部下に何点だったら任せていますか?また、任せていきますか?

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーシップを高めたい ,

Pocket

皆さん、こんにちは 水野です。

東京は残暑のぶり返す週末となっていますが、
いかがお過ごしでしょうか?

さて昨日は、池袋での定例の講座がありました。
参加者の皆様の熱心に取り組みに、
私もまた大きな刺激を頂きました!(ありがとうございます!)

 
今回のテーマは「任す」。

こちらのブログ
「任す!」~ 真のリーダーは人を通じて成果を生み出す ~
でも、お伝えしてたように、
今回は参加者の方のご要望から、このテーマをメインに進めました。

今日はその中でお伝えしたことを交えながら、
任す」ことを一緒に考えていただけたらと思います。

ところで、皆さんは
部下に何点だったら任せていますか?また、任せていきますか? 」

「任せる!」と言うことは簡単ですが、
実際“任せる”ことは、皆さんとても難しいことだと言われます。

逆に“任せられない”のはなぜでしょう?

私は、そのようなリーダーの方には、
3つの込み”があるのではないか?
と感じます。

まず第一に“尻込み”。

難しい! 忙しい! 出来ない!
と、関わる前から、尻込みされているケース。

そして第二に“抱え込み”。

任せることが出来ず、自分自身で全て抱え込んで、
にっちもさっちもいかないケース。
そして第三が“思い込み”です。

私はよく、“自分の当たり前は人の当たり前ではない”、
と言いいますが、そのとおりで、
何かの思い込みがあり、前に進めないケース。

「自分でやったほうが早い!」と思い込んでしまい
任せられなかったりするのです。
20130913
この“3つの込み”を打破し、
部下に任せるためには、リーダー自身の姿勢が問われるのかもしれません。

自ら積極的に、
部下を巻き込み、共にとりくみ、
引き込んでいくことで、糸口が見えていく。

そのためにも、双方で話すことが大切なのではないか、
と感じるのです。

ここで、私は、冒頭の質問に、
何点以上だったら任せるのか、
何点以下だったら任せないのか? を考えて頂きたいわけではありません。

視点は、その境目の認識です。

リーダーであるあなたが、“任せられない”と感じている時、
部下は“任せてもらえない”、と思っているかもしれません。

また逆に、“どうしてこんなに無理難題を任せっぱなしにするの”
と思っているかもしれません。

そのお互いが思うライン(点数)の差の部分を埋めるためにも、
話をしていくことが大切になってくるでしょう。

会話の結果、相互に信頼関係が成り立っていると、
任す、任されるの関係が上手くサイクルされていくのではないでしょうか?

今回、「任す」ということをテーマにして、
これを通じて、チームで成果を生み出すことに願いをもっていることを
再認識しました。

参加者の皆様からのご意見は、後日HPでご紹介させていただきますので、
ご参考下さい。

 

今日の問い掛け

1、あなたは部下に何点だったら任せていますか?また、任せていきますか?

2、あなたは「任し」「任される」関係をどのように構築していますか?

DSC_5075 DSC_5074

以上

(水野)

 

Pocket

関連記事

伝えるでなく、伝わる話し方が、組織力を高める【6】

伝えても伝わらない経験、多いですか少ないですか? 「ついつい『前も言ったけど』と、部下に言ってしま

記事を読む

新入社員が人間関係に不安を感じない、上司からの声掛け vol.5

 新人の多くが抱く不安って、何だと思われますか?    職場にうまく溶け込めるだろうか。  上司

記事を読む

組織力で横連携を高めるコツ ~サッカー界からチームビルディングを学べ~【5】

ビジネス以外で、組織力が求められるものは? 「スポーツの世界、サッカー・ラグビー・野球等々」 「

記事を読む

2014年の御礼と2015年のご挨拶

2014年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧いただき、ありがとうございます。

記事を読む

小売業店長に学ぶ、リーダーとしてのスピード感!

時代の変化が目まぐるしい。 われわれリーダーも以前に増してスピードが求められています。

記事を読む

会議で決まらないのは、なぜかわかりますか 4つ目【回議】

会議で同じ議題がまた出てきて、決まらないことないでしょうか? 「この議題、前も出てきて蒸し返してい

記事を読む

リーダーシップ開発は、たった1つ継続力こそをマネジメントすること vol.7終

決めたことが続かないんだよね、、、 誰しも経験があることではないでしょうか。 継続は力なり、継続

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半 vol.5

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ後継者・次世代幹部にとって、こ

記事を読む

部下の報連相で、上司のある姿が浮かびあがっている?

こんにちは!水野です。 経営者や幹部の方々から、「部下の報連相を強化したい」という声を聞きます

記事を読む

主任とは?その役割とは? ~中小企業の後継者が、共に考え伝える~【4】

主任と係長の違いって明確ですか? 「主任は一般職、係長は管理職」 「スポーツに例えると、主任はキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑