経営者に必要なノウハウ

【悔議で終わらせない】会議の改善点を洗い出すには?

会議での討議は、過去のこと、今のこと、未来のこと、どの時点の話が多い?

  • 「前月の数値が未達に終わりました」
  • 「この四半期では顧客クレームが8%減りました」
  • 「前年対比で、売上が6%アップしました」等々

今回は、会議の質、討議の質を高める1つの視点をご提案いたします。

会議ではどの時点での討議が多いでしょうか?

水野秀則
皆さん、こんにちは、経営コンサルタント®水野でございます

今回は、討議について皆さんと一緒に考えてまいります。

過去を悔いる「悔議」になっていませんか?

過去・現在・未来、どの時点の話題が多い?

今回は会議のよく見る場面をもとに、

皆さんと一緒に 会議をどうしていったら、
改善できるのかを考えてまいりたいと思います。

まず会議の場面で、

「前月は未達で終わりました、申し訳ございません」と、

詫びている場面、

あるいは「クレームが前月中で10%ほどダウンしました」

というようなことであったり、

あるいは逆に「前年比で売り上げが6%上がってます」

とかそういうお話が割とあります。

その中で 私が申し上げたいのは、

会議の質・討議の質を高めるために、

どういう着眼点があるかというと、まず、

  • 過去の話が多いのか?
  • 現時点の話が多いのか?
  • 未来の話が多いのか?

前月の話が中心となっているのか?

今月の話が中心になっているのか?

来月あるいは再来月あるいはこの半期、こういったところの話が多いのか?

いかがでしょうか?

よく例えて言うのですが、

サッカーでも 攻める時間と守る時間、

「攻守の時間」というのはデータ管理されてますよね?

それと同じように、我々も過去の話が多いのか?

未来に向けた話が多いのか?

こういったところの着眼から、

色々見えてくるのではないでしょうか?

「悔いる会議」、「悔議」は意味がない

会議ということで、

よく目にする場面は 「悔いる会議」ですね。

後悔の「悔」これを当てはめて、

前回あるいは前月こうだった、

申し訳ございませんが続くような「悔議」。

これでは本当に意味がないのかなと。

そうではなくて、

そこから対策をどう作っていくか?

未達ではなくて差額対策に時間をかける。

これを工夫することを、今回はご提案したいと思います。

ありがとうございました。

まとめ

過去は変えられないのに、【悔議】に時間を掛けてももったいない

  • 「申し訳ございませんでした」だけでは、未来の業績は創れない
  • 反省や悔いるばかりで、未来の対策は不明確なまま
  • 会議の改善のポイントの1つは、未来に比重を移すこと

次回は、何があればできるのか

  • 未達でなく、差額対策に時間を掛ける
  • 業績の先読みは、何か月先まで見えているか
  • ダム経営の実践(差額のダム、業績のダムづくり)

水野からの問いかけ

水野秀則

  • 会議で前月の話しと、当月、次月の話し、どこが多い?(現在地の確認)
  • 先見・先手・先行の会議にした場合、どの様なメリットが浮かびますか?

YouTubeでも詳しく解説しています

今回の、「【悔議で終わらせない】会議の改善点を洗い出すには? 」について、

YouTubeでも、わかりやすく解説しています。

ぜひ、動画でも「【悔議で終わらせない】会議の改善点を洗い出すには? 」について理解を深めてください。

皆議サムネイル
重い社内会議は、名称からおもしろいものに転換する2つのポイント【皆議】

ネーミングが大事な時代、会議の名称ってどうなっていますか? 機能別では「経営会議、営業会議、生産会議...」 階層別では「役員会議、幹部会議、拠点長会議、店長会議...」 テーマ別では「新製品検討会議 ...

続きを見る

-経営者に必要なノウハウ
-, ,