20131204

経営者に必要なノウハウ

人がついてくる7つの口癖「弱点・欠点」

リーダシップとは?

目的・目標実現のための対人影響力!

だとすれば、部下や社員を育てる際、どの様な言葉を投げ掛ければいいか?

また、どの様な言葉は控えた方がいいだろうか?

上から目線で部下に対して、「それって弱点・欠点」と、言っていないでしょうか?

部下を叱る時、弱点・欠点・短所という言葉使っていませんか?

水野秀則
皆さん、こんにちは、経営コンサルタント®水野でございます

今回のシリーズ「人がついてくる7つの口ぐせ」ということで、

「弱点・欠点」についてお送りします。

部下がその事実を受け止め、前向きになれる指摘方法

今回 取り上げる口癖は、

「それって君の弱点だよ」

「欠点だよ」と、

こういうテーマでございます。

どうでしょうか?

自分が言っているときは、意外と気づかないんですけれども、

言われた相手 スタッフや部下からすれば、すごくドキッとする言葉ではないでしょうか?

ですけれども我々は 上長として、意外とこういった言葉を、

知らないままに 気づかないままに、意外と使ってるのかもわかりません。

冷静になると「申し訳なかったな」と、

「もう少し言い方があるんじゃないかな」

と思うわけなんですけれども、

意外と我々は使っているのかもわかりません。

そこで この言葉を、どのように言い換えたら効果的だろうか?

ということで皆さんに案を、出して頂きたいなと思っております。

肯定思考・未来志向・行動・言葉

これまでの口癖シリーズを聞いて頂いた方、

見て頂いた方であれば、お分かりかと思いますけれども、

  • いかに肯定思考で伝えるか?
  • いかに未来志向で伝えるか?
  • いかに行動につながるような?
  • 言葉にして伝えるか?

こういったところがポイントではないでしょうか?

どんなものが出てまいりましたでしょうか?

私からはズバリ、

「伸びしろ」

この言葉でございます。

「弱点」ではなくて、

「欠点」でもなくて「伸びしろ」

あるいは成長課題という、言い方はいかがでしょうか?

これも私や私の周りの方々と一緒に進めてきて、効果が上がったものでございますので、

これが正解とか これが間違いないよ、ということではございませんので、

使ってみてまた皆さんのご意見を、聞かせていただきたいなと思っております。

それでは実践あるのみでございますので、

自分自身の口癖に気づいて、それを1つでも変えていければ、

少なくとも1つ2つと、変わっていくのではないでしょうか?

最後にいつもお伝えしている言葉ですけれども、

「過去と他人は変えられない」

「変えられるのは自分と未来」

これを一緒に、違いを生み出してまいりましょう。

自分に矢印を当てる、これに取り組んで参りましょう。

ありがとうございました。

まとめ

部下を叱る時に使ってしまいがちな、弱点・欠点・短所という言葉 

  • 叱られて育ち打たれ強いリーダー・上司と、親からも叱られたことがないスタッフ・部下とのギャップ
  • パワハラやハラスメントは、相手がそれを聴いてどう感じるか
  • 本人からすれば、ドキッとする言葉 「それって君の短所だよ

子供の成長を願う親の気持ちと、同じ言葉

  • まだまだ、伸び盛り、弱点や欠点は当然あるよ
  • 無い方がチャレンジしてないかも
  • 上司は、部下の長所発見業!
  • 伸びしろ
  • 成長課題

水野からの問いかけ

水野秀則

  • 伸びしろという表現を使ってみて、部下の反応は?
  • 口ぐせは変えたが、あなたの部下へのスタンスは?

YouTubeでも詳しく解説しています

今回の、「人がついてくる7つの口癖「弱点・欠点」」について、

YouTubeでも、わかりやすく解説しています。

ぜひ、動画でも「人がついてくる7つの口癖「弱点・欠点」」について理解を深めてください。

組織力とは-チームワークとの違い
組織力とは?チームワークとの違いについて

組織力…。 リーダーとして何としても、手にしたいもの、 それが、組織力ではないでしょうか? 「よく似た言葉でチームワークとは、何が違うんだろう」 「組織の力って、日本人は得意種目と聞いているが、自社は ...

続きを見る

-経営者に必要なノウハウ
-, , ,