なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

公開日: : 最終更新日:2015/11/19 経営者のための読書実践【書評】 ,

Pocket

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン!

それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

これだけでも私はそそられてしまいました。(笑)

 

オーラを発し、人を自然と惹きつける力とはいったい何なのか。

人を魅了してやまない真のブランドとは? モノづくりの神髄とは?

日本人の技は米独伊と何が決定的に違うのか?

その一つひとつの明確な応えを我々に与えてくれる、

変革を生み出し続ける素敵なリーダーの本質を感じる発見が

沢山ありました。

 

皆さん、こんにちは 水野です。

今回は工業デザイナー、特にカーデザイナーで

世界的に著名な奥山清行さんのお話です。

その人物や想いをつづった書籍「伝統の逆襲」から感じた内容です。

IMG_2829

経営者やビジネスリーダーから見れば、

営業や人事、財務は比較的身近なテーマの様に日々の活動の中で感じています。

しかし、デザイン・設計と言えば専門家任せだったり。

大切なものと想いつつも、意外と遠い存在になっているものではないでしょうか?

ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、ライフデザイン等々、
デザインという言葉を日常や仕事でも使ってはいます。
でも、そのデザインという言葉に込められた本質について、
はっと気づかせてもらえる熱い語り。

・デザイナー(コンセプター)の本来の役割は、
ものづくりをして、その物語性を含め、世界とコミュニケーションすること。

・イタリアの職人は、自分にしかできないことを探す。

・世界に誇る切り捨て(?)の文化、日本。

・日本を表現する2つのキーワード、想像力(思いやり)と自己犠牲(全体をいかす)

・仕事の3つの絶対条件、自分の学び、相手の求め、楽しい。

・いらないけど欲しくてしかたないもの、をつくる。
そして、冒頭のマセラッティやフェラーリーに買いが殺到するのは、、、

・真のブランディングが存在しているから。

・真のブランディングは
「いくら払っても、周りが何といおうとも自分は買う」と、顧客に納得させること。

・ものづくりが色褪せることなく、コモディティ化を防ぐ方法がここにある。

 

これらの力強い言葉に勇気を与えられ、それを私だけのものにしてはいけない。

 

DSC_0382

*トリノを本拠地とする世界的に著名なデザイン会社「ピニンファリーナ」

その時代に手がけたマセラッティのボディにロゴが光る。

 

皆さんは

1. 熱い想いの言葉、本質を見抜いた言葉の数々に何を感じられ、
2. 明日からデザインという言霊を使う時に、
何を周りに伝えていかれますか?

最後に奥山さんと懇意にされ、この熱い本もご紹介いただいた
経営者にお礼を申し上げたいと強く感じています。
『ありがとうございますっ!!』

水野

 

Pocket

関連記事

上司にとってのこの1冊(「上司のための心理学」)

たかが本、されど本。あなたにとって本は身近でしょうか? 本が嫌い、本を読まないというリーダーも

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、自分の言葉の語尾に着眼してみて

記事を読む

サーバントリーダーシップ

〇〇〇〇リーダーシップ、あなたは何が浮かびますか?

リーダーシップと聞いて、どの様なスタイルが脳裏に浮かんできますか? 引っ張り型、状況対応型、変革型

記事を読む

ビジネス書が苦手な方に薦める想い出のこの2冊

こんにちは! 水野です。 “本が苦手なんですよね、小説はまだしもビジネス書は・・・” と

記事を読む

リーダーのタイムマネジメントに効く書籍、カエル?

こんにちは 水野です。 みなさんは、「忙しい」「時間がない」という言葉を、 日頃どのくらい口

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

『マネーの公理』でお金との付き合い方に気付く!

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール posted with ヨメレ

記事を読む

「あなたの意思はどのように決まるか?」に学ぶダニエル・カーネマンの神髄

ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか? pos

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <2>

ビジネスを快適にするギア! ここに興味を惹かれる方をとりこにする ハーマンミラー社のアーロンチェ

記事を読む

ドラマ『下町ロケット』リーダーの想いを組織力にいかに高めるか?

いよいよ、あの原作のドラマが、TBS日曜劇場で第一回放映。 『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

「海賊とよばれた男」で感じる、自らの(事業の・仕事の)スタンス

海賊とよばれた男 下 posted with ヨメレバ 百田 尚樹 講談

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その2「クレーム」

われわれ後継者・次世代幹部にとって、ドキッとする言葉に「クレーム」があ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その1「問題」

後継者・次世代幹部として、会議やミーティングを主宰したり、参画されるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑