何かを共に生み出すことで、人間関係の絆はより深まる

公開日: : 最終更新日:2013/11/14 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌37号2004年1月)
人が本気になるのは、自分の真剣さ次第

1.こんな出来事が!

 今年は例年にも増して、ゆったりした気持ちで新年を迎えることができた。それは、いまや、わが家で年末恒例になっている家族全員での大掃除の取り組みが影響しているのかもしれない。

 どこの家でも年末と言えば、大掃除は習慣化していることだろう。わが家でももちろんやってはいたが、それぞれが、それぞれの立場でただ思い思いにやってきていたきらいがあった。「この日は忘年会があるから・・・」「この日は友達と遊びに行くから・・・」等々で、一致団結してやり遂げるという気持ちが薄かったように想う。そこには「家のことは妻に任せて・・・」、家族の拠り所となる家庭の環境を整えることを、仕事の忙しさにかまけて、他人事にしている自分がいたかもしれない。(いや、かもしれないではなく、いた)

 しかし、そういうプロセスを経てここ数年は、「誰かがやる」「いつかはやる」から脱皮をして、「自分がやる」「いまやるという大掃除に取り組む心構えが大きく変わったように想う。

2.私の想い

 今年、掃除をしながら気付いたのは、大掃除が家族の楽しいイベントの一つに定着しつつあるという確かな手ごたえであった。それは、掃除を通じて家族それぞれの歯車が噛み合ってきているからに違いない。

 その流れは、私自身の大掃除への見方や姿勢が変わり、次に、家族一人ひとりがその真剣さに何かを感じ、取り組みがヒートアップする。今年も小学生の二人の子供から「あそこは僕がやるよ」「ここはこうしようよ」という言葉が多く出たのには、私自身も驚きと共に何とも言えぬさわやかさと嬉しさを感じた。

 さらには、その家族の動きを見て、また私自身が創意工夫を重ねる。ちょうど、らせん階段を上るように、毎年進化していく『家族』の図式がはっきりと見えてきたように想う。

 そういったことで、わが家では大掃除が単に家をきれいにし片付けるという枠組みから、徐々に、家族の絆づくりのための掃除イベントという捉え方に移りつつあるのかもしれない。わが家の大掃除 ―― それは、まさにエンターテイメントだ!本当に楽しいこと、嬉しいことであり、何とも言えぬ充実感を覚える『大掃除』ではある。

3.日々への影響

 ところで経営者にとっては、生活の中での小さな一コマに過ぎないと認識され、意外と見落とされているかもしれない家庭でのこの掃除。

 しかし、これに真剣に取り組むことで、様々な気付きや、仕事で成果を生む原理原則に触れる機会が多くあるように実感したのが、私のいつわらざる気持ちだ。日々の生活(その中でも特に対子供)には、講釈や理屈、理想は通じない。そこで通用するのは、行動と、現実を変える具体的な取り組みだけだ。

 わが家でのここ数年の年末の大掃除を振り返って気付くのは、仕事との関連がとても大きいということであった。それは、家族の絆を創り生活を皆で豊かにすることも、仕事で社員一丸となって目標とする結果を生み出すのも、根本は同じであるということだ。

 そのいくつかを具体的にあげると、(1)リーダー自身がまずやる、今すぐに何としてでもやるというテーマに対してきっちりした立場を確立する。(2)リーダー自身が「ど真剣」に行動する。(3)メンバーのこころにそのテーマへの想いを熱く注入する。(4)メンバーと話し合いながらそれぞれの意見を生かした計画や役割分担を紙に書き出す。(5)実行する中で見えてきたものを基に、更なる創意工夫を重ねる。

4.生活・志事(仕事)の中での実践

 人間関係を考える時、単に多くの時間を共有したからといって、それが直ちに互いの関係を深めるとは限らないものだ。共にいる時間を増やすという「量」と同時に、意思疎通を密に図り、共に何かをやり遂げたり、生み出したりする深い交わりという「質」の面がなければ、決して太い絆で結ばれることにはならない。

 社会では、いま家族が崩壊し「個族(こぞく、一人ひとりの交わりが薄くただ一緒に暮らしているだけの家族)」になっているという警鐘が鳴り響いている。お正月にしても、家族で「どのような新年を迎えるか」「どこに行くか」「何を見るか」をただ一緒に考えるだけでは、真に安らぎにあふれた気持ちを味わうことはできないということにも気付いた。そこに至るまでに家族で「何を共に生み出したか」という共通の気持ちをもち、こころを一つにすることで、本当の意味での絆が深まるということではなかろうか。

 これからも日々の生活の中で見落としがちな出来事や行事を自らが真剣に取り組むことで(共同作業に結び付け共に何かを生み出すことで)、家族や、仕事や生活でのさまざまな人との絆をより太くするように取り組んでいきたいものである。

 要は、家族や周りの人が本気になり人間関係が深まるのは、自分の真剣さ次第であるのだから。

 今回の大掃除を通じて、家族との絆や、人間関係を育むことについて、深く感じる機会を与えてもらったことに感謝している。

 あなたご自身は何を感じられ、どのように進めておられますか?

5.毎日の言葉

  • 「『自分がやる』『いまやる』という取り組む上でのあり方」
  • 「日々の生活(その中でも特に対子供)には、講釈や理屈、理想は通じない」
  • 「生活を豊かにすることも、仕事で結果を生み出すのも、根本は同じ」
  • 「何を共に生み出したか」
  • 「人が本気になり人間関係が深まるのは、自分の真剣さ次第」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたはリーダーとして、掃除ということをどのようにとらえておられますか?
  2. あなたは家族や周りの人との絆づくりのために、どのような心構えで何に取り組んでおられますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

ゴールから逆算して今やることを描くと、集中力と行動力が高まる

(機関誌22号2002年10月) 阻害要因に打ち克ち、描いた夢を確実に実現する人のこころのあり方

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

お金に関して、リスク分散と共に“意識分散”の点検を!

(機関誌117号2010年9月) あなたのお金との関わり方はバランスが取れていますか? 1. こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人生という航海を羅針盤(コンパス)なしで進んでいませんか!

(機関誌19号2002年7月) 人生に正解を求めず、進路の選択を行なうことで毎日の行動が変わる!!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

知識や言葉だけではなく、人間としての誠実な態度・行動が信用を育む

(機関誌23号2002年11月) 末永いお付きあいには、専門性よ り『人間性』が重要だ! 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

こころが打ち震えた瞬間、人は自然に動き出す!

(機関誌74号2007年2月) あなたは周囲の人のこころに、火をともす人でしょうか? 1.こんな

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ストレスを強く感じている時―それが自分を成長させるビッグチャンスだ!

(機関誌3号2001年3月) 緊張を愉しみストレスを活用する心の余裕は、ストレスのOnOff切り替

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

健康であり続けることが豊かな未来の礎になる!

(機関誌27号2003年3月) あなたの健康はご両親からの授かりもの?自ら育んだもの? 1.こん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

生死を懸けた真剣勝負の世界に学ぶ、意識の大切さ

(機関誌21号2002年9月) 常に一歩上を目指す姿勢が、能力を磨き明日の人生を切り拓く! 1.

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間効率を実現するために、ピークの平準化と時間差の活用を! 

(機関誌127号2011年8月) あなたにとって、“時間をずらす”という意味で習慣にしていることは

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

夢を実現するための条件 ─ それは重点・集中・徹底の行動だ

(機関誌25号2003年1月) 計画の立てっ放し、言いっ放し、やりっ放しに自ら気付き歯止めを!

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その5「弱点・欠点」後半

 上司から部下の欠点や短所はよく見えるもの。だからと言って、そのまま直

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その5「弱点・欠点」前半

 リーダシップとは? 目的・目標実現のための対人影響力! だとすれば、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部

→もっと見る

PAGE TOP ↑