自分の心を支えるもの─それは重みのある一つの言葉や名言

Pocket

1.今も自分の心を支えるものは、リーダーからもらった名言という事例

ある会社で、生産部門をとりまとめる新任の経営幹部の方と話をしていた時のことだ。「入社されてあまり日が経っておられないのに、生産現場の状況把握はもとより、第一線の方々との良い人間関係を育んでおられますね。」と私。日頃、この方の人間味あふれたメンバーとの関わりを見るにつけ、その行動の素晴らしさに感心させられていた。そこで、そのことを率直にぶつけてみた。

その方は「まだまだ」と謙遜されながらも、社会人になりたての頃、トップリーダーからいただいた一つの言葉について話し出された。「当時の経営者から『仕事は労務管理から身に付けよ!』と言われましてね。入社当時、ともすれば最先端をいく生産技術や、アメリカで脚光を浴びた生産管理手法に目を奪われがちな自分に一石を投じてくれたのですよ。『現場の仕事は何年もやっていれば自然に身に付く。が、形のない職場の人間関係づくりや人の協力を得るということは、自らが意識して関わっていかない限りいつまでも実力はつかない!』当時のこれらの言葉が、モノづくりの前にヒトとの関係づくりが大切なのだということを叩き込んでくれた様に想います」と、こころの支えになってきた言葉を振り返られた。

私はこの経営幹部のお話から、生産に臨む姿勢、いや経営に対する姿勢の原点となるものを見たように想った。

2.リーダーの自分を支えた言葉は、自分次第

この幹部の入社当時のお話を伺う中で、私自身も社会人になりたての頃を思い出していた。やはり同じように自分のこころの支えになっているある言葉がくっきりと蘇ってきた。それは、「(わが社の社員ではなく、独立したと思って)〇〇商店(この場合、水野商店)の店主になれ!」という言葉であった。

リーダーの中でも、置かれている職場環境・仕事の内容・雇用条件・上司とのやり取り等で、不平・不満・グチをこぼす人は少なくないのかもしれない。が、自らが経営者という意識をもつことで、環境次第・上司次第・他人次第に流されることなく、自分次第でこれまで仕事に取り組んでこれた様に想う。この心構えを社会人のスタートをきった時から植えつけられたことは、事業を営む様になった今その有難さをしみじみと感じられるものである。経営者は、当然のこととして言い訳や原因他人論・他力依存は許されないのだから。「補助輪(自らは動かない)ではなく、動輪(自らが動く)になれ!」は、今も自分のこころに息づいている。

3.あなたを支える座右の銘(名言)は何ですか?

その人が拠り所とする言葉の重み――それを実感した私。そんな私が、経営者の方々によくご質問するのが、「社長の座右の銘(名言)は何でしょうか?」というものだ。その経営者の事業観・人生観をさらに身近に感じ、経営の原点を理解させていただく上で非常に大事にさせていただいている。

経営者自らが、己を奮い立たせる言葉は何であるのか、本来のその経営者の原点に立ち戻れる言葉は何であるのか。言葉は知っているだけではなく、日々その言葉にそって経営に取り組み、生きていくことをしなければ、無価値であるということだ。

厳しい経営環境の中、経営者に今求められるのは、自分自身へ投げ掛けるプラスの言葉である。自分を勇気づける言葉(自分は必ずやれる、まだまだこれからだ等々)が多いのか、逆に、元気までも奪ってしまう言葉(もうダメだ・自分にはできない等々)が多いのか。これが人生と事業を左右する。

4.言葉には命があり、その言葉や名言が人生を支える

アテネオリンピックで輝かしい結果をだした日本選手達。勝利のインタビューに共通点がある。それは「できる自分を信じて、ここまでやってきました(顕著な例として、水泳平泳ぎ二冠の北島選手の「勝つのは俺だ!」)」という言葉だ。こうした自己を信頼する気持ちと、自分を勇気付ける言葉の投げ掛け(アファメーション)が勝利に導いた原動力であったはずだ。

結果を追い求める者にとって、まさに「言葉には命がある」ということを強烈に感じたオリンピック観戦の日々だった。結果を出すことが宿命であるのは、経営者もまったく同じだ。オリンピック選手に学び、科学的なメンタルトレーニングの必要性を改めて感じた貴重な日々であった。

私達にとって、「あの時にあの人から言われた一言」、それを生かすも殺すも自分次第であるのは間違いがないところだ。座右の銘や、自分が元気になり自分のこころを突き動かす言葉を、日々自分に語りかける―、それが人生を支えるとしみじみ想う日々である。

経営者から入社早々に諭された重みのある言葉に、こだわり続けやり切った冒頭の経営幹部、その素晴らしいお話しから深い気付きをいただいたことに感謝したい。

あなたご自身は何を感じられ、何を進めようと決意されましたか?

5.リーダーのあなたへの言葉

  • 「仕事は労務管理から身に付けよ!」
  • 「モノづくりの前にヒトとの関係づくり」
  • 「〇〇商店の店主になれ(経営者意識をもて)」
  • 「補助輪(自らは動かない)ではなく、動輪(自らが動く)になれ」
  • 「社長の座右の銘(名言)は何か?」
  • 「経営者に今求められるのは、自分自身へ投げ掛けるプラスの言葉や名言」
  • 「できる自分を信じて、ここまでやってきました」
  • 「言葉には命がある」

6.リーダーのあなたへの問い掛け

  1. あなたは、自分を勇気付けるためにどういったことをされておられますか?
  2. あなたはどのようにして、元気・やる気・勇気を高めておられますか?

(2019年3月17日リライト)

Pocket

関連記事

no image

“何かをしている”時間だけでなく、“何かをしていない”時間ももつことへの転換を!

(機関誌122号2011年2月) あなたが心豊かに過ごす、笑顔こぼれる素敵な時間とは? 1. こ

記事を読む

no image

お金や報酬との関わり方を、今一歩広い視野で捉えよう!

(機関誌126号2011年7月) “給料を○○○”、─あなたは○○○にどのような言葉を続けますか?

記事を読む

「人生は長いようで短いもの!」という事例を、仕事のタイムマネジメントで活かす

1.「人生80年は25億秒」を実感した事例 ゴールデンウィークも終わった5月のこの時期になると、い

記事を読む

no image

健康・若さに限界なし――限界を決めているのは自らの弱いこころだ!

(機関誌83号2007年11月) 貴方にとって、生涯スポーツは身近でしょうか? 1.こんな出来事

記事を読む

no image

基本をあたまに、習慣をこころに!

(機関誌42号2004年6月) 怖いのは、我流と非継続 1.こんな出来事が!  先日、大切にし

記事を読む

no image

大局的な人生設計の中で、固定観念を振り払いお金の本質を見つめ直そう

(機関誌28号2003年4月) お金に真正面から向き合い、マネーストレスを軽くすることが前向き人生

記事を読む

目標必達に向け、先に達成感を感じる“達成者”意識の使い方をマスター!

1.自らの目標を朝一番に読み上げ声に出すことを日課にする経営者 ある経営者と週一回電話で打ち合わせ

記事を読む

上司の厳しい愛情が、部下の成長を生む【プロジェクトX山口良治監督の名言に学ぶ】

1.プロジェクトXの山口良治監督の名言に学ぶ ある会社の経営方針発表会の場で、スクリーンに大写しに

記事を読む

no image

自分を動かし、周りを真に動かすもの、それは一所懸命!

(機関誌124号2011年5月) こころの底にある、あなたの真の叫びは何でしょうか? 1.こんな

記事を読む

no image

人と繋がる愉しみは、継続を生み出す!

(機関誌121号2011年1月) 自分に続ける力が自然と身に付くためには? 1.こんな出来事が!

記事を読む

経営者の健康管理、その意識と行動が豊かな事業繁栄の礎になる!

1.経営者が心の引っ掛かりが取れた、傾聴の事例 ここ数年、こころに引

リーダーが現場で、数字を活用し伝えるチョットしたコツ!

 1.認識を深め、理解を促進するには、身近な数字 先日、スタッフの一

中小企業の経営者自らに、変化と変革を生み出す原動力となる名言2選!

1.過去の延長線上にある小手先の改善に終始をしない ここ数年、世界的

うまくやろうとするな!ーー後継者が人前で話す時のこの工夫が、社員の心が揺さぶられる言葉に結び付く

1.後継者が社員や多くの人前で話す時のコツ 後継者の方ばかり10名程

プレッシャーをはねのける? 責任感が強いあなたに重圧がかかった時、それでは弱いかも

1.「重圧がかかる選手であることを誇りに想う」と捉えられるイチロー選手

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑