一生懸命な人~真剣勝負のレーサーの世界から気づき得た名言~

Pocket

1.一生懸命を超えた真剣勝負の人、プロのレーシングドライバーからの気づき【事例】

仕事の関係でお付き合いをさせていただいているある店長さんから、これまでお会いしたことがない職業の方をご紹介いただいた。それはプロのレーシングドライバーの方である。30歳間近の方だが、眼光はヒョウのごとく鋭く、熱い想いにあふれとても野性的な方というのが私の最初の印象だった。

「ただ車が好き!」というだけでは決して長くその仕事を続けることができない真の実力社会で、一番高い表彰台にのぼることを目標に、日々全国を転戦しておられる。

誰もが様々な場面で「一生(一所)懸命」という四字熟語を、子供の頃からよく使ってきたし、言われてきた経験があると思う。が、自動車レースの世界では、これは当たり前のことであり、常に現実である。ハンドルを握る時、それはいつも真剣勝負の時だ。いつ命を落とすかもしれない、レース中は常にそのような極限の状態にある世界だ。

私は、体力的・精神的にも様々な重圧をはねのけて、ここまで歩んでこられたその道のりを色々とお伺いした。

2.知識や技術よりも大切なものがあるというスポーツとビジネスの共通点

私にとっては、異次元ともいえる世界の方との会話ではあったが逆に、随分「共通点があるな」と感じる機会を得ることができた。中でも印象的だったのは、人の能力というテーマで話しあっていた時のことだ。

その方は「いかに誰もが認めるレーシングテクニックや運転技術があっても、 レーサーの舞台から消えていった先輩はそれこそゴマンといらっしゃる」と、ポツリと話されたその言葉であった。

スポーツとビジネスとそれぞれ歩む世界はまったく違うけれども、人が能力を開発していく中で「知識やテクニック、技術といったものより、何かもっと大切なものがある」と、大きな共感を覚えた。そして同時に、面談時間が残りわずかになる中で「能力を磨きあげる上で何が一番大事か」という点を、さらに突き詰めたい想いに駆られた。

3.知識や技術以上に人間の志や意識が大切

限られた時間の中で、そのキーワードがご本人の口から直接発せられたわけではなかった。が、私は、言葉というある意味、表面的なものではなく、その方の表情や態度からその答えを十二分に感じとることができたのである。

それは常に頂点を目指し、完璧な走りを指向するという、一歩上を目指して挑戦していく果敢な姿勢である。また、「いや、まだまだ!」という現状に満足しない生き様そのものである。

私には、今ご本人が備えておられる運転技術を知るよしもない。が、たとえ技術そのものは見えないものであっても、私へはすさまじいばかりの上を目指す姿勢が強烈に伝わってきたのである。

この方との出会いがあってから、それまでも意識はしていた「知識より意識」「技術より意識」といった言葉が、日々の生活の中で完全定着した。自分自身の能力を磨き、未来の人生を設計していくためには、確かに、技術も大切な要素のひとつではあるが、それ以上に人間の志や意識がいかに大切かという想いがさらに高まっていったのである。

4.名言「良樹細根」・「大樹深根」を意識

今回のお出会いを通じて、私は、「良樹細根」・「大樹深根」という言葉を原点に返って意識するようになったと思う。

きれいな花(成果)を咲かせようとして、慌てて、いくら枝や葉(知識)を茂らせても、根っこ(意識)が地中深く隅々まで張りめぐらされていなければ、花はつぼみの段階でしおれてしまうし、枝や葉自体が枯れてしまうことになりかねない。

目先の知識の習得やテクニックの向上に一喜一憂するのではなく、自分の初志を常に意識し続けること、― このことが結果的に自分自身の能力を高める決定的要因になるとの確信を得た。

人間、夢を追い求め始めた頃のあのがむしゃらさや、情熱的で野性的な感覚を今一度取り戻して、自分の夢にいつも貪欲でいたいものである。

「意識は知識、技術に勝る」 ― この言葉の意味を深く究明するところに、明日の輝かしい人生があるのではなかろうか。

あなたご自身は何を感じられ、どのように進めておられますか?

5.志を大切にするあなたへの言葉

  • 「一生(一所)懸命」
  • 「常に挑戦していく姿勢」
  • 「現状に満足しない生き様」
  • 「意識は知識・技術に勝る」
  • 「良樹細根」であり「大樹深根」

6.意識を意識するあなたへの問い掛け

  1. あなたにとって「命がけでやっている」と胸を張れるのはどのような時ですか?
  2. あなたはどのようにして、「挑戦する」という意識を高めておられますか?

(2019年4月6日リライト)

Pocket

関連記事

ビジネスの数字感覚を養うには、数値を習うより日常生活で数値に慣れよ!

1.自分の数字感覚を知るには、まず日常が感覚的か数字的か 挨拶一つをとってみても気付くことがある。

記事を読む

no image

基本とは初歩ではなく、生活力強化に最も大切なもの

(機関誌26号2003年2月) 果たして私たちは、小学生の頃に学んだ基本を日々実践しているだろうか

記事を読む

no image

“何かをしている”時間だけでなく、“何かをしていない”時間ももつことへの転換を!

(機関誌122号2011年2月) あなたが心豊かに過ごす、笑顔こぼれる素敵な時間とは? 1. こ

記事を読む

no image

“し(知)っている”を、“している”へ!

(機関誌118号2010年10月) あなたは最近、こころが軽(かろ)やかですか?重く感じられますか

記事を読む

no image

人が影響を受け動き出してしまう“コミュニケーションのポイント”!

(機関誌91号2008年7月) 人にアプローチする(接触)する時、あなたのくせはなんですか? 1

記事を読む

no image

やる気は、「自分が決めている」という意識と企業文化でさらに高まる!

(機関誌59号2005年11月) あなたは、やる気を引き出す上で何が重要だと感じておられますか?

記事を読む

配慮とは? 気配り心配りしていることを感じさせないのが一番の配慮

1.配慮に欠ける喫茶店で感じた「何かが違う!」【事例】 「お決まりになられましたか?」という店員さ

記事を読む

家族の絆を深める掃除の事例から気づく、対人関係を深める1つのコツ

1.一致団結せず、他人ごとにしている事例 今年は例年にも増して、ゆったりした気持ちで新年を迎えるこ

記事を読む

no image

自分を動かし、周りを真に動かすもの、それは一所懸命!

(機関誌124号2011年5月) こころの底にある、あなたの真の叫びは何でしょうか? 1.こんな

記事を読む

no image

時間はあるあるある!

(機関誌98号2009年2月) 厳しい時代こそチャンス! あなたは、時間貧乏? 時間裕福? 1.

記事を読む

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑