経営者に必要なノウハウ

自立型新入社員が自然と育成され、受け身・指示待ちが少なくなる上司のOJT vol.6

 職場に配属された新人が、指示待ちで困っている。  
 入社当時はまだしも3か月も半年も経っても続いている。
 この様なお悩みはよく人事や上司の方から伺います。
 ズバリ、何があればよいのでしょうか。
 今回は、受け身型の人材が自立型に、
 自然となってしまう立ち位置の醸成を。
 お伝えします

1)自立型人材と、
 依存型人材の決定的な違いは?> 
こんにちは、中小企業の経営写コンサルタント®の水野秀則です。
今回のシリーズ「辞めない新入社員が、研修で身につけたスタンス(働くとは何か)」、
積極性編をお送りします。

2)新人が変わる、
 働くとは何かへのスタンス? 

 1.働くとは、端を楽にすること

  ①学生から社会人:受益者から、提供者へ
   授業料を払うから、給料をいただくへ
  ②自分の当たり前病に気づく
   やってくれて当たり前、教えてくれて当たり前
  ③依存型は、ありがとうという感謝が少なく、
   これが足りないあれが足りない不平不満が多い
  ④依存型は、~してくれないという「くれない病」発症

 

 2.指示受け時に、質問も新人の1つの仕事

  ①「はい、わかりました」と、
   返事だけがいい部下には注意
  ③上司や先輩がすべて正しいわけではない
   ましてや、いつも的確でもれのない
   指示や依頼を出せるとは限らない
  ③報連相も大事だが、そもそも指示受けができていない
   スタート段階でピンボケの可能性
   当然、仕事の出来栄えは期待のものと離れがち

3)自立型人材が育成される
 あなたへの問い掛け

 1.依存型人材と自立型人材、何が違う?(現在地の確認)

 

 2.自立型で居ることの新人のメリットは?

【新入社員の育成シリーズ】

辞めない新入社員が、研修で身につけた働くスタンス(始めに) vol.1

 

辞めない新入社員が、研修で身につけた働くスタンス(給料とは?) vol.2

 

辞めない新入社員が、研修で身につけた不安や失敗に負けないこころ vol.3

 

できる新入社員を育てるために、仕事での時間の使い方が変わる上司の2つの言葉 vol.4

 

新入社員が人間関係に不安を感じない、上司からの声掛け vol.5

 

自立型新入社員が自然と育成され、受け身・指示待ちが少なくなる上司のOJT vol.6

 

辞めない新入社員が「不満は自分がつくっているかも?」と気づく上司からの一言 vol.7

 

-経営者に必要なノウハウ
-,

Copyright© e-経営者.com , 2019 All Rights Reserved.