感動だけで終わらせず、自らの言動(言葉と行い)に違いを!

公開日: : 最終更新日:2013/11/28 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌139号2012年8月)
あなたは4年後のリオオリンピックに向け、どの様なイメージや感情を目標設定しますか?

1.こんな出来事が!

4年ごと、我々に感動をもたらせてくれるオリンピック。今回のロンドン大会では史上最多のメダル獲得数38個という新記録を残した日本人選手達。

悔いはない」と三連覇は逃したが、はっきりとした口調で応えた北島選手。競泳最終日、「康介さん(北島選手)を手ぶらで帰らせるわけにはいかないぞ」と誓い合い臨んだリレー三選手。共に泳いだ400メートルメドレーリレーでは見事に銀メダルを獲得。今回の競泳陣の強さは、結束力(チーム力)が個人競技の本番でのパフォーマンス向上の柱になっていたのは間違いがない。背泳ぎで銀と銅のメダルを獲得した入江選手の言葉にそれは集約されている。「(個人種目なので競技は一人ひとりで終わるのかもしれない。が、競泳日本代表)27人全員でリレーをつないでいると思った」というスタンスであり意識だ。

2.私の想い

冒頭のメダル数もさることながら、史上初と冠されるものも数多くあった。女子サッカーなでしこジャパンはオリンピック初の銀メダル。新キャプテン宮間選手の「(全員で勝ち取ったことに)金以上の価値がある(銀)」という言葉が重い。父娘で初のメダリストとなったウエイトリフティングの三宅選手。お父さんが語った「娘に生きがいを与えられた」という言葉もこころにしみる。その他、アーチェリー、フェンシング、卓球等々。

そして、何年振りという言葉もよく耳にした。44年振りの男子サッカーベスト4。28年振りでメダルを獲得した女子バレー──「補欠枠で出場できなかった石田選手の想いも一緒に」とメダルを掛けて戦った韓国戦での迫田選手の気迫は目に焼きついている。24年振りの金メダルとなった男子レスリングの米満選手は最終日の獲得で、今大会の締めくくりに華を添えた。選手層が最も厚く日本人には向いていないといわれたボクシング重量級(彼は182cm・77kgでミドル級に出場)も村田選手が金メダルを48年振りに獲得。奥様やお子さん、恩師(髪を金髪にしていた中学1年に競技を始める切っ掛けをつくった担任の先生、そして2年前他界された高校時代のボクシング部監督ら)への想いやエピソードが共感と感動を生んだ。

3.日々への影響

様々なプレッシャーを超えて結果を生み出す、という点ではオリンピック選手と共通する立場である企業の経営者や組織の一人ひとりのリーダー。今回のオリンピックでは、何を感じ、何を深められただろうか? 

私が今回のロンドン大会を通じて改めて感じたのは、“三つのK”「結束力(チーム力)・感謝・絆」である。これまでご紹介した選手たちの言葉(言動)の中にもこのことが数多く含まれていると意を強くした。そして、人は最終的には、自分ひとりだけのためには頑張りきれない。周りの人のために底力を発揮する。──このことをしみじみと実感し、それをやってのけた選手達に深く感動した大会であった。

4.生活・志(仕)事の中での実践

スポーツの世界でもビジネスの世界で基本となるPDCAサイクル(plan-do-check-action)は同じかもしれない。その様な中、今回スポーツの世界に明確に存在していて、我々ビジネス界では大きなのびしろとなるのではないかと想うものもより鮮明に感じた。それは、イメージや感情・感性の力である。科学的なメンタルトレーニングを積んだ選手は、本番にもしなやかな強さを遺憾なく発揮し、本来の力、いやそれ以上のものを表現できていた様に感じるのだ。

ビジネス界でもロジックや理詰めに考えることも大事であることは間違いがない。しかしそのことで、こころの底からそうなりたいという感情や感性とのギャップが生まれ、理や利だけとなり、情や心が置き去りにされていないだろうか

今回得た感動や学びを短期的なものに終わらせないために、自分自身の言動(言葉と行い)の習慣に違いを生み出したい。そのために先ずは、4年後に自分が本当になっていたいイメージをありありと思い浮かべ、寝ても冷めてもふつふつとその感情が湧き上がってくるような目標の設定から始めることが大切だ。

4年に1度のオリンピックを、一流選手のスポーツの祭典だけにせず、あらゆる人のイメージや感情をベースにした4年ごとの目標設定・達成イベントに位置づけることができれば素敵ではないだろうか。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「“三つのK”「結束力(チーム力)・感謝・絆」
  • 「自分ひとりだけのためには頑張りきれない。周りの人のために底力を発揮する」
  • 「ビジネス界では大きなのびしろとなるのではないかと想うものーイメージや感情・感性の力」
  • 「オリンピックは感動や感情をベースにした4年ごとの目標設定・達成イベント」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. あなたは4年後のリオオリンピックに向け、どの様なイメージや感情を目標設定しますか?
  2.  あなたは、理や利だけで、情や心が置き去りにされていると感じる時はありますか?  

Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

“自分が主治医”で、医者いらず!

(機関誌44号2004年8月) 健康面での、自己管理・自己開示(ディスクロージャー)は万全ですか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ギリギリ症状に歯止めを掛ける、考え方(価値観)と言葉!

(機関誌92号2008年8月) あなたは時間に追われていますか、時間を追いかけていますか? 1.

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

見落としがちな小さい事にスピード対応する決め手!

(機関誌90号2008年6月) あなたの近くに゛引っ込みじあん・放ったらかし・引き伸ばし゛はありま

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

知らず知らず増えていくもの――ムダ(無駄)・ハデ(派手)・グチ(愚痴)!

(機関誌88号2008年4月) 得たいものがたまる人・たまらない人、ため込んでいるものの違いは?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

「一生懸命を力に! 力を成果に! 成果を豊かさに!」

(機関誌100号2009年4月) “五つの豊かさ(ファイブリッチ)”を育むには、何が大切だと感じて

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

リーダーの“健康習慣”への取り組みが、職場の集中力・判断力・行動力を高める!

(機関誌64号2006年4月) あなたの「健康序列」は、社内で何番目でしょうか? 1.こんな出来

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

不足を嘆くより、そのことにも感謝できる自分への転換を!!

(機関誌13号2002年1月) プラス意識とマイナス意識のバランスを心掛け、「こころのねぐせ」を直

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間に関するストレスは、先読みすることで大きく軽減される!

(機関誌105号2009年9月) あなたは時間に追いかけられる人?時間を追いかける人?  1.

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自分の言葉でこころから語った時、聞き手のこころは揺さぶられる

(機関誌14号2002年2月) 自分「らしさ」があってこそはじめて、得た知識や情報が個性的に花咲く

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

まとまった1時間が取れなくとも、小刻みな15分であれば4回取れる!

(機関誌132号2012年1月) あなたにとって、身近な時間の単位は何でしょうか? 1.こんな出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

関東食糧経営理念
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなり

関東食糧株式会社 社長 臼田真一朗様
仕事に情熱を傾け、真剣に取り組む上で一番大切なことは? ― 仕事と人生は表裏一体 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 2)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事に情熱を傾け、真剣に取

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に

no image
2015年の御礼と、2016年のご挨拶

2015年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑