く考えることを通じて、それが見えてきた。

そして、難しく感じていた「始末・算用・才覚」が、日常の実践テーマとして「グチ(愚痴)、ムダ(無駄)、ハデ(派手)をため込まない」という具合に、日頃の仕事や職場で身近なものになったのである。

経営者として、お金や社員の幸せをためようためようとして、逆に焦るばかりで、ためてはいけないもの(例えば、愚痴・無駄・無理・不平・不満)をため込んでいるのかもしれない。そして、本来ためなければならなかったもの--例えば『感謝』をため込む気持ちをすっかり失ってしまってはいないだろうか。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.愚痴を言わない人でいる、経営者のあなたへの言葉

  • 「グチ(愚痴)、ムダ(無駄)、ハデ(派手)--3つの濁音(の言葉)を排除」
  • 「感謝をため込む姿勢」
  • 「上方(関西)商法--始末・算用・才覚」
  • 「仕事や職場で、ためてはいけないものをため込んでいるのでは、と振り返る」

6.愚痴をこぼす無駄に気づく、経営者のあなたへの問い掛け

  1. あなたは、得たいものがたまる人とたまらない人で、ため込んでいるものの違いは何だと想われますか?
  2. あなたはグチ(愚痴)、ムダ(無駄)、ハデ(派手)をいかに排除しておられますか?

(2019年3月26日リライト)

Pocket

関連記事

仕事での信頼関係の築き方 ~お客様とのご縁を深める、当たり前の徹底~

1.お客様との信頼関係の築き方【営業マンの事例】 ある会社の若手営業マン研修会での出来事だ。グルー

記事を読む

初任給の使い道は、両親にプレゼント、それとも手紙?【経営者のお金に関する考え方と一言】

1.初任給で両親にプレゼントをしようと思うも大失敗 春4月、各社に伺うと、新入社員の初々しい姿を目

記事を読む

人は生かされているという名言の意味を実感し、感謝する心が経営者を大きく育む

1.人は生かされているという名言に結び付く、ある場所での体験 先日、生まれて初めて自衛隊の敷地に入

記事を読む

あなたは”人生”という大舞台で、主役を演じきっておられますか?

1.企業という文字を分解すると、「人を止める業(わざ)」になる 社会人であれば通常、人生の3分の1

記事を読む

no image

あきらめない心が、あくことのない探求心と自己革新を生む!

(機関誌58号2005年10月) 自分が自分にする言い訳は何でしょうか? 1.こんな出来事が! 

記事を読む

no image

われわれに時間はある、ないのはほとばしる情熱と工夫!

(機関誌60号2005年12月) 年齢を言い訳にしていませんか? 1.こんな出来事が!  浮世

記事を読む

人間として人の役に立てることこそが、最高の喜び!

被災をされた皆様や、そのご家族・ご親戚、仕事でお取り組みのある方々に、心からお悔やみを申し上げると共

記事を読む

上司が気を付けたい部下を育てるポイント

1.上司が心がけたい部下育成の軸 先日、ある講演会で熱心に耳を傾けておられた経営者から、次のような

記事を読む

豊かさとは何か?~リーダーと共に気付き考える~

1. 名言「百里の道も一足から」を体験した事例 これまで毎月書き進めてきた弊社の機関誌が、第100

記事を読む

リーダーにとって、ストレスとは?―それは自分を成長させるチャンスだ!

1.ストレスとは?-過去にこだわるのではなく、未来にこそもっと目を向ける 「ストレスというのは、い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑