経営者に必要なノウハウ

伝えるでなく、伝わる話し方が、組織力を高める【6】

伝えても伝わらない経験、多いですか少ないですか?
「ついつい『前も言ったけど』と、部下に言ってしまうことが多いですね」
「伝わってないことが多く『どうしたら伝わるのか』と、いつも考え込んでしまいます」
「方針や計画が伝わることは大切なので、何度も言うようにしています」
「伝わったか常に確認しているので、伝わらないもどかしさは今はないです」
等々、職場のコミュニケーション誰もが苦戦しています。
今回は、伝わらない話し方が、改善されるご提案をします。

1)伝わる話し方の量が、組織力を高める

こんにちは、中小企業の経営写コンサルタント®の水野秀則です。

今回のシリーズ「組織力を高めるために、リーダーが即取り組める7つのポイント」6回目動画をお送りします。

 

2)リーダーとして伝えるから、伝わる話し方へ

 1.【私の失敗】振り返ると、伝わらない話し方だった

  ①「前も言ったでしょ」が、口ぐせだった、私の過去
  ②「どうして、わかってくれないんだ」という自分目線では、何も変わらず
  ③「伝わらないのは、自分が本気で伝えていないから」現在地に気づく

 

 2.伝える責任でなく 伝わる責任を取る

  ①【復唱】「大切なことだから、いま一度伝えるよ」
  ②【現状確認】「我々は、いま何が共有できていますか」
  ③【相手視点】理解するから、理解される

 

3)伝わる責任が深まる
  あなたへの問い掛け

 1.相手に伝わる責任、どれくらいとっていますか?(現在地の確認)

 

 2.日々の依頼や、年度計画がより伝われば、何が変わりますか?

 

-経営者に必要なノウハウ
-, ,

Copyright© e-経営者.com , 2019 All Rights Reserved.