たかが資格、されど資格、”マネージャー検定”受検から得ることができた収穫

公開日: : 最終更新日:2015/11/19 経営者力を高めるコラム ,

Pocket

マネジメントの発揮!
経営者として、組織のリーダーとして、この力を高め
組織やメンバーに役に立ちたいと、誰もが願っている。
自分の現状を深める1つの入り口として、
自らが取り組んだ”マネージャー検定”
その受検で得ることができたことを体験発表させて
いただきます。

皆さん こんにちは 水野です。

以前のブログでお伝えしていました
東京商工会議所主催の”マネージャー検定”

合格発表も終わり、第1回を受けられた方は
どの様な感想をおもちでしょうか?

また、受検されていない方は、身近な方で受けられた方から
どの様な印象を聴いておられるでしょうか?

もちろん結果に一喜一憂するのではなく、
実践型リーダーとして現場の実務に照らし合わせて
その効果や学びをきっと振り返っておられることと感じます。

(あくまでも参考ですが、全国で約700人が受け合格率72%、平均点76点)

DSC_0893

資格や検定受検について、よく耳にすること。
「資格をとってもね、、、」「要は実践でやっているかどうか」
「頭でっかちになっても意味がない」

そうですよね!
もちろん取るのが目的でなく、現場の実践に活かしているかどうかが問われるもの。
あくまでも自己を振り返る1つの入り口であることは確かかもしれません。

そこで今一度、今回の検定や、広く資格というものに挑戦することの意味を
この機会に振り返ってみました。

そこで、東京商工会議所のwebにあるこの検定の紹介文を
先ず味わってもらえればと感じます。

それは、
管理職の土台作りをサポートする

マネジメントの知識を体系的に身につける

この検定を受ける意味が明確に書かれてあったと、
受検後の振り返りの中で私もはたと気づきました。(笑)

この2つのメッセージの中で、特に感じるキーフレーズは、
管理職』という言葉と、『体系的』という言葉です。

当初感じていたのは、
今さら管理職向けの検定を受ける、、、、
という、いかにもおごった考え方があったことも白状します(苦笑)

受験準備に取り組む中で、

「経営者も、マネージャーの一人」

「中国語で、経営者のことは総経理(ツォンチンリ)だけど、部長のことは経理(チンリ)っていうじゃないか
(部長の中の大将が社長、当然部長クラスのことは知っている、できている、やっている、ことが大事)」

身近な経営者も幾人かが実際受検されたりする中で、

受けてみたら!と言うのではなく、自らが受検して、
その結果で周り(自社の管理者)に影響を与える

体験する前から、評論家みたいに資格うんぬんと言った
理屈を言っていても仕方がない(それこそ実践型リーダーではない)

等々、受検段階での姿勢(スタンス)の大切さも改めて学びました。

そして、この体系的というのが
やはり最も響いた受検の収穫であった様に感じます。

(マネージャー検定という)モノサシをあてて、
自分の現在地(マネージャーとしての実践での特性・強み弱み等)を正確に把握する。
これを実感として感じ取れたことがとてもよかったと想います。

人はどうしても育ってきた職場環境や、これまでの体験で
どうしても凸凹があるものです。

マネジメント、、、

知っている様で、実践している様で、
我流になっていませんか!

強みは使っているけど、弱みの強化は怠っていないか!

という檄をとばされた感じです。

型破りを目指していて、いつしかそれは型くずれになっていたのではないか
と大反省するものでした。

第2回の検定は、12月20日(日)です。
年末の慌ただしい時期ではありますが、
私の周りでもエントリーされる方が増えています。

申し込み期日は、11月6日(金)までです。

実践型の組織リーダーとして
自分自身を体系的に振り返ることができる取り組み。

ぜひ実践型リーダーとして先ず自分の日頃の姿に気付き、
組織への貢献度を今一歩高めませんか!

DSC_0891

<問い掛け>
あなたはどの様な取り組みで、己の姿を浮き彫りに
されているでしょうか?

<今日の言葉>
『我流は芸の行き止まり』
『芸事は、守破離(しゅはり)』
『型くずれでなく、型やぶり』

(水野秀則)

Pocket

関連記事

リーダーシップを開発する上で、経験が少ないことを強みにする簡単3つの方法 vol.6

新任のリーダーになった時、誰もが経験や知識が充分あったわけではない。 この様な時、部下や後輩にリー

記事を読む

2014年の御礼と2015年のご挨拶

2014年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧いただき、ありがとうございます。

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その1「問題」 vol.2

後継者・次世代幹部として、会議やミーティングを主宰したり、参画されることが多いのではないでしょうか。

記事を読む

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではないか? それよりも職場で日常多

記事を読む

辞めない新入社員が「不満は自分がつくっているかも?」と気づく上司からの一言 vol.7

 新人の不安や不満にどの様に向き合っていますか?   新人が抱える不安、それが高じて不満になり

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半 vol.5

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ後継者・次世代幹部にとって、こ

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」 vol.4

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部下がそうせざるを得ない、質問を

記事を読む

リーダーシップのあなたのモデルは誰でしょうか vol.4

あの人の様なリーダーになりたい。 リーダシップ論をあれこれ語らうことも大切な時もあるでしょう。

記事を読む

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパワハラセクハラという声が聞こえ

記事を読む

リーダーシップ開発とは何か? ~若手経営者や後継者にいま求められるもの~ vol.1

リーダーとして、組織を引っ張っていきたいと願う。 だが、自分にその力があるのか、やれるのか、不安に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

会議で眠い素振りに気づいた時、リーダーができる進め方改善 5つ目【快議】

会議の雰囲気はどうでしょう? 「ついつい自分には関係ないと感じる時が

会議で決まらないのは、なぜかわかりますか 4つ目【回議】

会議で同じ議題がまた出てきて、決まらないことないでしょうか? 「この

会議の改善点を洗い出すには、ぜひこの視点を! 3つ目【悔議】

会議での討議は、過去のこと、今のこと、未来のこと、どの時点の話が多い?

会議の時間生産性を高める、今日からできる1つのこと 2つ目【戒議】

毎月、毎週ある会議、生産性高めたいですよね? 「会議を主催するトップ

会議体の見直し、カンタン即取り組める7つのポイント 1つ目【貝議】

会議と聞いて、湧いてくるイメージは? 「また会議、時間がないのに」

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑