おススメのビジネス書

「メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<2>」

皆さん、こんにちは 水野です。
 
先日の、書籍にまつわる
“故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る”作戦!
いかがでしたでしょうか?
 
今回はその続き、
先日お伝えした“故(ふる)きを温(たず)ね”に
入門編(→“新しきを知る”)となる書籍をご紹介したいと思います。
 
これで、少しでもメンバーとの意識や考え方の格差が縮まり、
価値観を共有することが叶ったら嬉しいです。
 
 
さて、昨日は東北楽天ゴールデンイーグルスが球団設立9年目にして初のリーグ優勝を成し遂げました。
ベテランと若手、新戦力がうまくかみ合い、東北に元気をもたらす勝利となりましたね。
この年齢や経験、立場の差を縮め、熱い想いがひとつになってこその結果に感動を頂きました。

 
さて“故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る”作戦

まずは組織でもリーダーや幹部等(ベテラン陣?)に、
特に読まれている、人間関係の世界的名著、カーネギーの「人を動かす
そのエッセンスをわかりやすく紹介しているこの本です。

続いて、リーダーであれば誰しもが関心のある
組織力発揮のために何が大事かの本質や斬新な切り口
提供してくれた、ピーター・M・センゲ の 最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か

これをストーリーで我々に伝えてくれている書籍なのが、こちら。

さらには、日本人が知らずしらずに陥りがちな特徴を
軍事的失敗を例に解き明かした名著、
失敗の本質 ・・・日本軍の組織論的研究」。

 
これを現代日本にも紐づけ、我々に転換を促してくれる
素晴らしい作品がこちら  。
グローバル化やネット社会の進展で、
地球規模で海外企業との競争を余儀なくされる今こそ、
リーダー必読の書と感じます。

最後は、日本資本主義の父と言われ、
日本商工会議所や証券取引所といった産業のインフラを創出。
現みずほ銀行等500社に及ぶ企業の創業に関わった人物。
それこそ”ベンチャーの父”と個人的には感じる渋沢栄一さんの
有名な「論語と算盤」

この基本的な考えを伝えてくれるのがこの本です。

 

以上、“新しきを知る”シリーズはいかがでしたでしょうか?

これまで、少し難しいな、と敬遠していた部下やメンバーにもお薦めしてみてください。

また、ご自身も是非。
比較的文字も大きめで、噛み砕いた表現が多く、すっとこころに落ちてきます。

では今日はこのあたりで。

(水野)

-おススメのビジネス書
-, , ,

Copyright© e-経営者.com , 2019 All Rights Reserved.