“第二の心臓”と呼ばれるふくらはぎで、健康力を引き上げる!

公開日: : 最終更新日:2013/11/28 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌142号2012年11月)
あなたが今年、年初に掲げた健康管理の目標はどのようになりましたか? 

1.こんな出来事が!

今年も後、一ヶ月を残すばかりになった。我々は年初に立てた目標を予定通り達成することが出来ただろうか。
組織のリーダーあるいは家族の大黒柱として、大前提ともいえる健康管理の目標を年の初めの誓いに掲げた人も多かった様に想う。禁煙はもちろんのこと、お酒を控えめにする、ダイエット、歯の治療、腰痛・肩こり改善等々。
この様な中で私自身も今年一年、“走る”という習慣や、マイナス10kgという減量が進んだことは、(進展が無かった目標が他にある中)嬉しい限りだ。

また年間を通じたこれらの取り組み過程で、最近テレビや雑誌等でも取り上げられることが増えたあるものの存在や意義を強く感じた一年でもあった。あるもの──それは、ふくらはぎである。従来行っていた自転車でのトレーニングよりも、ランニングや階段・登山道の駆け上がり、といったトレーニングの中で、ふくらはぎを意識したり、実際筋肉痛になったりすることが格段に増えたのだ。

2.私の想い

身体全体の活性化や減量を行う際には、お腹等の上半身につい目がいきがちだが、下半身のトレーニングが効果的であるという。ただ、下半身の中でも太もも(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋)の筋肉に比べると、小さなふくらはぎの存在をこれまで軽視していた自分があったのだ。

何があるから、そこまでふくらはぎが大事なのか?──それは、“ふくらはぎは第二の心臓”という言葉で象徴されるように血流を促進するポンプ機能を担っているからに他ならない。
人間は重力の関係で血液の約70%が下半身にある。心臓から送られた血液は動脈を通じて、身体の隅々にまで送られる仕組みだ。そこでこの血液、特に下半身に送られた血液を重力に逆らい、心臓に引き上げる重要な役割を果たしているのがふくらはぎなのである。このふくらはぎの筋肉が歩行やランニング等で収縮と弛緩を繰り返す中、逆流防止の弁をもつ静脈を通じて老廃物を伴った血液をスタート地点に送り届けているという。つまり、全身の血の巡りや代謝を促進するために、ふくらはぎの筋肉をマッサージしたりして整えることも、とても理にかなっているといえるのだ。

3.日々への影響

このふくらはぎという存在への探求を進める中で、“身体の活性化”と“組織の活性化”には共通点が多いものだ、という想いが今回深まった。
組織の活性化において、トップである経営者や組織のリーダーが要となることは間違いがない。リーダーが色々なことを、身体で言うところの第一の心臓として“推し進めることは大切である。方針を打ち出す、計画を立案する、価値判断をする等々。

しかし、第一の心臓だけで上手くはいかない。それを補佐する右腕の存在やサポート力・成長スピードで、組織の活性化や高まり具合の差が大きく広がるのだ。右腕が第二の心臓であるふくらはぎよろしく現場情報を“引っ張り上げる”ことが同じく重要である。トップに実状実態を伝える、意見具申をする、現場や顧客の反応をフィードバックする等々。

4.生活・志(仕)事の中での実践

今年一年、ふくらはぎの存在を意識する中で、健康を推し進める力(動脈的な機能)だけでなく、健康を引き上げる力(静脈的な機能)の大切さを身近にできたことは大きい。二次的な効果として、組織の活性化をも学ぶことができた。

高度経済成長時代には、ものをいかに消費者に届けるかという動脈物流が着目されていた。しかし、今は循環型社会であり持続可能(サステナブル)な社会というキーワードの時代である。そこからは、いかに廃棄物を出さないか、モノをいかに資源として回収するか、そしてどう巡らせるかという環境に配慮した静脈物流の視点がクローズアップされていることは間違いがない。

我々の身体も、健康を引き上げる機能を担うふくらはぎの力はもちろん、休息やリラックス、弛緩といったものを上手く取り入れ、より高めるかということを次の年の目標に組み込みたいものだ(ふくらはぎをより機能アップさせるため、ウォーキング、着圧タイツ着用、ふくらはぎのリンパマッサージ実施等々)。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「ふくらはぎは第二の心臓」
  • 「血流を促進するポンプ機能を担う」
  • 「右腕が第二の心臓であるふくらはぎよろしく現場情報を“引っ張り上げる”」
  • 「健康を推し進める力(動脈的な機能)だけでなく、健康を引き上げる力(静脈的な機能)の大切さ」

6.自分を見つめる問いかけ

  1.  あなたが今年、年初に掲げた健康管理の目標はどのようになりましたか?
  2. ふくらはぎや、血液循環の機能を高めるために、何を意識しておられますか?

Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

“こころの腕組み”を解きほどこう! 

(機関誌129号2011年10月) あなたは子供の頃の“小さな胸に感じた、大きな感動”を蘇らせてい

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

『一人一様』の触れ合いがこころをゆさぶる『感動』を生み、シン(真・深・新)のファンを創る

(機関誌12号2001年12月) 頭で思うもの それは満足、こころで感じるもの それこそが感動!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自立型社員が育つ土壌づくりが、企業体力アップの決め手!

(機関誌51号2005年3月) あなたの会社にはどのタイプが多いですか? 1. こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

知識や言葉だけではなく、人間としての誠実な態度・行動が信用を育む

(機関誌23号2002年11月) 末永いお付きあいには、専門性よ り『人間性』が重要だ! 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

“遊び”で培われるワクワク感やリラックスが、人のこころに感動と集中を生む

(機関誌18号2002年6月) 小学生の頃の教訓をいかして、よく遊び、よく学んでみよう! 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自分にとって最大の抵抗感が、最良の変革を生み出す(抵抗感はあっていい)!

(機関誌69号2006年9月) あなたの「こころの参入障壁」は何でしょうか? 1.こんな出来事が

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

何かを共に生み出すことで、人間関係の絆はより深まる

(機関誌37号2004年1月) 人が本気になるのは、自分の真剣さ次第 1.こんな出来事が!  

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

志(仕)事で得られる人々との絆や感動は、人生の最高の宝物!

(機関誌31号2003年7月) まわりへの配慮は、人間関係の豊かさとなって必ずはね返ってくる 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自分の言葉でこころから語った時、聞き手のこころは揺さぶられる

(機関誌14号2002年2月) 自分「らしさ」があってこそはじめて、得た知識や情報が個性的に花咲く

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間効率=集中力×継続力 <愉しさ

(機関誌116号2010年8月) あなたにとって、“ストイック”という言葉のイメージはどの様なもの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑