リーダーが高い目的意識を持ち、新入社員を通じて自分を見つめ直す

Pocket

1.リーダーが新入社員の素直さと真似る姿勢を、原点に戻りもう一度意識する

春、新入社員の季節だ。大きな鞄を持ち、どこかぎこちないスーツ姿で移動するグループ。連泊の研修期間中の移動なのだろう。

そのような姿を街で見掛ける中、今年も私自身、多くの企業の新入社員研修をご支援させていただいている。研修内容は「学生と社会人の違い」、「働くとは?」、「人生いかに生きるか?」、「ビジネスマナー(挨拶・敬語・名刺・電話他)」、「社会人としての基本姿勢・基本動作」等だ。

研修を通じて毎年感じることは、新入社員の吸収力の素晴らしさである。スポンジのように何事も自分のものにし、一日一日成長のあとがはっきりと見られる。「素直さ」と、良いことを「真似る」という成長する上で基本的であり最も大切なものが、社会人のスタート段階では充分に備わっているからだろう。ちょうど、人生のスタート時期の赤ん坊や幼児が、何事もどんどん吸収していくように。

2.リーダーが高い目的意識を持つ

今年はこの二つに加え、もう一つ、「意識すること」の大切さを痛感した。それは、ある言葉を一人ひとりが自らに問い掛けることで、それぞれに起こってきたはっきりした変化であった。

その問いとは、「何のために(なぜ)やるのか」であり、カリキュラムの様々なテーマで「何のため」の明確化を図っていったのである。例えば、「何のためにこの研修に参加するのか」「何のために働くのか」「何のためにビジネスマナーを身に付けるのか」「何のために報連相(報告・連絡・相談、コミュニケーション)をするのか」等々。

この取り組みの中で人が変わる瞬間というのは、自らが取り組む目的や意図が明確になり、そのことをやる意味合いを自ら納得した時だと肌で感じたのである。

変わっていく過程としては、まず目つき、顔つき、姿勢に変化が見え始める。その後、態度や言動がテキパキ・ハキハキとなる。やがて、自ら進んで提案をしたり、創意工夫を重ねるようになっていく。

最初は、(言われて)やらされている意識。次に、(自らが)やる意識。最後には、(仲間と共に)喜んでやっている意識―――この決定的な違いに注目すべきなのだ。このように短期間のうちに劇的に変化するのは、正に意識の重要性を裏付けるものといえる。

 「知識よりも意識」―――人は意識が変わることで、可能性が無限に大きく広がることを目の当たりにしたのである。

3.リーダー自ら「意識を高める意識」

研修会場を後にし、日々の経営者の方々へのご支援に戻る中で、一つの想いが明確になってきた。

それは「何のために」という自らへの問い掛けは、チームリーダーや経営者こそがいま最も問うべきテーマではないかということである。

IT(情報技術)の進展により時代の変化が激しく、情報の陳腐化がすさまじい。話題になっている「学習する組織」(自ら学び続けるチーム)としての知識の刷新と、習得のスピードアップが求められている。

が、それと共に、知識を習得するに当たってエンジン(動力源)となる永久不変(陳腐化しない)の「意識を高める意識」を向上させる必要性がそこにあるように想う。

社会構造が大きく変わる中、いまの時代はある意味ゼロからのスタートである。そこで企業の水先案内人であり明日の時代を切り拓くリーダー・経営者にこそ、原点にかえり、「何のために」を自らに問い続ける姿勢が求められていると感ずるのである。

4.リーダーが自分自身を見つめなおし自分を直視する

いまこそ時代のうねりに振り回されず、地にしっかりと脚をつけ、自らを直視することが不可欠である。外部情報の収集だけに奔走することなく、自己の価値観・存在価値を見極める───このテーマに果敢に挑むことだ。

「何のためにこの事業をスタートさせたのか?(創業の原点)」「先代からバトンを引き継いだ時、何のためにやろうと決意したのか?(事業継承の想い)」「何のためにチームリーダーとしてやる決心をしたのか?(リーダーの決意)」「何のためにいまの会社、この社長のもとで働こうとしたのか?(職業選択、企業選択の想い)」「何のためにいまこのことをやっているのか(初心)」等々。

いま、他から学ぶのではなく、自らが自らに学ぶことが求められているのではないだろうか。

あなたご自身は何を感じられ、どのように進めておられますか?

5.意識の高いリーダーのあなたへの言葉

  • 「「素直さ」と、良いことを「真似る」ということが、成長する上で大切」
  • 「人が変わる瞬間、それは目的や意図の明確さと、やる意味合いを納得した時である」
  • 「やらされている意識。やる意識。やっている意識」―――この決定的な違い
  • 「意識が変わることで、無限の可能性が広がる」
  • 「意識を高める意識」
  • 「自らを直視すること」
  • 「自己の価値観・存在価値を見極める」―――このテーマに果敢に挑む
  • 「他から学ぶのではなく、自らが自らに学ぶ」

6.目的意識を高く持つリーダーのあなたへの問いかけ

  1. あなたにとって、人生の目的は何ですか、また、事業を営むことや働く目的は何ですか?
  2. あなたは、ご自身の意識を高めるために何に取り組んでおられますか?

(2019年4月3日リライト)

Pocket

関連記事

数字に弱いとは? 克服するには経営者自らの、お金や数字への価値観を変えよう!

1.経営者のお金の価値観や、数字でのものの見方・考え方の違い ある出版社の方と、お会いする機会が増

記事を読む

夢を実現する人になる条件 ─ それは重点・集中・徹底の行動

1.名言「一年の計は元旦にあり」を実感した事例 新年を迎え、我が家でもここ数年来恒例になっているお

記事を読む

no image

こころの底からの”実感”なくして、徹底した”実行”は生まれない

(機関誌6号2001年6月) しみじみ感じ「得心」したことは、その人の生き様そのものを変える 

記事を読む

no image

自分への意味のないこだわりを最小にすることが、自分の殻を打破する最大のカギ

(機関誌5号2001年5月) 新たな出会いの数とその関係の深まり度が、自分の成長のバロメーターだ!

記事を読む

【アンガーマネジメント事例】入門してない人VS知らずと入門している人ーー違いは微動だにしない人としての姿勢から!

1.アンガーマネジメントができていない、よくある車内での事例 先日の関西出張から帰る新幹線車内での

記事を読む

先手必勝とは? 伝説的なリーダーに学ぶ新手に挑む姿勢!

1.リーダーが意識をしたい先手必勝の姿勢【事例1】  キリンホールディングスとサントリーホールディ

記事を読む

no image

時間効率を他に求める前に、リーダー自らが方向性を明確に!

(機関誌57号2005年9月) リーダーとして、周囲の人の時間を奪っていないだろうか? 1.こん

記事を読む

誠実な態度が、仕事で関係を育む【信頼を失う事例】

1.「仕事の専門性よりリーダーの人間性」を実感した事例 先日、事務所で使っているある機械が故障。ス

記事を読む

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これまでの私の人生を振り返ってみると

記事を読む

no image

時間効率=集中力×継続力 <愉しさ

(機関誌116号2010年8月) あなたにとって、“ストイック”という言葉のイメージはどの様なもの

記事を読む

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑