誠実な態度が、仕事で関係を育む【信頼を失う事例】

Pocket

1.「仕事の専門性よりリーダーの人間性」を実感した事例

先日、事務所で使っているある機械が故障。スタッフが修理を依頼した。私は外出中であったが、ちょうど戻ってきた時に、サービスカーが事務所の前に停まっていた。「修理にきていただいているのだなぁ」と、スタッフから聞いていた故障のことを思い出した。

その車に近づくにつれ、「ちょっと、おかしいな」と色々な思いが次々と湧き上がってきた。「車の停め方が他の方に迷惑になっている」「洗車はしているのだろうか?(あまりにも汚い車なので)」、「車内が乱雑で、工具や部品が無秩序に置いてあり見苦しい。安全・効率面からみてこれでいいのだろうか」等々。

そしてここまでならまだしも、感情の高ぶりがどうしても抑えられないことがあった。それは事務所に入って、スリッパに履き替えようとした瞬間にリーダーとして目にしたその光景だ。スタッフの靴ではない来客のものと思われる靴が、それこそ乱雑に脱ぎ捨てられていた

2.リーダーである前に、一人の人間として大切な誠実な態度

今回の出来事を通じて、私はリーダーとしての基本的なことがいかに大切かということを今更ながらに感じとり、振り返ることができた様に思う。

修理にきた担当者は、技術的に何かが不足していたり、ミスを犯したわけではない。 むしろ、自分たちで直すことのできない技術や専門力をもっていたのは確かなことだ。

しかし、今後何か修理が必要な時、この担当者に来てもらいたいとは決して思わないし、何よりもその会社から商品や・サービスを継続購入する気持ちが薄らいだのは事実だ。

そして、この判断基準となったのは、一見些細とも見える誠実な態度そのものにあったのである

3.信頼を得るには、リーダー自らがこころを揃える

リーダーとして基本が大切だとする思いが巡るこの瞬間、ある経営者に教えていただいた「人の言うことは信じないけれど、やる(実践する)ことは信頼する!」という言葉が鮮明に蘇ってきた。

今回の場合も、サービスマンの言葉や修理内容に不満があったわけではない。しかし、人間としての基本的な態度・行動に大きな引っかかりを感じたわけである。

特に、靴をそろえるという行為は、特別の能力がいるわけでもない。時間にしてものの1秒もあればできる。しかし、それは意識そのものであり躾がともなわないと実践はできない。頭で判っていて理解していてもやり続け体得していないと、いつでもどこでも自然に実践できるものではない。

靴をそろえるという行為は、「他人に迷惑になっていないだろうか」という周りへの配慮や優しさ、「靴をそろえるのは、リーダーとしての自分のこころそのものをそろえることだ (靴をはじめ整理整頓ができず乱雑ということは、こころ自体が乱れている)」という人間としての気付きがあってこそ初めて徹底できるものなのだ。

「一事が万事」で当たり前のことができないリーダーは、周りからの信頼をかち取ることは難しいと考えるのは決して私だけではないと思う。

4.誠実なリーダーとは?ーー言ったことを成し遂げて実らせる

この事例を通じて、会社対会社だけでなく人と人との関係においても、末永くお付き合いしていくためには、何より人間性が重要であると強く感じたものである。

人は相手のリーダーに何らかの魅力を感じてその関係が深まっていく。そのリーダーの魅力には様々なものがある。一緒に居ることで明るくなる、自分にはない情報をもっている、頭がよく、価値判断力が優れている、教えていただくことが多い、人脈が豊富等々。ただ、一時的に触れ合えたとしても、それだけでは決して継続的なお付き合いにはつながらない。

人として誠実だ!」という、そのリーダーへの深い信頼がなければ、いつか必ずこころが離れていく。

技術や知識といったものに代表される「専門性」は、時代と共に必ず古くなり色あせる。が、「誠実」さのような人間としての本質や人間としてのあり方、つまり、深い「人間性」というものは、いくら時代が変わろうとも、人間が人間である限り普遍のものである。一度身に付けてしまい、日々当たり前のこととして無意識に習慣的に実践すれば、それは必ずその人の一生の宝になる。

「誠実」という漢字を分解すると、言ったことを成し遂げて実らせることと書く。 私自身今回の出来事を反面教師とし、単に言葉や情報・知識だけではなく、言行一致で実践している姿や実らせた成果で、人と人の信頼を築く事の大切さをこころに強く刻みつけたのである。 あなたご自身は何を感じられ、どのように進めておられますか?

5.誠実な態度をとる、リーダーのあなたへの言葉

  • 「人の言うことは信じないけれど、やることは信頼する」
  • 「意識であり躾がないと実践できない」
  • 「靴をそろえるのはリーダーのこころそのものをそろえることだ」
  • 「人間性という人としてのあり方は、人間が人間である限り普遍のものである」
  • 「誠実とは、言ったことを成し遂げて実らせること」

6.信頼を育むリーダーのあなたへの問い掛け

    1. あなたは人から信頼を得るために、どのよう な点を重視し実践されておられますか?
    2. あなたは深い人間性を育む上で、誠実さをは じめとして何が大切だと思われますか?

 

 

(2019年3月9日リライト)

Pocket

関連記事

赤字会社の経営者は、黒字社員を増やすだけでなく、ココにも注目!

1.赤字は罪悪でなく、変えないことが罪悪 先日、ある会社の社長と「赤字」のことで大変掘り下げたお話

記事を読む

上司の厳しい愛情が、部下の成長を生む【プロジェクトX山口良治監督の名言に学ぶ】

1.プロジェクトXの山口良治監督の名言に学ぶ ある会社の経営方針発表会の場で、スクリーンに大写しに

記事を読む

no image

人は裁かれるとやる氣を失い、批評されると言葉を失う!

(機関誌79号2007年7月) あなたは部下に優しい人、厳しい人、それともどの様な人? 1.こん

記事を読む

no image

現状打開の斬新なアイデア――それは視点を変えることから生まれる!

(機関誌62号2006年2月) あなたはリーダーとして行き詰った時、どのようなことに取り組みますか

記事を読む

表情管理したくなる言葉「顔は変えられないけれど、表情は変えられる!」【女性リーダーの名言】

1.女性リーダーからの「たまのエステより、日々のお手入れ」の言葉 先日、ある女性リーダーの方と情報

記事を読む

no image

自立型社員が育つ土壌づくりが、企業体力アップの決め手!

(機関誌51号2005年3月) あなたの会社にはどのタイプが多いですか? 1. こんな出来事が!

記事を読む

ビジネスの数字感覚を養うには、数値を習うより日常生活で数値に慣れよ!

1.自分の数字感覚を知るには、まず日常が感覚的か数字的か 挨拶一つをとってみても気付くことがある。

記事を読む

no image

三方よしに学ぶ周りを生かす生き様・働き様!

(機関誌80号2007年8月) 自分の視点(自社の都合)だけで、ものごとを判断していませんか?

記事を読む

リーダーにとって、ストレスとは?―それは自分を成長させるチャンスだ!

1.ストレスとは?-過去にこだわるのではなく、未来にこそもっと目を向ける 「ストレスというのは、い

記事を読む

no image

お金や報酬との関わり方を、今一歩広い視野で捉えよう!

(機関誌126号2011年7月) “給料を○○○”、─あなたは○○○にどのような言葉を続けますか?

記事を読む

経営者の健康管理、その意識と行動が豊かな事業繁栄の礎になる!

1.経営者が心の引っ掛かりが取れた、傾聴の事例 ここ数年、こころに引

リーダーが現場で、数字を活用し伝えるチョットしたコツ!

 1.認識を深め、理解を促進するには、身近な数字 先日、スタッフの一

中小企業の経営者自らに、変化と変革を生み出す原動力となる名言2選!

1.過去の延長線上にある小手先の改善に終始をしない ここ数年、世界的

うまくやろうとするな!ーー後継者が人前で話す時のこの工夫が、社員の心が揺さぶられる言葉に結び付く

1.後継者が社員や多くの人前で話す時のコツ 後継者の方ばかり10名程

プレッシャーをはねのける? 責任感が強いあなたに重圧がかかった時、それでは弱いかも

1.「重圧がかかる選手であることを誇りに想う」と捉えられるイチロー選手

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑