後継者でつらいと感じたら、名言『苦しい時は上り坂』でバランスを!

Pocket

1.中小企業の後継者が陥りやすい「過小評価症」という事例

「ずいぶん燃費効率の悪い生き方をしていました!」

ある後継者から送られてきた電子メールの一行が、私の目に飛び込んできた。 それは、私が後継者に宛てたメールの「社会で『過食症』が話題になっているように、最近『過小(評価)症』があるのでは・・・。何をどれだけやっても、自分のことを小さく扱ってしまう人がいるのではないだろうか」、に対する返事の一部であった。

この後継者は私の投げ掛けに対して「自分も『~かもしれない』『~するのでは』という言葉を必要以上に用いて、現実には起こる可能性の低い空想をふくらませ、あげくのはてには不安を自らがあおっていた。言うなれば、『マイナスの想像(空想)の種を蒔(ま)いて、やれないのではという不安の実(み)を収穫する』というようなばかげた考え方を『努力』して繰り返していました。」と、自分自身を冷静に見つめられたのである。

また、別の方からは同じ投げ掛けに、次のような返事をもらった。

「これ、僕もよく言われるんですよね。うぬぼれ屋になったりせずに、常に向上心を持とうとすると、勝手に付いてくるオマケみたいな・・・。上を目指しているから、『卑屈』では無いのですけどね。」

2.事業のブレーキとアクセルのコントロールを上手に!

「燃費効率の悪い生き方・・・」「勝手についてくるオマケ」等々。自分のこれまでの様々な体験に照らすことで私も「本当にそうだなぁ~」と、率直な気持ちが湧いてきた。

そして、人生を車に例えて、さらに私なりのイメージが浮かび上がってきたのである。「ブレーキ(不安・否定感)だけでは車(人生や事業承継)は前に進まない。 かといって、アクセル(安心・慢心(おごり))だけだとスピード違反になるし、何よりも事故を起こしてそこで終ってしまう。 ブレーキとアクセルがあるから、カーブ(つづら折れの人生の道)を正確に速くまわることができる」と。

3.ブレーキとアクセルのバランス点検は、後継者・リーダーのの口ぐせ点検から

こうして私は以前にも増して、ブレーキ(不安)とアクセル(安心)のバランスの重要性を実感するようになっていた。時おりハンドブレーキを引いたままで、必死に自分を前に進めようとしている、まことにバカげた姿が見えてきたこともある。また逆に、有頂天になってアクセル(安心・慢心)を踏みすぎ、壁に激突しそうな自分が見えたこともあった。

人生や事業でのブレーキである自己不安感。ブレーキがきき過ぎてしまった自己否定感。人生や事業のアクセルである安心感。アクセルを踏み過ぎた慢心(おごり)。ブレーキとアクセルのこの微妙なさじ加減を、置かれている状況や、今の自分の気持ちに応じて常に調整するようになったのもそういう自分の姿に気付いたからである。

また、「日常何げなく使っている言葉が、意外にも自分の行動をかたち作っている」と、感じたのもその頃であった。そして、「最近よく使う口癖は何だろうか」とそこに注意が向くようになったものだ。ブレーキの意味をもつ「~はずがない」や「~かもしれない」という口癖と、アクセルの役目である「~だろう」や「~ちがいない」という口癖のどれが多いかで、自分のこころのバランスがとれているかどうかを感ずるようにもなっていた。

「人生はバランスが大事だ」という想いが確信に近づいた貴重な瞬間であった。

4.「苦しい時こそ、人生の上り坂」チャレンジしている自分を承認しよう!

日常の志(仕)事の場面で、不安な気持ちがつのってくる事は実に多い。特にこれまで経験のないことや、大きな目標に挑戦する社長や後継者はこの傾向が強いのかもしれない。

このように不安を感じた時や、何かの失敗で落ち込んだりした時、つまり「ブレーキがちょっときき過ぎているなぁ」と感じた時、私は次の言葉を思い出すようにしている。

苦しい時こそ、人生の上り坂だ」。経営者・後継者にとって、何かにチャレンジしているからこそ苦しいのだ。苦しいということは、間違いなく必死にチャレンジしているからだ。自分を承認しよう。

上り坂だから、チャレンジしているからこそ、不安は襲ってくる。その不安をいったんは不安として素直に受けとめる。それは攻めているから、向上心をもっているから、そして新たな突破口を創ろうとしているから起こる自然な感情なのだと自分のこころに言い聞かせる。「不安は誰もがもつ感情なのだ」「今の自分の気持ちでいいんだ!」とブレーキを緩め、少しアクセルを踏み込むようにすると見える事業の世界が不思議と変わってくる。

曲がりくねったつづら折れの人生の道も、こころのアクセルとブレーキをバランスよく働かせることで、着実に駆け上ることができる!

あなたご自身は何を感じ、どのように進めておられますか?

5.事業の運転バランスを整える、後継者・リーダーのあなたへの言葉

  • 「マイナスの想像(空想)の種を蒔(ま)いて、やれないのではという不安の実(み)を収穫する」
  • 「過小(評価)症とは、向上心を持とうとすると、勝手に付いてくるオマケ」
  • 「否定感⇔不安⇔安心⇔慢心(おごり)のバランス」
  • 「「~はずがない」⇔「~かもしれない」⇔「~だろう」⇔「~ちがいない」のバランス」
  • 「人生や事業はバランスが大事だ」 「苦しい時こそ、人生の上り坂だ!」

6.後継者・リーダーのあなたへの問い掛け

  1. あなたの人生や事業で、アクセル・ブレーキのバランスはいかがですか?
  2. あなたはリーダーとして不安な気持ちが湧き上がってきた時、どう対処されておられますか?

(2019年3月9日リライト)

Pocket

関連記事

no image

出来なかったことを叱るのではなく、やらないことを叱る!

(機関誌128号2011年9月) あなたにとって効果的だと想う、“褒め叱り”とはどの様なものですか

記事を読む

経営者の健康管理、その意識と行動が豊かな事業繁栄の礎になる!

1.経営者が心の引っ掛かりが取れた、傾聴の事例 ここ数年、こころに引っ掛かっていたものが先日完全に

記事を読む

no image

3つの“込み”――思い込み・抱え込み・しり込みに歯止めを!

(機関誌112号2010年4月) あなたが新戦力とともにさらに成長していくスイッチ(突破口)は何で

記事を読む

no image

こころの底からの”実感”なくして、徹底した”実行”は生まれない

(機関誌6号2001年6月) しみじみ感じ「得心」したことは、その人の生き様そのものを変える 

記事を読む

no image

人が影響を受け動き出してしまう“コミュニケーションのポイント”!

(機関誌91号2008年7月) 人にアプローチする(接触)する時、あなたのくせはなんですか? 1

記事を読む

豊かさとは何か?~リーダーと共に気付き考える~

1. 名言「百里の道も一足から」を体験した事例 これまで毎月書き進めてきた弊社の機関誌が、第100

記事を読む

うまくやろうとするな!ーー後継者が人前で話す時のこの工夫が、社員の心が揺さぶられる言葉に結び付く

1.後継者が社員や多くの人前で話す時のコツ 後継者の方ばかり10名程の会合に、ゲストとして参加させ

記事を読む

no image

あきらめない心が、あくことのない探求心と自己革新を生む!

(機関誌58号2005年10月) 自分が自分にする言い訳は何でしょうか? 1.こんな出来事が! 

記事を読む

no image

不足を嘆くより、そのことにも感謝できる自分への転換を!!

(機関誌13号2002年1月) プラス意識とマイナス意識のバランスを心掛け、「こころのねぐせ」を直

記事を読む

no image

ストレスは、あっていい!!

(機関誌76号2007年4月) あなたは、新しい出会いや取り組みを、「有益なストレス」として楽しん

記事を読む

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑