経営者の真の健康とは? ~健全な経営判断を支え、3つの力を生み出す~ 

Pocket

1.あるトップリーダーの辞める判断【事例】

正月気分も覚めやらぬある新年、国の予算をつかさどるトップリーダー、財務大臣が退陣した。政府予算案閣議決定前という、最終案をまとめあげる大切な時期。その直前に下された辞める判断は、健康上の理由によるものだった。

お屠蘇(とそ)の酔いもあってか、「真相は別のところにある」といった様々な憶測や意見も飛び交った面がある。ただ、それは政治の世界の常であり、人の世の常なのかもしれない。

ご本人の想いに触れようと、報道記事だけでなくオフィシャルホームページでご自身の言葉をつぶさに追ってみた。その中で「私の心情」欄にあった、77歳というご高齢にありながらも予算編成に掛ける熱い想いが目に留まったのである。

予算は国の基本的方向を内外に示す重要な意義をもつもの。経済なくして、財政健全化はない」等々とあり、氏の志高い気持ちが伝わってきた。

ここから、我々経営者にとって他人事ではない「経営者の健康や前向きさを阻害するものvs(ヴァーサス:対)成し遂げたい熱い想い」というテーマが私に身近に迫ってきたのである。

2.経営者にとっての真の健康(状態)とは?

新年のご挨拶まわりの中で、今年の抱負の一つとして健康面をあげる経営者も少なくなかった。いい機会なので、前述のテーマ(健康を阻害するものvs熱い想い)を投げ掛け、共に考えを深めていった。

ここで交わされたのは、「健康を阻害する最たるものはストレスやプレッシャーであり、熱い想いに水を掛けられ押し潰されそうになる時がある」「熱い想いを減少もさせ増幅もさせるもの――それはお客様や社員、人との関係だ」といった言葉の数々。経営者の皆様の心の底からの本音であろう。

──視点は少し異なるが興味深かったのは、「健康って、そもそもどの様な状態だろうか?」「前提となる健康というもののイメージが意外と人によって違う」という話題だ。きわめつけは「経営者にとっての真の健康(状態)とは?」という問い掛けであった。

3.経営者が学ぶ、健康の定義(WHO)「単に疾病又は病弱の存在しないことではない」

例えば、WHO(世界保健機関、World Health Organization)では健康の定義を憲章の前文に掲げている。引用すると「完全な肉体的、精神的及び社会福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない Health is a (dynamic)state of complete physical, mental, (spiritual) and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.」とある。半世紀も前に創られたものであるが、かなり広く深い視点が盛り込まれている。さらには、2つの新しいキーワードを盛り込む改正案も審議されている(英文の括弧内を参照)。

4.経営判断を支えるのは、①集中力 ②行動力 ③持続力

社員に多大な影響を与える経営者。その経営者の本当の意味での健康(状態)を表すキーワードは“判断力”━━という想いが浮かび上がってきた。人は身心(しんじん)ともに高い位置で充実していなければ、類まれなる事業アイデアや革新への方策を的確に取捨選択することはできない。一つの判断が組織に大きな影響を与え、結果として莫大な成果を生んだり、損失を生じさせたりする。経営者一人の健全な(健康体質から下される)経営判断が、組織百人の成長を生むのだ。

多くの経営者と接する中で感じた、この“判断力”こそが、経営者の健康基準として見えてきた。そしてこの経営判断を支える、①集中力 ②行動力 ③持続力が伴っているかどうかが、経営者にとっての本当の意味での健康の証なのかもしれない。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.健全な判断をくだす経営者のあなたへの言葉

  • 「予算は国(組織)の基本的方向を内外に示す重要な意義をもつもの」
  • 「経営者の健康や前向きさを阻害するものvs(ヴァーサス:対)成し遂げたい熱い想い」
  • 「(健康とは)完全な肉体的、精神的及び社会福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない」
  • 「経営者一人の健全な(健康体質から下される)経営判断が、組織百人の成長を生む」
  • 「経営判断を支える、①集中力 ②行動力 ③持続力」

6.健康経営を自ら進めるあなたへの問い掛け

  1. あなたは経営者にとって真の健康な状態とはどの様なものだと想われますか?
  2. あなたは判断力を高めるために、どの様に健康に留意されておられますか?

(2019年3月16日リライト)

Pocket

関連記事

no image

何とかなるだろうではなく、一人ひとりの “(自分が)何とかする”という決心から!

(機関誌135号2012年4月) お金に関することで、先延ばしにしていることは何かないだろうか? 

記事を読む

no image

自分が自分に言い訳する時、歯止めを掛ける3つの“る”!

(機関誌140号2012年9月) 「忙しい」「難しい」「できない」・・・あなたの身近で聞く言葉は?

記事を読む

no image

出来なかったことを叱るのではなく、やらないことを叱る!

(機関誌128号2011年9月) あなたにとって効果的だと想う、“褒め叱り”とはどの様なものですか

記事を読む

経営者だからこそ考えたい本気

1.経営者が考える本気とは何か 先日、経営者のある集まりで、「本気とは何か?」という話題で盛り上が

記事を読む

no image

ストレスは、あっていい!!

(機関誌76号2007年4月) あなたは、新しい出会いや取り組みを、「有益なストレス」として楽しん

記事を読む

パートナーシップ(相手との関係創り)は、自らの姿勢を正すことが第一歩

1.「人としてどうあるか」経営者として今一度考える 先日、尊敬するある経営者を埼玉県に訪れた。ひざ

記事を読む

【変革型リーダーの挑戦事例】変革への抵抗とは何か?どう捉えるのか?

1.ある変革型リーダーの挑戦事例 ある業界で変革を生み出すリーダーから、原点を見直す意味でとても意

記事を読む

【人間力開発】イメージを払拭する意味は? どの様な力が引き出されてくる?

1.これまでのイメージを払拭し、イメージの力を味方につけた事例 テレビで女子マラソンを見ていた時の

記事を読む

no image

多くを実行しようと頑張り、どれもが中途半端になっていませんか?

(機関誌33号2003年9月) 優先度の低いことはやらないという勇気ある決断が、成果を確実にする!

記事を読む

うまくやろうとするな!ーー後継者が人前で話す時のこの工夫が、社員の心が揺さぶられる言葉に結び付く

1.後継者が社員や多くの人前で話す時のコツ 後継者の方ばかり10名程の会合に、ゲストとして参加させ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑