事例体験から学びたい!

“何かをしていない”時間をもつことへの転換を!

あなたが心豊かに過ごす、笑顔こぼれる素敵な時間とは?

先日、久しぶりに以前お世話になった方と時間をとって話し合う機会を得た。

この方は旅行会社で、組織のリーダーとして永く活躍されておられる。

最初に出会ったのは18年前。

当時、経営者や海外事業部の責任者の方々を募り、海外視察の企画・催行を一緒に行っていたのだ。

日本企業が、中国やベトナム等アジア諸国への進出判断のため、現地の生きた情報を強く欲しており、ニーズも高かった。

そこで、学生時代に取得をした一般旅行業務取扱主任者(現在の旅行業務取扱管理者)の資格を活かし、想いを込めて取り組んでいた企画のひとつでもあったのである。

“旅”という時間を共有したことも手伝って、この方とは以来気心の知れた仲となった。

そして久しぶりの再会は当時の様々なことを想い出す貴重な場となったのである。

アジア諸国から感じる真の豊かさ

今、改めて当時を振り返ると、その中で訪れたアジア圏の国々や現地企業は、実にゆったりとした時間が流れていた

そして、国自身は決して経済的に豊かではなかったが、家族や友人、地域との絆も深く、皆笑顔で心豊かに素敵な時間を過ごしている人々が多かった様に想う。

対照的に、資源や土地がない中、中国に抜かさたものの経済大国としてGDP世界第3位である日本。

彼らと比べると経済的には豊かだが、日々時間に追われて気忙(きぜわ)しく働き、長い時間の痛(通)勤ラッシュに疲れ、睡眠時間もままならない自分自身や決して少なくない我々日本人の姿----。

この対比の中で、

何が真の豊かさなのだろうか?

どの様な時間を過ごすことが幸せと感じるのだろうか

との素朴な問い掛けをその時に感じられたことは、今の私の人生にとっても大きな意味を成していることは事実である。

忙しさのあまりに失ったかけがえのない時間

翻(ひるがえ)って、今の日本。約20年というこの期間、社会や経済にどのような変遷・変化があったのだろうか?

そして私は当時感じた素朴な問い掛けを活かして生活しているだろうか----?

週休2日の定着、フレックスタイム制、在宅ワーク、ノー残業デイ、都市部や都市間交通網の整備、余暇活動時間の増大、ワークライフバランス等々、変わってきたものも多い。

が、一方で、インターネットや情報通信機器の発達で“いま(即時対応)”が求められる時代である。

24時間眠らない社会環境、自殺者12年連続3万人超、家電をはじめ便利で時短を実現するインフラや機械は増えるものの、企業間競争・個人間競争は熾烈を極めている現実。

余裕がないためか電車等公の場での食事や化粧、海外からの旅行者が一番驚くという、学生が高級ブランド品を当たり前の様に持っている姿(その影で家庭経済を下支えするため母親が過度のパート勤務等からか、家族団欒の減少、孤食する児童の増加)等々、個人の時間的な余裕や、本質的な豊かさが広がっているのか疑問な点も少なくない。

諸外国は、“貧しい国ながらも自分自身の大切な人とのふれあいや時間をもつ国”から、一人ひとりの経済力をも手にしつつある。

一方で日本は、“失われた10年”等で経済に漂う閉塞感が吹っ切れない(豊かな国からの転落)と共に、ゆったりとした素敵な時間が流れる一人ひとり”にも成り切れていない気がするのは私だけだろうか。

何もしない時間をつくることで気持ちに余裕が生まれる

今回の出来事を通じて、当たり前のこととはいえ、“現代人は忙しい”ということを痛感した。

もちろんこれは時代の流れと共に世界共通で、あらがえないことなのかもしれない。

ただ、日本人の場合、常に“何かをしないといけない”という強迫観念にも似た様なものがあるのではないだろうか? 

例えば冒頭の視察や旅行の場合でも、やれ訪問だ、やれ観光だ、やれ買い物だ、お土産だ、と過密スケジュールでじっとしていない人が多かった印象が強い。

私自身にも言えることだが

「何かをしない時間を過ごすことも贅沢のひとつ」

「緊張と緩和(リラックス・息を抜く)のバランス」

という感覚があまりにも不足しているのかもしれない。

何かをすることだけが豊かではなく、 “何かをしていない”時間ももつことへ転換していく、という立ち位置(スタンス)が、忙しい今だからこそ大切だと改めて実感する時間を過ごせたことに感謝したい。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

豊かな時間をすごすための言葉

  • 「実にゆったりとした時間が流れていた」
  • 「家族や友人、地域との絆も深く、皆笑顔で心豊かな素敵な時間を過ごしている」
  • 「現代人は忙しい」
  • 「何かをしない時間を過ごすことも贅沢のひとつ」
  • 「緊張と緩和(リラックス・息を抜く)のバランス」
水野秀則

  1. あなたが心豊かに過ごす、笑顔こぼれる素敵な時間とは?  あなたは「何が真の豊かさなのだろうか?」
  2. 「どの様な時間を過ごすことが幸せと感じるのだろうか」と自問した時、どの様に返答されますか?

 

 (2019年11月14日リライト)

<この記事の評価をお願いします>

-事例体験から学びたい!
-

© 2020 e-経営者.com