「 事例体験から学びたい! 」 一覧

no image

“自分が主治医”で、医者いらず!

(機関誌44号2004年8月) 健康面での、自己管理・自己開示(ディスクロージャー)は万全ですか? 1.こんな出来事が!   先日、前々から予約していた人間ドックに行ってきた。前回より1年半、期

続きを見る

no image

言葉が人のこころを動かし、人生を変える

(機関誌43号2004年7月) 言葉には魂がやどる 1.こんな出来事が!  先日、二ヶ月ぶりにお会いした経営者から素晴らしいことに気付く機会を頂いた。  この経営者は、国際化への対応が強く

続きを見る

no image

基本をあたまに、習慣をこころに!

(機関誌42号2004年6月) 怖いのは、我流と非継続 1.こんな出来事が!  先日、大切にしている歯のことで、大失敗をしていたことに気付いた。40歳を過ぎ、年を重ねるごとにひそかに進行していた

続きを見る

no image

原点に立ちかえり、目的を明確に

(機関誌40号2004年4月) “何のために”を常に問い続ける姿勢が、自らに変化を創る! 1.こんな出来事が!  春、新入社員の季節だ。大きな鞄を持ち、どこかぎこちないスーツ姿で移動するグループ

続きを見る

no image

お金に対する変なとらわれからまず脱出しよう!

(機関誌35号2003年11月) 経済的豊かさを手に入れた人の「そのまま」を受け入れ、まず一つから実行に移そう 1.こんな出来事が!  先日、ある講演会に参加した。130万部のベストセラーとなっ

続きを見る

no image

多くを実行しようと頑張り、どれもが中途半端になっていませんか?

(機関誌33号2003年9月) 優先度の低いことはやらないという勇気ある決断が、成果を確実にする! 1.こんな出来事が!  先月、事務所に二人の新人が入った。我々のチームで大切にしている考え方、

続きを見る

no image

健康をセルフコントロールできれば、おのずと人生に自信がみなぎる!

(機関誌32号2003年8月) 健康管理は数値管理から ─ 正しく・楽しく・絶やさずが決めて 1.こんな出来事が!  先日、前々から楽しみにしていた、あるセミナーに参加した。それは、経営者のため

続きを見る

no image

大局的な人生設計の中で、固定観念を振り払いお金の本質を見つめ直そう

(機関誌28号2003年4月) お金に真正面から向き合い、マネーストレスを軽くすることが前向き人生の決め手! 1.こんな出来事が!  先日、ある情報を調べている時、予想をはるかに越える意外なこと

続きを見る

no image

基本とは初歩ではなく、生活力強化に最も大切なもの

(機関誌26号2003年2月) 果たして私たちは、小学生の頃に学んだ基本を日々実践しているだろうか! 1.こんな出来事が!  小学校二年になる息子が、熱心にあるものの記録を続けている。一つは「生

続きを見る

no image

夢を実現するための条件 ─ それは重点・集中・徹底の行動だ

(機関誌25号2003年1月) 計画の立てっ放し、言いっ放し、やりっ放しに自ら気付き歯止めを! 1.こんな出来事が!  新年を迎え、我が家でもここ数年来恒例になっているお正月行事が行なわれた。「

続きを見る

no image

かざりけのないひたむきさが人のこころを打つ

(機関誌24号2002年12月) 「感動なくして、真の人間関係なし」 1.こんな出来事が!  世の中には知らないことが実に沢山ある。つい先日もお箸(はし)の製造販売の経営者の方から、私が知らない

続きを見る

no image

ゴールから逆算して今やることを描くと、集中力と行動力が高まる

(機関誌22号2002年10月) 阻害要因に打ち克ち、描いた夢を確実に実現する人のこころのあり方 1.こんな出来事が!  今年、注目をしていたある方が、先日大きな成果をあげられた。自動車レースの

続きを見る

no image

生死を懸けた真剣勝負の世界に学ぶ、意識の大切さ

(機関誌21号2002年9月) 常に一歩上を目指す姿勢が、能力を磨き明日の人生を切り拓く! 1.こんな出来事が!  仕事の関係でお付き合いをさせていただいているある店長さんから、これまでお会いし

続きを見る

no image

いまを大切にする姿勢 ─ それが、こころに真のゆとりを生む!!

(機関誌20号2002年8月) 子供の集中力に学ぶ時間貧乏脱出のヒント 1.こんな出来事が!  夏休み中に親子で取り組む課題ということもあり、小学4年になる息子とはじめて二人で山に登る機会を得た

続きを見る

no image

潜在能力を引き出す上で、何より大切なことは成果目標の設定だ!

(機関誌15号2002年3月) 成功イメージの発想でスタートを! 1.こんな出来事が!  出張で、ある都市に行った時のことである。仕事を終えターミナル駅に戻ろうとした時、日頃利用している鉄道では

続きを見る

no image

不足を嘆くより、そのことにも感謝できる自分への転換を!!

(機関誌13号2002年1月) プラス意識とマイナス意識のバランスを心掛け、「こころのねぐせ」を直そう! 1.こんな出来事が!  私はある想いがあって「目が不自由でありながら、偉業を成し遂げた方

続きを見る

no image

『ほんまもん(本物)』が、生まれ育(はぐく)まれる原点は何か

(機関誌11号2001年11月) 社会や周りが求めるものの実現を熱く願う姿勢の重要性 1.こんな出来事が!  「あれ~っ 回る・・・回るわぁ・・・」、キツネにつままれた様な表情で、母が私の方を見

続きを見る

no image

配慮していることを感じさせない配慮が、一番の配慮

(機関誌9号2001年9月) こころを通い合わせなければ、努力も単なる労力におわる!  1.こんな出来事が!  「お決まりになられましたか?」という店員さんの問い掛けに、「ちょっと、待ってもらえ

続きを見る

no image

こころの底からの”実感”なくして、徹底した”実行”は生まれない

(機関誌6号2001年6月) しみじみ感じ「得心」したことは、その人の生き様そのものを変える  1.こんな出来事が!  「ブ~ン!ブ~ン!」と、更衣室に鳴り響くドライヤーの音。通い始めたある道場

続きを見る

no image

自分への意味のないこだわりを最小にすることが、自分の殻を打破する最大のカギ

(機関誌5号2001年5月) 新たな出会いの数とその関係の深まり度が、自分の成長のバロメーターだ! 1.こんな出来事が!  ちょっとしたきっかけがあって、パイロットの方と親しくなった。その方はパ

続きを見る

経営者の健康管理、その意識と行動が豊かな事業繁栄の礎になる!

1.経営者が心の引っ掛かりが取れた、傾聴の事例 ここ数年、こころに引

リーダーが現場で、数字を活用し伝えるチョットしたコツ!

 1.認識を深め、理解を促進するには、身近な数字 先日、スタッフの一

中小企業の経営者自らに、変化と変革を生み出す原動力となる名言2選!

1.過去の延長線上にある小手先の改善に終始をしない ここ数年、世界的

うまくやろうとするな!ーー後継者が人前で話す時のこの工夫が、社員の心が揺さぶられる言葉に結び付く

1.後継者が社員や多くの人前で話す時のコツ 後継者の方ばかり10名程

プレッシャーをはねのける? 責任感が強いあなたに重圧がかかった時、それでは弱いかも

1.「重圧がかかる選手であることを誇りに想う」と捉えられるイチロー選手

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑