ビジネス書でおすすめは、ピョートル氏の0秒リーダーシップ(7冊目後半) vol.16

Pocket

 今のリーダーシップスタイルや、
 そのスピード感、いつまで続ける? 
 短期間でベストセラー量産の著者が、
 こう問い掛けてくる。
 16年7月に、0秒リーダーシップ。
 17年1月に、グーグル仕事術。
 この本ニューエリートが、18年2月出版。
 同3月、疲れない働き方。
 同8月に、世界最高のチーム。
 さらに、出版予定3冊。
 しかし、冒頭の問いは『今の生き方いつまで続ける?』
 という本質の問いがある様に、この“ニューエリート”で感じる。
  *発言しない人は、次の会議に呼ばれないか(苦笑)

1)働き方改革は、リーダーの
 生き様改革と感じた本! 
こんにちは、中小企業の経営写コンサルタント®の水野秀則です。
今回のシリーズ「2019年始に読む、リーダーシップが高まる2018ビジネス書新刊7冊」、
7冊目(後半)をお送りします。

2)リーダーシップ開発は、
 自分開発(行動・スピード)と気づく本 

 1.ピョートル氏スタイルの、

   リーダーシップとは?

  ①自分の枠を超えて
   新たな一歩を踏み出す勇気
  ②誰かのために何かのために、
   すぐ手を挙げ動きだす
  ③チームの場づくりと個々の力の
   最大限発揮で結果を生み出す

 

 2. 成功し2020年代を生き残る人材は?

  ①持続的に成長していること
  ②ゼロから1をつくるクリエイティブ
  ③自己実現は、自己認識・自己開示・自己表現、
   そして社会とつながり自己効力感
  ④公私ともに楽しんでいる
  ⑤直感による迅速な判断と、失敗の反省
  ⑥褒められた時、「どこがよかったか」聞く
  ⑦一番のカギは、スピーディーに行動すること

 

3)リーダーシップが高まる
 あなたへの問い掛け

 1.このままいくと2025大阪万博時、
   リーダーとしての生存確率は?
 2.ニューエリートとして、
   何を新たに始めますか?

【リーダーシップ本を、2019年新春に読むシリーズ】

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (はじめに前半) vol.1

 

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (はじめに後半) vol.2

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 変革や人事理念だとどれか(1冊目前半) vol.3

 

ビジネス書でおすすめは、ヒルトップの遊ぶ鉄工所(1冊目後半) vol.4

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 人材育成だとどれか(2冊目前半) vol.5

 

ビジネス書でおすすめは、ビリギャルを育てた坪田先生の才能の正体(2冊目後半) vol.6

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 戦略だとどれか(3冊目前半) vol.7

 

ビジネス書でおすすめは、河合先生の未来の年表2(3冊目後半) vol.8

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 働き方改革や組織風土改革だとどれか(4冊目前半) vol.9

 

ビジネス書でおすすめは、ティール組織イラスト解説版(4冊目後半) vol.10

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 事業再生だとどれか(5冊目前半) vol.11

 

ビジネス書でおすすめは、破天荒フェニックス オンデーズ再生物語(5冊目後半) vol.12

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 お金の常識を打ち破るだとどれか(6冊目前半) vol.13

 

ビジネス書でおすすめは、キンコン西野氏の新世界(6冊目後半) vol.14

 

ビジネス書でおすすめは、2019 リーダーシップだとどれか(7冊目前半) vol.15

 

ビジネス書でおすすめは、ピョートル氏の0秒リーダーシップ(7冊目後半) vol.16

 

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (終わりに) vol.17
Pocket

関連記事

ビジネス書でおすすめは、2019 リーダーシップだとどれか(7冊目前半) vol.15

 リーダーシップとは何か?   研修で学べども、あなたの実感はどの様なものでしょう?   若手経

記事を読む

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

稲盛和夫氏著 「働き方」 に学ぶ仕事との向き合い方(スタンス)

先日より、ある会社のコンサルティングがスタートしました。 そのご契約が決まる前の出来事です。

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、ヒルトップの遊ぶ鉄工所(1冊目後半) vol.4

 えっ、この企業まだ知らない、この本見たことない。  もったいないです。(笑)  私も知りません

記事を読む

書籍「人を動かす、新たな3原則」に学び、3日以内に取り組める3つのこと

こんにちは 水野です。 ベストセラーを連発し時代を牽引してきたダニエル・ピンク。 その新

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、2019年 事業再生だとどれか(5冊目前半) vol.11

 会社を蘇らせたい、と願うなら、、この1冊!   あなたなら、どの一冊が浮かぶでしょうか  実話

記事を読む

「LEAN IN(一歩踏み出す)」「LEAP!(リープ)」で感ずる2つのL(Leadership・Love)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? たっ

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

リーダーとしての人生・仕事に影響を与えた映画は何か?(映画アルマゲドン)

文字から読み取る書籍よりも数倍、われわれリーダーのこころに訴え掛けてくる映画。 影響を受けた映

記事を読む

マネージャーは何をする人か?マネジメントの基本とは?――その一つの応え (東京商工会議所 ビジネスマネージャー検定試験の活用)

マネージャーとして大切なことは何ですか? と、問われた時、あなたはどう応えますか? 戦略

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑