会議で眠い素振りに気づいた時、リーダーができる進め方改善 5つ目【快議】

Pocket

会議の雰囲気はどうでしょう?
「ついつい自分には関係ないと感じる時があり、時間を持て余す」
「正直に話すと午後の会議では、眠くなることが時々」
「緊張と言えば聞こえがいいが、重い雰囲気がなかなかぬぐえない」
「前向きな話が多く、いつも楽しくワクワクします」
今回は、会議の雰囲気について、一緒に考えていきましょう

1)眠いと感ずる会議にしないために、リーダーは何をすればいいか

こんにちは、中小企業の経営写コンサルタント®の水野秀則です。
今回のシリーズ「会議体の見直し、カンタン即取り組める7つのポイント」5回目をお送りします。

2)楽しい会議の進め方に、今すぐ改善できること

 1.眠くなっている会議【悪い快議】に気づき、
   楽しい会議【良い快議】にすると決める

  ①人の話を長時間じっと黙って聞くことは苦痛でしかない
  ②腕組みと目を閉じて、そのうちに寝ているまでいかなくとも、、、
  ③「自分は関係ない」と感じている人に気づく

 2.寝てしまう人、発言しない人、ついていけない人、
   が出ない取り組み

  ①単調な進め方に歯止めをかける
  ②ペアでの双方向対話・参画型会議の取り組み
  ③カンタンにできる雰囲気を変えるゲーム 例;感情じゃいけん

 

3)会議でのリーダーシップが高まる
 あなたへの問い掛け

 1.我社の会議の雰囲気で感じることは?(現在地の確認)

 

 2.腕を組んでいる人、眠そうな人が居た時、リーダーとしてどう空気を変えますか?

 

Pocket

関連記事

新卒採用サイトから感じる、人を巻き込む言葉

「世界中に予想外を!!」 この言葉を聴いて何を感じますか? 人を惹きつける意表をついたCMを創

記事を読む

『ある会社の営業所長研修ご支援から学ぶ、わかっていても陥りがちな指導スタイル』

皆さん、こんにちは 水野です。 8月に入って暑い日がさらに続いていますが、いかがお過ごしでしょ

記事を読む

重い社内会議は、名称からおもしろいものに転換する2つのポイント 7つ目【皆議】

ネーミングが大事な時代、会議の名称ってどうなっていますか、? 「機能別では、経営会議、営業会議、生

記事を読む

no image

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その6 前半

リーダシップとは? 目的・目標実現のための対人影響力! だとすれば、部下や社員を育てる際、どの様な言

記事を読む

リーダーシップを開発する上で、経験が少ないことを強みにする簡単3つの方法 vol.6

新任のリーダーになった時、誰もが経験や知識が充分あったわけではない。 この様な時、部下や後輩にリー

記事を読む

学習する組織5つの能力から、リーダーが実践するたった1つのこと【7】

主体的で、成長への意思をもった人、近くに欲しくないですか? 「悪くはないのだが、どうしても指示待ち

記事を読む

リーダーの資質に必須な積極性を高める、超カンタンな取り組み<1>

  積極性。日常で人を形容する時によく使う言葉です。 本当の意味で自分には積極

記事を読む

『やる気が感じられない』と嘆く前に、部下のモチベーションアップ3つの方法

皆さん、こんにちは 水野です。 昨日の夜、経営『者』力強化プレ講座 (東京)で盛り上がったテー

記事を読む

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょうか? この気持ちをグッとこら

記事を読む

会議の時間生産性を高める、今日からできる1つのこと 2つ目【戒議】

毎月、毎週ある会議、生産性高めたいですよね? 「会議を主催するトップの話が独演会の様で長い」 「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑