『ほんまもん(本物)』が、生まれ育(はぐく)まれる原点は何か

公開日: : 最終更新日:2013/11/14 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌11号2001年11月)
社会や周りが求めるものの実現を熱く願う姿勢の重要性

1.こんな出来事が!

 「あれ~っ 回る・・・回るわぁ・・・」、キツネにつままれた様な表情で、母が私の方を見上げながら発した喜びの言葉である。母は後縦靭帯硬化症という難病でここ十数年来、両足のしびれにより歩行が困難で、肩から体ごとねじらなければ、首が回らず振り向くことすらできない状態であった。その母が、私と共に訪れた東大阪の小林整骨院で施術が終ったとたん、いとも自然に首を回しているのである。私はその瞬間、これで母が体の不自由さと痛みから開放される予感と、確かな手応えを感じたのである。

 次に小林先生は「ちょっと立ち上がって頂けますか」と、施術後の確認のための指示を出された。その先生の言葉に、つえなしでは立ち上がることができないのを知っている私は、いつものようにつえを渡そうとした・・・「それ(そのつえ)はいいですから(いらないですから)」と先生は私を制止された。その数秒後「うわぁ~立てる。立てる」。しかし、母の驚きはこれだけですまなかった。

 さらに、先生から「次は、歩いてください」との指示が。・・・(まさか!)「あらぁ~歩けるぅ~。嬉しい。つえなしでこんなに歩けるの何年ぶりやろ~」母の喜びの声が、整骨院の中に響き渡った。

 これまで十数軒の治療所で様々な治療をしても一向によくならず、多くの人が長年かかってもできなかったことを一瞬にしてかなえるすごい場面に遭遇した私は、探し求めていたものにようやくたどり着けたという安どと共にとても興奮していたのである。

2.私の想い

 この整骨院は、私が今まで訪れた所とは明らかに違っていた。とても明るく清潔で落ち着いた雰囲気の院内、「おはようございます!」という元気な挨拶。施術士の方々のにこやかな笑顔。当たり前のことと言えばそれまででだが、こんなにも気持ちが安らぐ所はそうはないのでは~。

 私が他との違いを感じた極めつけは、院内の待ち合い室の壁に掲げてある小さな額であった。そこには『治療哲学』と題して、「必ず治すんだ!必ず治るんだ!施術をする側と、施術を受ける側の双方が熱い想いをもたなければ治療は決してうまくいかない。私も真剣に必死に取り組むので、真剣に挑んで欲しい」という意味の、患者と共に取り組む小林先生の治療への熱い想いがつづられていたのである。

 そこには腰や肩・首をはじめとする様々な痛みで苦しむ人を何とでしてでも救いたいという想いがあった。その想いは、その額のサイズとは対照的に、私の胸にズシリと響いた。そこに、社会や周りが真に求めるものの実現を願う『ほんまもん(本物)』の姿勢と行動がみなぎっていた。私はそこに、こころをゆさぶられたのである。

3.日々への影響

 ビジネスドクターとも呼ばれる経営コンサルティングを職業とする私は、異分野ではあるがほんもののドクターに触れた喜びが湧き上がってきた。「どのようにしたら患者さんの痛みを軽減できるのか」「患者さんに喜んでもらえるのか」という原点になる姿勢こそが大事であるとされる小林先生に改めて大きな教えをいただいたように感じる。それは、人と人とのつながりの原点は、温かいこころのふれあいであるということである。

 一人ひとりの患者の社会復帰・職場復帰を願う一念で取り組まれるからこそ、長く苦しい治療法の研究や習得を積み重ねられ、確かな実績と自信を築きあげられたのだと想う。

 母の治療を通じて私はプロとして、人間としてのあり方を、そして本物は本物によってのみ創られるということを学ばせて頂いた。

4.志(仕)事での実践

 今回の体験を通じて、自分の利を第一に考えるのではなく、社会や周りの人にとって真に必要なものを追い求めていく正真正銘の姿勢が大事なのであると、今更ながら強くこころに感じたのである。

 夏目漱石のいう『則天去私(そくてんきょし)』(自己中心的な考えを排除し、社会にのっとった考えで進めること)のこころこそが、ビジネスでも普段の人間関係でも大切なんだという想いがさらにふくらんできた。

 それはあらゆる場面で『このことは社会や周りに役に立つことだろうか』と自問し続けるということに他ならない。『ほんまもん(本物)』の姿勢か、『ほんまもん(本物)』の行動か、自らを常に自然体で振り返り、さらに高めていきたいものである。

 あなたご自身は何を感じられ、どのように進めておられますか?

5.毎日の言葉

  • 「人が長年かかってもできなかったことを一瞬にしてかなえる」
  • 「人と人とのつながりの原点は、温かいこころのふれあい」
  • 「則天去私(そくてんきょし)」
  • 「このことは社会や周りに役に立つことだろうか」
  • 「『ほんまもん(本物)』の姿勢か、『ほんまもん(本物)』の行動か」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたの『ほんまもん(本物)』のイメージはどういうものですか?
  2. あなたは本物の姿勢や行動を、どのように継続されていますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

組織のリーダー自らの変化と進化が、周りを本気にする!

(機関誌55号2005年7月) あなたはセルフコントロールができていると胸を張れますか? 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間効率=集中力×継続力 <愉しさ

(機関誌116号2010年8月) あなたにとって、“ストイック”という言葉のイメージはどの様なもの

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

「人生は有限、ロマンは無限」

(機関誌1号2001年1月) 人に宣言することが集中力と確かな実行を生み、自らの確認が前進と成果を

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

生かされている自分への実感と周りへの感謝が、人を大きく育む

(機関誌50号2005年2月) 自分にとっては当たり前だが、実は当たり前ではないことって何だろう?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

苦しい時こそ、人生の上り坂だ!

(機関誌8号2001年8月) つづら折れの人生の道を、着実に駆け上がるために、アクセルとブレーキの

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

怒ったら負け ━━ 自分のこころをいつも軽やかに!

(機関誌70号2006年10月) メンタルヘルス(こころの健康)は大丈夫? 1.こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

不慮の事故やトラブルも、実は自分がその種を撒いている!

(機関誌36号2003年12月) 健康を損なう時 ─ それは病気だけが引き金とは限らない 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

基本をあたまに、習慣をこころに!

(機関誌42号2004年6月) 怖いのは、我流と非継続 1.こんな出来事が!  先日、大切にし

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人の気持ちがわかるだけでなく、数字にも強い“バランスリーダー”を目指そう!

(機関誌75号2007年3月) あなたは「かんじょう」という文字を見て、どの漢字を連想しますか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自立型社員が育つ土壌づくりが、企業体力アップの決め手!

(機関誌51号2005年3月) あなたの会社にはどのタイプが多いですか? 1. こんな出来事が!

記事を読む

PAGE TOP ↑