ガンバリズム(頑張る発想)から、一度思い切って離れてみては?

公開日: : 最終更新日:2013/11/14 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌34号2003年10月)
しなやかに(ワクワク・ニコニコ・スイスイ)生きることが、真のパワーと成果を生み出す!

1.こんな出来事が!

 先日ある会社の経営方針発表会で、全社員の方々にお話しをさせていただく機会を頂戴した。飾らずに我々の事務所で取り組んでいることを生きた事例としてありのままにご紹介した。その中で、「『頑張る』という言葉は極力使わない様にしているのですよ」ということを取り上げた。

 皆さんの最初の反応は、「はぁ~?」「えっ!」という声。加えて、何とも言えない驚きの表情であった。が、その後に話した「それをなぜ推進しているか」という説明で、「なるほど、なるほど」と理解を示していただいた。さらに、発表会後の懇親会の席上では、賛同をしてくれる方々との深い意見交換をもつこともできた。

 ある女性は「うつ病をはじめとする精神的にまいっている人に対して、一番言ってはいけない言葉は何か知っている?」と、周りの人に質問をぶつけておられた。「それが、今日発表会でも出ていた『頑張って!』という言葉なのよ」と、これまでの経験を元にその意味を力説をされていた。「『自分としては精一杯頑張っているのに、まだあなたは頑張れと言うの?』という感情がわいて、追い詰められてしまうから避けた方がいいのよ」と彼女。

 「頑張る」ことを良しとする風潮がある日本であるだけに、その逆の「頑張らない」ことを試みることは最初は確かに勇気とエネルギーがいることかもしれない。が、その想いに理解を示され、少なからず実行している方も増えつつあることを実感した瞬間であった。

2.私の想い

 実はかくいう私が30代の時に大病をして退院する日、自分に誓ったことの一つがこの「頑張らない」という言葉であった。そして、どうしても頑張ってしまうクソ真面目な面が残る自分をあらかじめ想定し、どうせ頑張ってしまうのであれば、ここはひとつ「頑張らないことを頑張ってみよう」という風に決めたのである。松の力強さより、柳のしなやかな強さを大切に生きて行こうと決意した当時のことを昨日のことのように思い出す。

 誰しも20代、30代の前半までは体力もある。無理がある意味できく世代なのかもしれない。が、「無理は決して続かない」。そのことを大病を通じて悟った貴重な体験であった。

 そのことが、頑張るという言葉を意識して使わないという原点になっているのは間違いがないところである。

3.日々への影響

 それ以降、頑張るという言葉に関しては人一倍関心をもつようになった。そして、いくつかの貴重な発見もあった。

 頑張るの語源は、「我を張る」から来ていること。そこから転じて「努力を続ける」という意味になった点。だから何か肩をいからせイヤイヤ無理をしてやるイメージが拭えなかったことが、自分なりにストンと理解ができたものだ。自分が遊びに行く時や楽しいことをする時に、人は頑張るという言葉は決して使わない。

 また、「頑」のつく字を辞書で調べたこともあった。頑固・頑強・頑丈等々、固さをイメージさせる漢字が多いということだ。

 さらに、「頑張る」という言葉を、英語や中国語と対比させてみた。英語では、Do your best!(自分の最高で)別れ際の「じゃ~頑張ってね」と日本語では使う時には、Take it easy!(気楽にね)もしくは、Enjoy yourself!(楽しんでやってね)。中国語では、油をさらに付け加えるという意味で、「加油(ジャーヨウ)」である。

 このように外国の頑張るは、決して無理をするとか、固さを感じるもの、ましてや悲壮感のただようものはまったくないことに気付く。むしろその逆で、明るさや楽しさがイメージでき、自分のこころ次第というニュアンスが強い。

4.生活・志事(仕事)の中での実践

 頑張らないということを掲げて、永い年月が経ったが、いま私が志事(仕事)や生活で取り組んでいるのは、「張り切る」ということだ。好きだからやる、自分の力だけでやる(一人相撲)ではなく周りの力をかりてやる、明るく楽しくやる、無理をしないで最高の自分を発揮してやる、といった自分の現時点の感覚に最もあった日本語なのである。

 ガンバリズム(頑張ることが成果を生み出すという発想)から走りに走り続けてきたことで、ピーンと張り詰めた緊張の糸を、いい意味で無理をしないで取り組む(言わば、張りを切る)勇気こそが大切だと想う。

 そして、自分が一番輝く生き方で「ワクワク・ニコニコ・スイスイ」を合言葉に、生き様をしなやかに再設計してはいかがだろうか。人間誰しも、気取らず自然体で肩の力を抜いて生きている時が一番パワーも発揮される。そして、ごくごく自然に継続ができるので成果が生まれるのは間違いのないことだから。

 あなたご自身は何を感じられ、どのようなあなたとして何を進められますか?

5.毎日の言葉

  • 「頑張らないことを頑張ってみよう」
  • 「柳のしなやかな強さ」
  • 「無理は決して続かない」
  • 「張り切る」
  • 「無理をしないで取り組む(言わば、張りを切る)」
  • 「ワクワク・ニコニコ・スイスイ」
  • 「気取らず自然体で肩の力を抜いて生きる」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたのパワーが最高に発揮される時、振り返るとそれはどのような精神状態ですか?
  2. あなたはどのようにして、しなやかさを高めておられますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

自分のこころを支えるもの─それは重みのある一つの言葉

(機関誌45号2004年9月) あの時にあの人から言われた一言、その実行が人生に力強さを生む 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

“し(知)っている”を、“している”へ!

(機関誌118号2010年10月) あなたは最近、こころが軽(かろ)やかですか?重く感じられますか

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自らに変化・成果・進化を生み出す原動力!

(機関誌102号2009年6月) 周りからの忠告や諫言を活かしていますか? 1. こんな出来事が

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

夢を夢で終わらせないために、四六時中、夢を見続け・言い続け・やり続けよう!

(機関誌68号2006年8月) 日本語の「夢」と、英語の「dream(ドリーム)」 ――あなたが感

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間の不足を嘆(なげ)かず、(見落としがちだが)確かに有る時間に感謝!

(機関誌71号2006年11月) あなたは、「もう」と「まだ」─―どちらを口にすることが多いでしょ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

こころの底からの”実感”なくして、徹底した”実行”は生まれない

(機関誌6号2001年6月) しみじみ感じ「得心」したことは、その人の生き様そのものを変える 

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

先手で新手に挑む姿勢が、継続的発展を生む!

(機関誌103号2009年7月) あなたはリーダーとして自らに変革を迫っていますか?  1.こん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

「一生懸命を力に! 力を成果に! 成果を豊かさに!」

(機関誌100号2009年4月) “五つの豊かさ(ファイブリッチ)”を育むには、何が大切だと感じて

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

リーダーの“健康習慣”への取り組みが、職場の集中力・判断力・行動力を高める!

(機関誌64号2006年4月) あなたの「健康序列」は、社内で何番目でしょうか? 1.こんな出来

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人間関係の基本は、原点である“自分に矢印を当てる”ことの徹底から!

(機関誌138号2012年7月) あなたはゆとり教育世代の若者といかに関わっていますか? 1.こ

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その5「弱点・欠点」後半

 上司から部下の欠点や短所はよく見えるもの。だからと言って、そのまま直

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その5「弱点・欠点」前半

 リーダシップとは? 目的・目標実現のための対人影響力! だとすれば、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部

→もっと見る

PAGE TOP ↑