誠実な態度が、仕事で関係を育む【信頼を失う事例】

Pocket

1.「仕事の専門性よりリーダーの人間性」を実感した事例

先日、事務所で使っているある機械が故障。スタッフが修理を依頼した。私は外出中であったが、ちょうど戻ってきた時に、サービスカーが事務所の前に停まっていた。「修理にきていただいているのだなぁ」と、スタッフから聞いていた故障のことを思い出した。

その車に近づくにつれ、「ちょっと、おかしいな」と色々な思いが次々と湧き上がってきた。「車の停め方が他の方に迷惑になっている」「洗車はしているのだろうか?(あまりにも汚い車なので)」、「車内が乱雑で、工具や部品が無秩序に置いてあり見苦しい。安全・効率面からみてこれでいいのだろうか」等々。

そしてここまでならまだしも、感情の高ぶりがどうしても抑えられないことがあった。それは事務所に入って、スリッパに履き替えようとした瞬間にリーダーとして目にしたその光景だ。スタッフの靴ではない来客のものと思われる靴が、それこそ乱雑に脱ぎ捨てられていた

2.リーダーである前に、一人の人間として大切な誠実な態度

今回の出来事を通じて、私はリーダーとしての基本的なことがいかに大切かということを今更ながらに感じとり、振り返ることができた様に思う。

修理にきた担当者は、技術的に何かが不足していたり、ミスを犯したわけではない。 むしろ、自分たちで直すことのできない技術や専門力をもっていたのは確かなことだ。

しかし、今後何か修理が必要な時、この担当者に来てもらいたいとは決して思わないし、何よりもその会社から商品や・サービスを継続購入する気持ちが薄らいだのは事実だ。

そして、この判断基準となったのは、一見些細とも見える誠実な態度そのものにあったのである

3.信頼を得るには、リーダー自らがこころを揃える

リーダーとして基本が大切だとする思いが巡るこの瞬間、ある経営者に教えていただいた「人の言うことは信じないけれど、やる(実践する)ことは信頼する!」という言葉が鮮明に蘇ってきた。

今回の場合も、サービスマンの言葉や修理内容に不満があったわけではない。しかし、人間としての基本的な態度・行動に大きな引っかかりを感じたわけである。

特に、靴をそろえるという行為は、特別の能力がいるわけでもない。時間にしてものの1秒もあればできる。しかし、それは意識そのものであり躾がともなわないと実践はできない。頭で判っていて理解していてもやり続け体得していないと、いつでもどこでも自然に実践できるものではない。

靴をそろえるという行為は、「他人に迷惑になっていないだろうか」という周りへの配慮や優しさ、「靴をそろえるのは、リーダーとしての自分のこころそのものをそろえることだ (靴をはじめ整理整頓ができず乱雑ということは、こころ自体が乱れている)」という人間としての気付きがあってこそ初めて徹底できるものなのだ。

「一事が万事」で当たり前のことができないリーダーは、周りからの信頼をかち取ることは難しいと考えるのは決して私だけではないと思う。

4.誠実なリーダーとは?ーー言ったことを成し遂げて実らせる

この事例を通じて、会社対会社だけでなく人と人との関係においても、末永くお付き合いしていくためには、何より人間性が重要であると強く感じたものである。

人は相手のリーダーに何らかの魅力を感じてその関係が深まっていく。そのリーダーの魅力には様々なものがある。一緒に居ることで明るくなる、自分にはない情報をもっている、頭がよく、価値判断力が優れている、教えていただくことが多い、人脈が豊富等々。ただ、一時的に触れ合えたとしても、それだけでは決して継続的なお付き合いにはつながらない。

人として誠実だ!」という、そのリーダーへの深い信頼がなければ、いつか必ずこころが離れていく。

技術や知識といったものに代表される「専門性」は、時代と共に必ず古くなり色あせる。が、「誠実」さのような人間としての本質や人間としてのあり方、つまり、深い「人間性」というものは、いくら時代が変わろうとも、人間が人間である限り普遍のものである。一度身に付けてしまい、日々当たり前のこととして無意識に習慣的に実践すれば、それは必ずその人の一生の宝になる。

「誠実」という漢字を分解すると、言ったことを成し遂げて実らせることと書く。 私自身今回の出来事を反面教師とし、単に言葉や情報・知識だけではなく、言行一致で実践している姿や実らせた成果で、人と人の信頼を築く事の大切さをこころに強く刻みつけたのである。 あなたご自身は何を感じられ、どのように進めておられますか?

5.誠実な態度をとる、リーダーのあなたへの言葉

  • 「人の言うことは信じないけれど、やることは信頼する」
  • 「意識であり躾がないと実践できない」
  • 「靴をそろえるのはリーダーのこころそのものをそろえることだ」
  • 「人間性という人としてのあり方は、人間が人間である限り普遍のものである」
  • 「誠実とは、言ったことを成し遂げて実らせること」

6.信頼を育むリーダーのあなたへの問い掛け

    1. あなたは人から信頼を得るために、どのよう な点を重視し実践されておられますか?
    2. あなたは深い人間性を育む上で、誠実さをは じめとして何が大切だと思われますか?

 

 

(2019年3月9日リライト)

Pocket

関連記事

no image

時間効率を他に求める前に、リーダー自らが方向性を明確に!

(機関誌57号2005年9月) リーダーとして、周囲の人の時間を奪っていないだろうか? 1.こん

記事を読む

存在感がないと言われるリーダーが、影響力を与え発揮するリーダーに!【事例】 

1.存在感を発揮するようになったリーダーの事例 オリンピックで快挙を成し遂げたある選手の講演会に、

記事を読む

リーダー自らが自己開示で心身の健康管理

1.人間ドックでのできごと【事例】 先日、前々から予約していた人間ドックに行ってきた。前回より1年

記事を読む

no image

基本をあたまに、習慣をこころに!

(機関誌42号2004年6月) 怖いのは、我流と非継続 1.こんな出来事が!  先日、大切にし

記事を読む

no image

仕事は“人望”の総決算!

(機関誌108号2009年12月) “あるがまま”でお客様や部下と向き合っているだろうか? 1.

記事を読む

愚痴とは何か?その無駄遣いの真の意味を、経営者として意識しているか!

1.経営者の奥様に学ぶ愚痴を言わない意識【事例】 先日、経営者の奥様とお話をする機会があった。ご主

記事を読む

「人生はすべて自分次第」の名言は、経営者にこそ重みを増し人生を180度変える!

1.矢印を内に向ける人、外に向ける人 先日、ある経営者にこれまでの人生で大きな転機となられた瞬間の

記事を読む

業績が悪い会社・悪いリーダー5つの甘~い特徴【徳川家康の九十九里をもって半ばとせよの視点で】

1. 徳川家康の教えは、「百里の道を行く時は、九十九里をもって半ばとせよ!」 二十一世紀の幕開けと

記事を読む

no image

自分が自分に言い訳する時、歯止めを掛ける3つの“る”!

(機関誌140号2012年9月) 「忙しい」「難しい」「できない」・・・あなたの身近で聞く言葉は?

記事を読む

no image

自分の身体と地球を輝かせるための車輪を廻そう!

(機関誌125号2011年6月) あなたは“痛”勤時間を、何に活かしておられますか? 1. こ

記事を読む

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑