中小企業の経営者自らに、変化と変革を生み出す原動力となる名言2選!

Pocket

1.過去の延長線上にある小手先の改善に終始をしない

ここ数年、世界的に動向が注目されていたアメリカ自動車大手三社(ビッグスリー)。
クライスラーに続き、GM(ゼネラルモーターズ)もついに破綻した。報じられたGMの負債総額は実に1,728億ドル(約16兆4千億円)という膨大なものだった。

77年間続いた販売台数世界一という冠(かんむり)に隠れ、消費者の嗜好や社会構造が変化する中、抜本的な革新が遅れたのは言うまでもない。過去の成功体験に縛られ、利益率がいいからというだけでコンパクトカーではない車種の生産計画を強気で推し進める。在庫の山を解消するために、短期間に金銭的なメリットだけを追及し強引な販売を続ける。巨額の年金や退職者医療に歯止めをかけず、債務を垂れ流す等々。

このように歴史と伝統の上にあぐらをかき、過去の延長線上にある小手先の改善に終始しただけに留まったGM。破綻の本質は、環境変化という外部にあったのではなく、変わることを本気で推進しなかった首脳陣をはじめとする内部の人為的なミス(驕り・高ぶり)に思えてならない。(事実、GMはこれまでも専門家や政府から、数々の再生提案が出されていたがそれを真正面から謙虚に受け入れることはしなかった)

2. 名言1「ただ一つ、生き残るのは、変化し続けたものだけである」ダーウィン進化論

今回のGMの破綻劇をじっくりと観察する中で、こころに湧き上がってきたのは進化論を唱えたダーウインが唱えたとされる有名な一節だ。「大きいものが生き残るのではない。強いものが生き残るのでもない。賢明なものがまた生き残るのでもない。ただ一つ、生き残るのは、変化し続けたものだけである」

ところが人は、変わることの大切さを頭では分かってはいるつもりだが、周りから見ると必ずしも行動面で実践されていないことが多いものだ。

この様な中から、「何があれば、自分は変わり続けていると、胸を張れるだろうか」という想いが膨らんできた。

3. 変わり続けるのに必要なもの

変わり続けるために必要なものは何か?──先ず、これまでの成功体験を手放すということだ。人はとかく過去に縛られがちになる。過去うまくいったからといって必ずしも未来にそれが通用するとは言えない。特に、「人は成功した(得意な)ことで、失敗をする」という言葉もある。ゼロ発想で一回一回、何が効果的かを見つめてみる。

二番目には、自分の習慣(口癖、態度・表情、思考・行動パターン等)がどのようなものかを感じることだ。癖やパターンはその人にとって、その人らしさを生み出しているものだが、当人にとっては見えづらいものかもしれない。だからこそ変わった時には、大きな違いを生み出すことができる様に想う。

そして前の二つにも増して実践的な三番目は、異なる世界や異なる価値観の人々との積極的な交流だ。自分が変えようと想っていていくらそれに取り組んでみても、所詮変えようとしているスタート地点が自分自身の内側にある。そのため、自分の想いほどに本質的な革新には意外と結びつかないことが多いのである。日本が黒船という外圧があってこそ劇的に変われた様に、内なる改善だけでは難しいのだ。そこに、人々との交流から自己を見つめ直し、価値観から大胆に革新を図っていくことの重要性がある。
革新の前提は、まさに価値観そのものといえる。

4.名言2「素直なこころで」経営の神様、松下幸之助氏の教え

経営の神様、松下幸之助氏が最も大切にした言葉の一つが、「素直なこころで」というものだ。したがって自我をもったままいくら変化に挑むと意気込んでみても、せいぜい小手先の改善だけしか図れないものだ。自我を消し素直に忠告・諫言に耳を傾ける姿勢で、そのまま相手を受け入れ丸呑みする中から革新が生まれるのではないだろうか。

人は過去の束縛や呪縛から解き放たれた時、人間的な交流の量と質が充実している時、初めて自然と変化・成果・進化が手にできるはずだ。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.中小企業の経営者のあなたへの言葉

  • 「生き残るのは、変し続けたものだけである」
  • 「変わり続けるために──
    ① 成功体験を手放す
    ② 自分の習慣がどのようなものかを感じる
    ③ 異なる世界や異なる価値観の人々と積極的に交流する」
  • 「素直なこころで」
  • 「そのまま相手を受け入れ丸呑みする中から革新が生まれる」
  • 「自由で人間的な交流の量と質を充実」
  • 「変化・成果・進化」

6.中小企業の経営者のあなたへの問い掛け

  1. 周りからの忠告や諫言を、自らが変わることにどれだけ活かしていますか?
  2. あなたは変わり続けるために、何に取り組んでおられますか?

(2019年3月17日リライト)

Pocket

関連記事

no image

こころの底からの”実感”なくして、徹底した”実行”は生まれない

(機関誌6号2001年6月) しみじみ感じ「得心」したことは、その人の生き様そのものを変える 

記事を読む

no image

変革を生み出すリーダーとして、ヤメルことに勇気を! 

(機関誌143号2012年12月) =あなたは組織のメンバーから、リーダーとして選出されますか?

記事を読む

儚い夢を夢で終わらせないために、経営者のあきらめない名言!

1.儚(い):「夢」に、ひとを表す人偏(にんべん)の「イ」をつけると何と読む それは、経営者や経営

記事を読む

no image

お金や報酬との関わり方を、今一歩広い視野で捉えよう!

(機関誌126号2011年7月) “給料を○○○”、─あなたは○○○にどのような言葉を続けますか?

記事を読む

no image

経営者自らの健康へのとり組みが、リスクマネジメント体質を創る!

(機関誌48号2004年12月) 企業にとって一番大切なものは何か? 1.こんな出来事が!  

記事を読む

no image

時間効率を実現するために、ピークの平準化と時間差の活用を! 

(機関誌127号2011年8月) あなたにとって、“時間をずらす”という意味で習慣にしていることは

記事を読む

赤字会社の経営者は、黒字社員を増やすだけでなく、ココにも注目!

1.赤字は罪悪でなく、変えないことが罪悪 先日、ある会社の社長と「赤字」のことで大変掘り下げたお話

記事を読む

【事例に学ぶ】お客様との信頼関係構築は、意外なこの視点を大切にすること

1.「仕事は自分都合でなくお客様都合」の事例 少ないながらも共に働くメンバーが増え、少し広い事務所

記事を読む

自分への意味のないこだわりを最小にすることが、自分の殻を打破する最大のカギ

1.こんな出来事が! ちょっとしたきっかけがあって、パイロットの方と親しくなった。その方はパイロッ

記事を読む

ファイナンシャルリテラシーの意味とは何か? おススメの本は?

1.本「金持ち父さん貧乏父さん」の著者の講演会参加【事例】 先日、ある講演会に参加した。130万部

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

人と繋がる愉しみは、継続を生み出す!

1.こんな出来事が! 年賀状や年賀メール、ツィッター等で、実に多くの

足るを知るものは真に富む!

1. こんな出来事が!  個人がお金を借りる世界が大きく変わってきて

甘い判断が、病気治療のリスクを増大させる!

1. こんな出来事が!  今年は私の人生にとって46回目の新年となっ

われわれに時間はある、ないのはほとばしる情熱と工夫!

1.こんな出来事が!  浮世絵界の巨匠、江戸時代を輝いて生きた葛飾北

何とかなるだろうではなく、一人ひとりの “(自分が)何とかする”という決心から!

1.こんな出来事が! この4月には終了していたはずのものが終わらず、

→もっと見る

PAGE TOP ↑