マラソン・登山

何があるから継続できるのか? 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<2>

皆さん、こんにちは 水野です。
大菩薩嶺へのトレイルランニング、距離45km、標高差1938m
への挑戦、続きです。

1回目は、こちらです。
日本百名山 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<1>  



前回の白糸の滝は楽しんでいただけたでしょうか?


今回は16kmを走ってようやく大菩薩峠に向けた本格的な登山道
に入るところからです。
DSC_4894  ここから入っていきます!

DSC_4897  
途中植林の標識がいくつも。
何年に何本植えたのか、それが明記されています。
昭和49年・・・山や木は一朝一夕ではできないことを改めて実感!

 DSC_4899  DSC_4902 
途中の分岐や標識

DSC_4903
そして、丹波山からの登山道と合流する地点。
ここまで展望がなかった登山道から、いっきに北側が望め
すっきり!

そして、ここで丹波山からこられたご夫婦の登山者に初めて出会います!!
休日であるにも関わらず、ここまで人と会うことがありませんでした。
ひっそりとした道中であったのです。

トレランには向いているルートを選ぶと、人が少なく寂しいのがたまにきず(苦笑)。
しかし、登山者とトレラン、と山の愉しみ方が違うので、それはそれでしかたがないことと感じます。

 

DSC_4899 
この様な標識をクリアし
人の声が聞こえて来たと想うと、そこは大菩薩峠直下でした。
山梨側ではなく、埼玉側の写真を取ります。

DSC_4905

ここまで22kmの道中が、報われる素敵な景色!

さらに人が20人くらいいる峠に登ると
色々なガイドブックにでている有名な風景が目の前に!!

DSC_4906

 この青空、やっぱり山に登ることは止められません!!(笑)

横だとさらに、ワイドビューで広がりが実感できます。
DSC_4907[1]

DSC_4909
 そして夏山の午後なので眺められないかも、と想ってはいたのですが
やはり富士山は望めず、残念。
こちらの方向に普通は見えます。

DSC_4912
でも、上日川ダムが見え、こちらにも癒されました。
水はやはり大きな癒しですね。

DSC_4913
そして大菩薩嶺に向け尾根を進み、大菩薩峠を振り返ると
この景色、最高です
山小屋の介山荘が既に小さくなっています。

DSC_4917
こちらは塩山や山梨の市街地方面

そして!!
DSC_4921 
2057m大菩薩嶺、頂上到着!

ここで、スマホの電池を入れ替えて、下りに入っていきます!
コースは、石丸峠~牛ノ寝通り~小菅の湯です。
後で気づくも、この時のスマホでの行動記録のアプリの
スイッチがうまく入っておらず、下りのデーターがなくがっくし(苦笑)

DSC_4923DSC_4924
大菩薩峠付近とはうって変わって、こんな所を登っていきます。
でも自然林で癒される!

DSC_4925 
標識。この小さな表示がありがたく心強い。

 

DSC_4927 DSC_4928 DSC_4926

そして、石丸峠を見下ろす場所に躍り出ます
この景色が一番癒されたかも!!

DSC_4930 DSC_4931 
分岐の標識

DSC_4932 
先ほどの見下ろした地点を、今度は下から見上げる。

DSC_4936 DSC_4933
そしていよいよ牛ノ寝通りに入っていきます!!

DSC_4937 DSC_4941 DSC_4943
最初は急なくだりが多かったのですが、その後は走れるトレールが続きます!!
途中、やせ尾根もあるが、基本的には快適に・・・。

なぜこんな道を走っているのか? 走り続けているのか?

それは大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<3>完結編に続きます。

 

今日の問い掛け

1. あなたは何があるから継続ができるのでしょうか?

以上

(水野)

 

 

 

 

 

-マラソン・登山
-, ,

Copyright© e-経営者.com , 2019 All Rights Reserved.