ビジネス書でおすすめは、破天荒フェニックス オンデーズ再生物語(5冊目後半) vol.12

Pocket

 不死鳥を表すフェニックス。今回の主人公には、破天荒が前につく! 
 30歳という若き経営者が、事業再生で背負ったもの。それは。。
 20億の売り上げなのに、短期借入金14億。
 立ちはだかる、地獄の資金繰り、銀行や幹部とのギリギリの攻防。
 しかし、田中修治社長は単なるコストカッターではなかった。
 彼の挑戦する生き様と、目立ったもん勝ちと語るその成長戦略とは?。
   *島耕作社長(弘兼氏)も唸ったか(笑)

1)事業再生は、人を切り、コストを切り詰め、
 資産圧縮することではない? 
こんにちは、中小企業の経営写コンサルタント®の水野秀則です。
今回のシリーズ「2019年始に読む、リーダーシップが高まる2018ビジネス書新刊7冊」、
5冊目(後半:不死鳥フェニックス オンデーズ)をお送りします。

2)待ったなしの資金繰りと、
 成長戦略は両立したのか 

 1.このエンターテイメント小説から、何が学べるか

  ①人生を痛快に生きること、愉しむことの大切さ
   顔がくもり眉間にしわを寄せている、自分にドッキリ(笑)
    *再生スローガンで、「目立ったもん勝ち」と掲げられますか!
  ②何より、資金繰りの先読みと、銀行交渉とのすさまじさ
   2億円の個人資金をどこに使ったのか?
    返済にあてず、関連会社買収資金へ
   さらには海外展開の多額の出金の救世主は居るのか?
    銀行団・上場大手企業・それとも
    そして、企業の何を評価して資金を出す/出さない
  ③会社を蘇らせる。輝きを取り戻す上で最も大切なもの
   メガネ屋にとって、当たり前の原点は?
    メガネで見えるようになった素晴らしい世界

 

 2.企業は人なり、と言うけれど、何を「実行」しているか

  ①成長戦略で最も大切なものは?
  ②優秀な人を惹きつけるには?
  ③企業は何以上に成長しないのか?
  ④「火事を消すには、爆弾をだよ」
  ⑤責任ある仕事、
   それは、やれそうな人でなく、やりたい人に
  ⑥「人は新たな希望を逃がすよりも、
    既に手にしているものを失うことの方が遥かに怖い」

3)自社の輝きが蘇り、リーダーシップが高まる
 あなたへの問い掛け

 1.この本を読み知っているけど、やってないことは?(現在地の確認)

 

 2.田中修治社長から学ぶ、事業の本質は?
  例1)後継者にこそ求められる、挑戦
      「逃げる」からしんにょうを取れば、「兆(きざ)し」。
    そこに、手偏を付けるとあら不思議真逆の「挑戦」という言葉に
    経営者としての構え、考え方、あり方を変える

【リーダーシップ本を、2019年新春に読むシリーズ】

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (はじめに前半) vol.1

 

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (はじめに後半) vol.2

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 変革や人事理念だとどれか(1冊目前半) vol.3

 

ビジネス書でおすすめは、ヒルトップの遊ぶ鉄工所(1冊目後半) vol.4

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 人材育成だとどれか(2冊目前半) vol.5

 

ビジネス書でおすすめは、ビリギャルを育てた坪田先生の才能の正体(2冊目後半) vol.6

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 戦略だとどれか(3冊目前半) vol.7

 

ビジネス書でおすすめは、河合先生の未来の年表2(3冊目後半) vol.8

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 働き方改革や組織風土改革だとどれか(4冊目前半) vol.9

 

ビジネス書でおすすめは、ティール組織イラスト解説版(4冊目後半) vol.10

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 事業再生だとどれか(5冊目前半) vol.11

 

ビジネス書でおすすめは、破天荒フェニックス オンデーズ再生物語(5冊目後半) vol.12

 

ビジネス書でおすすめは、2019年 お金の常識を打ち破るだとどれか(6冊目前半) vol.13

 

ビジネス書でおすすめは、キンコン西野氏の新世界(6冊目後半) vol.14

 

ビジネス書でおすすめは、2019 リーダーシップだとどれか(7冊目前半) vol.15

 

ビジネス書でおすすめは、ピョートル氏の0秒リーダーシップ(7冊目後半) vol.16

 

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (終わりに) vol.17
Pocket

関連記事

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

右腕になりたいなら『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

経営者感覚・視点を養う脱サラリーマンには、新書「経営センスの論理」一択!

皆さん、こんにちは! 水野です。 少し時間が空いてしまいましたが、その後お変わり<ござい

記事を読む

『経営に終わりはない』 経営者の右腕とは? 歴史的補佐役に学ぶ4冊

経営に終わりはない (文春文庫) posted with ヨメレバ 藤沢 武夫

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

経営感覚を磨くには?に応えるこの3冊

こんにちは! 水野です。 しばらく間が空きましたが、経営者に関する書籍の情報を発信させていただきま

記事を読む

『社長になる人に知っておいてほしいこと』 松下幸之助

社長になる人に知っておいてほしいこと posted with ヨメレバ

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、2019年 変革や人事理念だとどれか(1冊目前半) vol.3

 変革を生み出す考えや、人に対する想い(人事理念)は、注目されるこの企業に学べ!!  変わりたくて

記事を読む

リーダーシップに結び付く、営業力がたった1分で変わっていく!ビジネス書おススメこの2冊

こんにちは! 水野です。 “本が苦手なんですよね、小説はまだしもビジネス書は・・・” と

記事を読む

人を動かす

人を動かしたい、という想いに駆られる方へ

人を動かす! リーダーとして、事業家として誰もがこの力を身に付けたいと願っている。 デールカーネ

記事を読む

村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう? 作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑