おススメのビジネス書

〇〇〇〇リーダーシップ、あなたは何が浮かびますか?

リーダーシップと聞いて、どの様なスタイルが脳裏に浮かんできますか?
引っ張り型、状況対応型、変革型、専制型、支援型等々。
今回は様々リーダーシップスタイルがある中で、組織のリーダーとして触れてもらえればと願う
書籍をご紹介させていただきました。
キーワードは、①サーバントリーダーシップ ②増幅型リーダーシップ ③1分間リーダーシップ等です。

皆さん こんにちは 水野です。

今回はリーダーシップがテーマです。

次世代を担う若い後継者の方や、新任の役員や組織の長から
お聞かせいただくご相談で多いのがやはりこのリーダーシップです。

先ずはリーダーとして、リーダーシップを開発していくにあたり、
自分にリーダーが本当の意味ではたして務まるのだろうか?
という不安です。

そして、ここを乗り越えて、2番目に来るのが
どの様なリーダーシップスタイルを身につけていけばいいのか?
という試行錯誤しつつある取り組みについてです。

特に、この2番目のリーダーシップスタイルについて
取り上げていきます。

これまでこのブログでも、

1.リーダーシップは開発可能なセンスであり、能力であること

2.様々なリーダーシップスタイルがあり、どれがよくてどれが悪い
というものではないという点
(唯一、正解があるとすれば、自分が決心し覚悟を決めた
リーダーシップスタイルが正解。
さらには成果があがったものが正解とする実践主義の考え)

3.ご紹介したリーダーシップスタイルとして、
①響き合うリーダーシップ ②EQリーダシップ 等、ご紹介してまいりました。

今回、加えてご紹介したいのは3つのリーダーシップスタイルです。

①サーバントリーダーシップ
これはリーダーであれば一度は耳にされた言葉だと想います。
専制型リーダシップや押しつけ型リーダーシップではなく、
メンバーを中心にすえ、メンバーの力をいかに引き出すか
を世に問うリーダーシップの考えです。

支援型リーダーシップが個性とマッチするという方には
ぜひ、この考えや価値観を学ばれることをお薦めします。

特に、理論的な本よりも、小説仕立てで
強く印象に残ったのがこの考えであり書籍です。

 

②増幅型リーダーシップ
このリーダーシップスタイルをとる人を、増幅型リーダーと名付け、
消耗型リーダーと対比することで、その違いがわれわれに鮮明に伝わってくるものです。

この考えに触れた瞬間、どのリーダーも、自分は部下の力を消耗させていないだろうか
と自省の念に駆られる(笑)ことは間違いない様に感じます。

全米ベストセラーが、今年(2015年)4月に翻訳出版されたもので
以下ご参照ください。

 

③1分間リーダーシップ
このリーダーシップスタイルは、私自身が20代の後半に強く影響を受け、
海外駐在時や日本に帰国して組織の長として駆け出しだった頃、
実践して成果があがったものです。

その新装版が今年5月にでて、さらに読みやすくなりました。
まさに実践の書です。
一緒に1分間立ち止まり、共に高め合いましょう。

今回は3つのリーダーシップスタイルをご紹介しました。

読者の皆様はリーダーシップと言えば、その前にどの様な文字が
浮かんで来たでしょうか?

ぜひ貴重なご意見をお寄せいただければと感じます。

理論が先にあるのではなく、
実践を体系的にまとめたのが理論ですので。

実践で成果があがったものが、
一人ひとりその人にあった最もふさわしいリーダーシップスタイルだと想うので。

(水野秀則)

-おススメのビジネス書
-

Copyright© e-経営者.com , 2019 All Rights Reserved.