経営感覚を磨くには?に応えるこの3冊

Pocket

こんにちは! 水野です。
しばらく間が空きましたが、経営者に関する書籍の情報を発信させていただきます。

今回は、次の様なお困りを寄せていただいた方に向けたご提案です。

それは、
「経営幹部との温度差を感じる時が続いたので、そこを埋める何かいい方法はないか?」
というものでした。

経営者と幹部とのギャップ、そこまでもいかないにしても温度差。

「どうしてそうやってしまうのか?」

「会社の方針をわかってもらえないのは何があるからだろうか?」

「日頃から判断基準を示すも、どうしてもズレてしまう、、、」

等々。

右腕や経営幹部に矢印を当て責めていても仕方がないので、私はよく経営感覚を磨く書籍の読み合わせをご提案しています。

よくご紹介するのが以下の3冊です。

1.経営センスの論理 (新潮新書)  楠木 建 (著)

2.経営に終わりはない (文春文庫)  藤沢 武夫 (著)

3.イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル (Harvard Business School Press)
Clayton M. Christensen (著)、Hal Gregersen (著)、Jeffrey Dyer (著)、櫻井祐子 (訳)

特に、経営者感覚の1つとして
イノベーションというキーワードについて
トップと幹部との肌感覚の違いを共に深めることをお薦めしています。

私なりの言葉で表現すると、

幹部は改善になりがちで、
経営トップは変革(イノベーション)を生み出す!!

ということです。

このイノベーションというキーワードの大切さは、
ドラッカーの著作等でも、お馴染みですよね。

ぜひこの3冊をもとに、

  1. 経営者の方には、経営幹部に感じるギャップ感の源をさぐって欲しい
  2. そして、そこから経営者として幹部に何を伝え、何を肌感覚としてもってもらいたいかを具体的な提案を
  3. 経営幹部の方は、トップとの違いは何かその感覚を深めて欲しい
  4. そして、今の自分に何ができるのか、やるのか、トップにも読むことを薦め、変革の一歩に

 

最初の2冊は、このブログでも

過去にご紹介させていただきましたので
合わせてご参考にしていただければ嬉しいです。

新書「経営センスの論理」から感じる、経営者感覚!
https://e-keieisya.com/2968

『経営に終わりはない』 経営者の右腕とは? 歴史的補佐役に学ぶ4冊
https://e-keieisya.com/2497

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

水野秀則

 

Pocket

関連記事

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

経営者として、今、あなたが読む本がわかります

水野の書評ブログをスタートいたします この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙

記事を読む

書籍「エスキモーに氷を売る」に学ぶ、革新の進め方

この書籍の副題は、魅力のない商品を、いかにセールスするか。 ただ、この本はセールス本として読む

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

新書「経営センスの論理」から感じる、経営者感覚!

経営センスの論理 (新潮新書) posted with ヨメレバ 楠木

記事を読む

リーダーのタイムマネジメントに効く書籍、カエル?

こんにちは 水野です。 みなさんは、「忙しい」「時間がない」という言葉を、 日頃どのくらい口

記事を読む

稲盛和夫氏からダニエル・ピンクまで!水野がご紹介させて頂いた書籍ご案内!

こんにちは。 フューチャサポートのスタッフ落合です。 読書の秋も後半戦。 この秋、皆様はど

記事を読む

「LEAN IN(一歩踏み出す)」「LEAP!(リープ)」で感ずる2つのL(Leadership・Love)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? たっ

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

「海賊とよばれた男」で感じる、自らの(事業の・仕事の)スタンス

海賊とよばれた男 下 posted with ヨメレバ 百田 尚樹 講談

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <2>

ビジネスを快適にするギア! ここに興味を惹かれる方をとりこにする ハーマンミラー社のアーロンチェ

記事を読む

村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう? 作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑