自己成長のために、大切な一つのこと(毛呂山鎌北湖マラソン)

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 健康力を高めたいマラソン・登山 , ,

Pocket

 

自分を高めたい、自分を変えたい、と願う人は多いものです。

しかしながら、それは何かを取り組んだ結果であり、妄想だけでは本来の力を引き出し切れないのかもしれません。

そこで、日々結果を生む“プロセス”を意識することがそれに増して重要になると感じます。

成長のために、何を意識すればいいか

それを改めて実感した、自らの身体をつかって感じたある実験の記録です。

こんにちは!水野です。

 

自分を高めるには、何を意識すればいいか?」

皆さんはどの様に感じられますか?

・・・・・・、

逆に、以下の様な問い掛けだと、どういったものが出てきますか。

自分が高まった(成長した)と感じた時、そこには何があったか?」

・・・・・・、

いかがでしょうか?

 

例えば、

尊敬する方からのアドバイス

環境が変わった

人との出会い

等々。

それらに共通していて、本質的なものとなるのは何でしょうか。

もうお分かりですよね。

刺激』です。

 

人は安定を求めます

さらに言えば、安楽を求めているのかもしれません。

それは、動物としての生存欲求から当然のことで否定されるものではないと感じます。

 

しかし、これと同時に、不思議と刺激を求めているのかもしれません。

安定を求めて、“安定なこと”に取り組むと不安定になる、というのもまた事実だと感じます。

刺激がないと人は生きていけないし
身体もメタボになり、輝きも失われ“こころのメタボ”の発症に繫がっていきます。

 

安定と刺激のバランスをいかにとるか?

安定を求めて、“不安定なこと”に取り組む

分かり易くいえば、

安定を求めるからこそ、適度な刺激を与える取り組みをする

ことが大事だと感じます。

 

スポーツの世界でも、「超回復」という言葉があり、聞かれたこともあると想います。

まさに、筋肉が成長する時には、
必ず運動という刺激があり、筋肉痛になり
休養や栄養で、以前よりも増して回復するという
土台となる理論です。

 

今回は、あるマラソン大会に出てみて、このことを強く実感しました。

身体だけでなく、こころにいかに刺激を与えるか
今後とも日々のテーマにすることを実感した取り組みでした。

(以下、マラソンや健康づくりに関心のある方は続いてどうぞ!)

 

この大会は10kmと距離は、先日の52kmや
来年出場が決まったSTY84kmの大会に比べると、短いお手軽な大会。

しかし、これが約400m登って、そしてくだるというジェトコースターに乗っているような感覚を味わえる大会です。

 

まさに、私の脚には刺激の連続でした。

いつも走っているのが登りには慣れていますが、
10%前後の下りを駆け降りる、
特に固いアスファルトの上をキロ3分台で、
というのは膝のこともあり経験値が少なかったのです。

 

まさしく、岩本さんが言われる、峠走であり、着地筋を鍛えるトレーニングになりました。

20131027map

20131027 updown

 

 

大会名は、第36回毛呂山鎌北湖マラソン

自転車の練習でもよく通る、埼玉県入間郡毛呂山町で行われました。

DSC_5613

 

毛呂山町のマスコットキャラクター
もろ丸くん、で癒されますが、
坂は強烈を通り越して、人によっては凶悪(笑)だったかもしれません。

DSC_5615

 

レースの詳細は、他の方のブログに譲りますが、
マラソンを始めて最高の筋肉痛が3日間続いたことはお伝えしたいと感じます。

それだけ、脚に充分な刺激が行き渡りました

そして、こころにも

私と同じ50代でも、あの劇坂を登りキロ4分台(私はギリギリ6分台)
下りキロ3分フラット前後で
走る方が沢山おられることに、改めて大きな刺激をいただきました。

自分の当たり前が、人の当たり前と違う

20131027splits

 

今回のご褒美は、キャラクターがあしらわれた印象に残る完走証。

そして、10%を超える舗装の急坂でも膝が全く痛くならなかったことです。
(もちろん、大腿四頭筋、三頭筋は、レース後激痛でしたが、膝も強くなったか・・・!)

moroyamasyouzyo

 

これからも組織のリーダーの一人として、
結果である成長を意識しつつも、
より大切な刺激を与えることに取り組んで参ります

長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

PS:秋のマラソンシーズンです。

当日、大阪マラソン、和歌の浦ジャズマラソン等々、
仲間が健康づくりでマラソンを走っておられ勇気と元気をいただきました。

ありがとうございました。

 

 今日の問い掛け

1. 自分を高めるには、日々何を意識していますか?

2. 現在のご自身の安定と刺激のバランスはいかがでしょうか?

 

今日のメッセージ

1. 超回復

2. 安定を求めるからこそ、適度な刺激を与える取り組みをする

(水野秀則)

Pocket

関連記事

低酸素室トレーニングに学ぶ、“不安感”を“危機感”に!

こんにちは! 水野です。 今日の東京は久しぶりの雨で、しのぎやすい気温です。 皆さん、いかが

記事を読む

第66回富士登山競走山頂コース参戦! あと30秒・・・。

後、30秒が・・・。 第66回富士登山競走 山頂コース。 去年は30秒に喜び、今年は30

記事を読む

第39回大阪府チャレンジ登山大会 ダイヤモンドトレール(ダイトレ)参戦記

皆さん、こんにちは! 今回も富士登山競走頂上コース、4時間半切りを目指し、 2週連続のトレー

記事を読む

「なぜ(そんなに、笑)走るのか? 」

このwebを訪れてくださった皆さん、こんにちは! 水野です。 昨日の関東地方はとても暖かった

記事を読む

リーダーにとって、働く環境とは? 武尊山トレイル参戦(1)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~ みなさん、こんにちは水野です。 一

記事を読む

雨中のトレランだからこそ、事業での思わぬ学びが!

こんにちは! 水野です。 この秋の三連休はどの様にお過ごしだったでしょうか? また、次の三連

記事を読む

リーダーにとって、感謝とは? 武尊山トレイル参戦(2)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~   みなさん、こんにちは

記事を読む

経営者としての自分自身を探求するには?(2014年ULTRA-TRAIL Mt. FUJI STY参加から) 

組織の雰囲気や風土は、そのリーダーによって大きく左右されるもの。 だからこそ、経営者として自分

記事を読む

「特徴なき企業は滅びる」

皆さん、こんにちは! 水野です。 前回のブログの記事を、見られた方から様々なメッセージをいただ

記事を読む

先行き不安な時こそ、あるものを意識する!(百名山甲武信ヶ岳登山から<2>)

変化が激しい時代、先が見えない時代。 リーダーとして何を大切にして前に進んでおられますか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑