初任給の使い道は、両親にプレゼント、それとも手紙?【経営者のお金に関する考え方と一言】

Pocket

1.初任給で両親にプレゼントをしようと思うも大失敗

春4月、各社に伺うと、新入社員の初々しい姿を目にすることが多い。その時、いつも自分自身の新入社員の頃を思い出し、こころ洗われる気持ちになる。

当時のことで脳裏に浮かぶのは、社会人生活を始めたばかりの頃の私事だがある大失敗のことだ。

入社式で経営者から実体験に基づく話を伺った。ここでの締めくくりの言葉が、その時の私のこころにとても響いたのである。「この25日にいただく初任給で、これまでの感謝の気持を込めてご両親に何かプレゼントしてはどうか」と。私はそれに応えて、「一生に一回の記念すべき給与だから、経営者の方がされた様に自分も必ずプレゼントをします」とこころの中で誓った。

ところが、給料日の25日過ぎには上司先輩方の新入社員に対する「お客様(丁寧な)扱い」も徐々に影を潜め(笑)、戦力の一員として慣れないながらも現場業務を担当することになった。学生時代とはまったく違う、目の回る様なスピードを求められる日々に加えて、慣れない業務と取り組み、その緊張のあまり時間の余裕と共にこころの余裕さえも無くしていた。

「いただいた給与で両親に、プレゼントを買わなきゃ!いいものを買わなきゃ!」と思えば思うほど、記念となるプレゼントの品がなかなか決められず、いたづらに時だけが過ぎていった。

そうこうしていて5月の下旬のこと、勤務中にある連絡が入った。父が心筋梗塞で倒れたのである。そして父はそのまま帰らぬ人となった。

2.プレゼントは渡せなかったが、手紙を渡すことができた

これまで手塩に掛けて育ててくれた父に、何も恩返しができなった自分。人生でたった一回限りの初任給──それが私にとっては父に感謝を伝えることができる最後のチャンスになるはずの給与であった。しかし「後悔は先には訪れない」という言葉どおり、その後給与をもらっても父にプレゼントを贈るチャンスは二度と訪れて来なかったのである。

ただせめてもの救いは、父にあてて一通の手紙をしたため、照れながらも渡していたことであった。

両親やお世話になった方々への深い感謝を感じることで、「生きている自分」から「生かされている自分」であることを再認識した瞬間でもあった。

3.初任給から始まるお金の使い道、失敗で学んだからこそ自己啓発の投資に充てる

こうした人生最初の給与の使い方でつまづいたこともあり、その後お金の使い方には色々な想いがあった。ある経営者からは、「収入の10%は本代をはじめ資格取得費用等の自己啓発のための投資に当てなさい」とアドバイスをいただいた。

学生時代には本をあまり読まなかった私が、本を通じて様々な優秀な経営者と触れ合い書籍の面白さを知りえたのはこの言葉のお陰だと今も感謝している。

4.経営者の個性をあぶり出す金遣い

日頃、我々は経営者として売り上げをあげ、利益を出すことに力を注ぐ。そしてそこで手にした資金をさらに再投資にまわしていく。お金の稼ぎ方、蓄え方はもちろん大切なことである。しかし、その使い方こそがわれわれ経営者に大きく問われているのではないだろうか。

事業において、お金は目的ではなくあくまでも手段である。事業で手にした資金をどこに投入していくのか? 人遣いで経営者の個性が浮き彫りになるのと同じように、金遣いがその経営者の個性をあぶり出しているのではと感ずる。

一つの事例として、苦労を共にした社員やその家族、お世話になったお客様、取引業者の方々、盛り立ててくれた人々全てをご招待し、創業以来の日頃の感謝の意を込めて東京ディズニーランドを貸し切り、共に人生最高のファンタジーワールド(夢の世界)を楽しむ、という壮大なビジョンを描かれた超成長企業の経営者もいらっしゃる。

経営者としての今のあなたの金遣いは、間違いなく5年後のあなたの人生を決める。そして、会社の事業資金の使い道が、5年後のあなたの会社の存続・発展を決するものだといっても決して過言ではないとつくづく想うのである。

あなたご自身は何を感じられ、何を進めておられますか?

5.経営者のあなたへのお金の使い道を考える言葉

  • 「初任給で、これまでの感謝の意を込めてご両親に何かプレゼント」
  • 「後悔は先には訪れない」
  • 「深い感謝を感じることで、「生きている自分」から「生かされている自分」へ」
  • 「収入の10%は自己啓発のための投資」
  • 「お金の稼ぎ方、蓄え方、そして使い方が大切」
  • 「事業(人生)においてお金は目的ではなくあくまでも手段」

6.経営者のあなたへの問い掛け

  1. あなたのお金の使い道は、どのような特徴があると想われていますか?
  2. 初任給やお金について、新入社員にどの様に語り掛けていますか?

(2019年3月23日リライト)

Pocket

関連記事

no image

ストレスは、あっていい!!

(機関誌76号2007年4月) あなたは、新しい出会いや取り組みを、「有益なストレス」として楽しん

記事を読む

no image

足るを知るものは真に富む!

(機関誌106号2009年10月) あなたは稼いだお金を何に役立てていますか? 1. こんな出来

記事を読む

経営者の健康管理、その意識と行動が豊かな事業繁栄の礎になる!

1.経営者が心の引っ掛かりが取れた、傾聴の事例 ここ数年、こころに引っ掛かっていたものが先日完全に

記事を読む

no image

あきらめない心が、あくことのない探求心と自己革新を生む!

(機関誌58号2005年10月) 自分が自分にする言い訳は何でしょうか? 1.こんな出来事が! 

記事を読む

パートナーシップ(相手との関係創り)は、自らの姿勢を正すことが第一歩

1.「人としてどうあるか」経営者として今一度考える 先日、尊敬するある経営者を埼玉県に訪れた。ひざ

記事を読む

no image

数値を忘れた理念は寝言、数値に関心を!

(機関誌141号2012年10月) 知らずしらずの内に白字社長、白字幹部、白字社員、に陥っていない

記事を読む

no image

お金や報酬との関わり方を、今一歩広い視野で捉えよう!

(機関誌126号2011年7月) “給料を○○○”、─あなたは○○○にどのような言葉を続けますか?

記事を読む

no image

時間効率を他に求める前に、リーダー自らが方向性を明確に!

(機関誌57号2005年9月) リーダーとして、周囲の人の時間を奪っていないだろうか? 1.こん

記事を読む

no image

3つの“込み”――思い込み・抱え込み・しり込みに歯止めを!

(機関誌112号2010年4月) あなたが新戦力とともにさらに成長していくスイッチ(突破口)は何で

記事を読む

リーダーが現場で、数字を活用し伝えるチョットしたコツ!

 1.認識を深め、理解を促進するには、身近な数字 先日、スタッフの一人がある講演会に参加した。早速

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑