梅雨時で停滞しがちな今のこころを、未来の力に変える2つのテーマ!

Pocket

梅雨時の雨。
ついつい不快な気持ちになったり、
屋外で取り組みたいことができずイライラが、、、、。

誰にでもあるこの梅雨時の停滞しがちな気持ちを
どう高めていけばいいのか?
一日24時間、年間8760時間全力投球している
リーダーとしてのあなたならどの様にされますか?
今回は、この時期にしかできないある取り組みを提案します。

みなさん、こんにちは 水野です。
今回はリーダーとして、梅雨時を快適にどの様に乗り越えるか
という1つの取り組みです。

しかし、我々はリーダーです。
単に梅雨時の”表面上”の快適さの追及といったテーマを、
今回一緒に学ぼうとしているのではもちろんありません。

梅雨時期といった与えられた環境をいかに味方につけるかといった、
”本質的”なテーマを一緒に学んでいけたらと感じております。
リーダーは変えられない外部環境(今回の場合であれば梅雨という自然現象)
にむしろ挑むのではなく、その環境を受け入れいかに味方につけるか!

これまで数多くの経営者の方々に、こういったスタンス(環境の受け入れ+変えれるものに注力)を
叩き込んでいただき、テーマに取り組む前段階の判断基準になってきています。

変えられないものは受け入れ、変えられるものから変えていく!
この言われてみれば当たり前のことを
「梅雨時にいかに前進する力を生み出すか」
というテーマで書き進めていきます。

まずは、この問いかけからです。

梅雨時は毎年いつ頃でしょうか?
というものです。

縦に長い日本列島、場所によっては
もちろん時期に多少の違いはあるかとは想います。

が、だいたい6月下旬から7月上旬ですよね。
そこで、この時期を今一度見つめていただき
何か感じませんか?
というのが2番目の問いになります。

、、、、、

どうでしょうか?

はい、それです(笑)。

梅雨時のキーワードは、雨が多いということと共に、

1年の折り返し地点に当たるということです。
企業の事業年度は各社様々あれど、
人生の1年間は誰しも1月から始まり12月に終わります。

ということは、
今年の前半戦の振り返りと
後半戦の計画を見つめ直す、いい機会だと想いませんか?

そこでこの梅雨時の私からの提案は、
雨を見れば、「前半の振り返り」と「後半の計画」に想いをはせてはいかがでしょうか?
というものです。

そして、外に出ることが制約を受けたり億劫になったりすることを
逆手に活かし、屋内で2つのテーマを見つめてみてはいかがでしょうか?

参考までに
人生のテーマ(リーダーとしての自己啓発)で
今年の前半の目標は以下の2つでした。

① 第68回富士登山競走の頂上コース完走できるだけの体力・集中力・持続力づくり(7月24日本番)

② EQ公認プロファイラー資格取得による、こころの知能指数やストレス耐性の実践力アップ(取得は完了、実践中)

また、年の後半の人生面での目標は

① 第5回大阪マラソンが当選したので、完走し脚が動くこと健康でいることを母や家族・仲間と一緒に喜ぶ(10月25日) 
※メジャーなマラソン大会初参戦(笑)

② ビジネスマネージャー検定取得を通じて、リーダーとしての体系的理解と実践 (7月19日)

梅雨時のジメジメした気持ちも年前半の的確な振り返りを行い、
後半の目標設定を明確におこなえば我々のこころも自然と軽やかになると想います。
ぜひお取組みを!
では、皆様との設定テーマに関しての情報交換を
愉しみにしております。

「人は自分にもっとも嘘をつきます」
だからこそ、目標を我々仲間・同志で共有・共感しませんか?

そこから、ただ何となく生きているということや、
決めっぱなしに歯止めが掛かり、目標実現に近づくのは間違いないことですから。

ありがとうございました。

水野秀則

Pocket

関連記事

リーダーの資質に必須な積極性を高める、超カンタンな取り組み<1>

  積極性。日常で人を形容する時によく使う言葉です。 本当の意味で自分には積極

記事を読む

重い社内会議は、名称からおもしろいものに転換する2つのポイント 7つ目【皆議】

ネーミングが大事な時代、会議の名称ってどうなっていますか、? 「機能別では、経営会議、営業会議、生

記事を読む

辞めない新入社員が、研修で身につけた不安や失敗に負けないこころ vol.3

 不安や失敗に立ち向かう、  強い人材を育てるにはどうすればいいか?  チャレンジする人、挑戦す

記事を読む

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏

連載「新入社員が中小企業を変える?!」第1回(Part 1)新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『

記事を読む

伝えるでなく、伝わる話し方が、組織力を高める【6】

伝えても伝わらない経験、多いですか少ないですか? 「ついつい『前も言ったけど』と、部下に言ってしま

記事を読む

組織力とは何か チームワークとは何が違うか 【1】

組織力、、、リーダーとして何としても、手にしたいものではないでしょうか? 「よく似た言葉でチームワ

記事を読む

『ある会社の営業所長研修ご支援から学ぶ、わかっていても陥りがちな指導スタイル』

皆さん、こんにちは 水野です。 8月に入って暑い日がさらに続いていますが、いかがお過ごしでしょ

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、ビリギャルを育てた坪田先生の才能の正体(2冊目後半) vol.6

 ビリギャルの坪田先生に才能の正体を学ぶ!   部下育成でとても参考になります。  尊敬する社

記事を読む

チームビルディングミニ研修 ~具体例に学びリーダーが、日常で簡単にできる2つの方法~【4】

チームビルディング、日常で何をやっていますか? 「チーム力を高めたいと思えど、意外と日常でと言われ

記事を読む

新入社員が人間関係に不安を感じない、上司からの声掛け vol.5

 新人の多くが抱く不安って、何だと思われますか?    職場にうまく溶け込めるだろうか。  上司

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑