マネージャーとの違いで顕わになる、リーダーが陥りがちな1つの感覚

公開日: : 最終更新日:2015/06/26 経営者のための読書実践【書評】

Pocket

マネージャーとリーダーの違いは?
と、聞かれてあなたならどの様に応えますか!
今回は意外と知られていない私のお気に入りの本から
その大切にしているポイント厳選1つを一緒に考えていきます。

みなさん、こんにちは 水野です。
前回に引き続き、組織をまとめる長として
何が大事かを深めてまいりましょう。

今回は、マネージャーとリーダーの違いです。
私がご支援しています、役員や管理職向けの研修等でも
よく題材にするものです。

マネージャーと聞いて、どの様な方をイメージするでしょうか?

リーダーと聞いて、どの様な方をイメージするでしょうか?

そして、この二者の違いは、と聞いて
どの様な言葉が浮かんでくるでしょうか?

まず、その違いを明らかにする前に、
どの様な理由でこういったことを問い掛けるのか
に少し触れさせてください。

コンサルや研修で、第一線の方々と語り合う中で、
よく耳にすること。

組織の長として、強いチームにするには何が大切ですか?
指示命令で動き始めるのではなく、自ら感じ動き始める組織にしたいが、、、
等々。

今回、このマネージャーとリーダーの違いを理論的に
解き明かすことを意図しているのではありません。
現場のお困りに対して、1つの提案をしたいと考えています。

違いを浮かびあがらせるのが本意ではなく、
違いを深める中で、長として明日から実践できる行動課題を明確にしたいと願っています。
もちろん言語的な探求や、言葉遊びをしている訳でもありません。

皆さん一人ひとりが、このマネージャーとリーダーの違いを
自分なりの言葉に形にする上で、ぜひご活用いただきたい本があります。

タイトルが今回のテーマそのものです(笑)
いい本なのに、意外と手に取っておられる方は少ないと感じています。

 

この本は全体的には、リーダーシップとは何かを
深く見つめる本です。
それも押しつけの理論ではなく、
自分スタイルのリーダーシップを生み出す手助けを進めてくれるものです。

「話すのが苦手だし、自分にリーダーができるだろうか?」
「リーダーシップの講座や本も数多く触れたけど、自分には今一つ合わない」
等々を感じている方に、お薦めしているものです。

しかも、今でこそ増えましたが小説仕立てで、
主人公がリーダーシップに悩む中で、徐々に成長していく物語りで親しみ易い内容です。

さらには、薄くて字が大きい(笑)。

今回のテーマである、
マネージャーとリーダーの違いについても、
前半部分で既にわれわれにメッセージを明確に贈ってくれます。

マネージャは、リーダーシップに比べ
〇〇する感覚が強いと想います」と、主人公の言葉で述べる場面が登場。

〇〇にあなただったら、何が浮かんできますか?

しっくりする言葉がでてきますか?

 

著者は我々に、

支配」という二文字を、明確なメッセージで
強烈に与えてくれています。

リーダーは支配しない。

マネージャーは支配に陥りがち。

当時、このメッセージが心に強く残り、
その後のリーダシップスタイルが変わった覚えがあります。

また、戻っていないことを願うばかりですが、、、、苦笑

今、組織の長として現場展開をされる
あなたがこの「支配」という二文字を聴いて何を感じるでしょうか?

明日からのリーダーシップにどの様な違いが出て来るでしょうか?

今回もご一緒に深めていただき
ありがとうございました。

水野秀則

Pocket

関連記事

経営者のための読書実践【書評】

『マネーの公理』でお金との付き合い方に気付く!

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール posted with ヨメレ

記事を読む

メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<1>

皆さん、こんにちは 水野です。 よく経営者や組織のリーダーから、 「メンバーに伝えても伝わら

記事を読む

リーダーシップに結び付く、営業力がたった1分で変わっていく!ビジネス書おススメこの2冊

こんにちは! 水野です。 “本が苦手なんですよね、小説はまだしもビジネス書は・・・” と

記事を読む

財務諸表を別角度から見つめるある提案

財務諸表と聞いて、どの様なイメージが膨らむでしょう? 得意/苦手、さらには面白い/嫌い等々

記事を読む

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

リーダーシップが高まるビジネス書、2019年新春に読む新刊7冊 (はじめに前半) vol.1

 2018年の新刊ビジネス書、あなたのランキングは?  中小企業の後継者を育成してしまう、素敵な本

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、2019年 戦略だとどれか(3冊目前半) vol.7

 戦略という言葉は知れども、わが社では何をすること?  戦略の大家コトラーや、ブルーオーシャン戦略

記事を読む

右腕になりたいなら『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、ピョートル氏の0秒リーダーシップ(7冊目後半) vol.16

 今のリーダーシップスタイルや、  そのスピード感、いつまで続ける?   短期間でベストセラー量

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑