おススメのビジネス書

財務諸表を別角度から見つめるある提案

投稿日:

財務諸表と聞いて、どの様なイメージが膨らむでしょう?

得意/苦手、さらには面白い/嫌い等々
我々、経営者や組織のリーダーにとって決算書、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー等々、
どれもが身近な存在でありたいもの。

そこで今回は、あのビル・ゲイツを抜き、
世界長者番付でトップになったことでも有名であるウォーレン・バフェット氏
財務や、ひいては経営に対する氏の着眼点を深める提案です。

ウォーレン・バフェット氏の名前を聴いて、どの様なイメージがわいてくるでしょう?
肩書で最もつくのは“投資家”という名称になるのでしょうか。
資産運用や株式投資をしない人にとっては、意外と縁遠い存在なのかもしれません。
しかし、彼は我々と同じ、経営者であるという紛れもない事実であり、そこから学べるものは極めて多いのです。

彼が、経営しているバークシャー・ハサウェイ社。
その経営権を取得して以降この約45年で、すさまじいばかりに企業価値を高めてきました。
それは、株価は約82万%超というイメージができない程の上昇を見ればわかるでしょう。

そこで今回は、経営者と投資家の両方の視点をもつ彼から、
何より、企業価値を創る経営者の視点だけでなく、
企業価値を吟味する視点から
財務であり経営を見つめることをご提案したいのです。

ずばり、この本を読むことのお薦めです。

そこには

大不況に陥った時、危機から脱出するための充分な収益力があるかどうか
ユニークな製品、ユニークなサービス
一貫性が、永続的な企業の競争優位性を保証する
利益そのものより、利益の源がどこにあるか
多額の研究開発費を必要とする企業は、競争優位性に先天的な欠陥を内包
総売り上げに占める売掛金の割合が、一貫して同業他社より低いのは競争優位

という言葉や視点が並びます。

この本を手に取られ、自社の財務諸表を今一度、見つめられることをご提案したいと考えます。

水野

-おススメのビジネス書
-, , ,

Copyright© e-経営者.com , 2019 All Rights Reserved.