日本百名山 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<1>

健康経営

日本百名山 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<1>

皆さん、こんにちは! 水野です。

この7月末の第66回富士登山競走後、
久しぶりのロングでトレランを行ってきました。

ターゲットは、日本百名山の大菩薩嶺です。

今回お伝えするのは、道中前半の大菩薩峠の登山道入り口まで。

残暑が続く中、途中にある白糸の滝の写真でも見ていただいて、少しでも暑さをやわらげていただければ嬉しいです。

先ず、奥多摩に向け中央線の始発4:30分に武蔵小金井駅から乗車します!
この始発に乗るため、自宅から40分程チャリで移動。
時刻表

車内は土曜日にも関わらず、ガラガラ☆
登山する人は少ないのか? 早過ぎるのか…?
電車

奥多摩駅に到着後、鴨沢行きのバスに乗車。
同じく、百名山の東京都最高峰の雲取山への入り口でもあります。
バス

多摩湖がきれい!
朝日があると、さらにこんな感じ(右)で、湖面がキラキラ☆☆です。
多摩湖 多摩湖

「深山橋」でバスを下車。
深川橋

奥多摩周遊道路に向かう三頭橋。
ここは以前チャリンコでよく来ました~!!
三頭橋

深い緑の山々に囲まれて、橋という建造物が美しく映えます。

この当たりから徐々にランスタート!!
今日は心拍数129縛りで、ゆっくりと駆けだしていきます。

途中、木材の集積場がありました。
木の香りが・・・??
意外としませんでした 笑
木材集荷場

ここから東京都を離れ、山梨県に入ります
もちろん歩いていませんよ、走っています~☆☆ 笑
県境

これから行く大菩薩峠方向です。
帰りは、牛ノ寝通りを下って来る計画です!!
地図

役場、開いてました。
通過時間、AM7:30頃ですよ。

役所 看板
すごい!
しかも職員の方が仕事を・・・脱帽デス!
登山のガイドブックがあったので、いただきました。
ありがとうございます。

下ってきたら、右の写真に表示にある
「小菅の湯」につかるのが愉しみ!!
ランのあとの温泉は本当にたまりません☆

お店
ここの「きのした」さんが、大菩薩嶺に向かう
最後のお店であり、自販機。
もちろん補給をして先へ進みます。

道は舗装からダートに代わる所もあり、高度を稼いでいきます。
もちろん、走っています・・・走・走・走!!
山道 駐車場
隣は登山口の駐車場、3台しか止まっていません…。
夏休み最後の土曜日というのに…。人気がないのでしょうか?

白糸の滝、到着です!!
白糸の滝
熊がぁ~怖い!
もちろん熊鈴ならしながら、入っていきます!

説明文が。 ふむふむ・・・。
きれいな橋も架かっていました。
看板 箸

で、いよいよ・・・!!
白糸の滝

でた~!!!
きれい! 癒される~!!

白糸の滝 白糸の滝
こんな角度からも・・・。

白糸の滝

大自然、水のしぶき、輝く新緑!!
本当にいのちの洗たくです!!

気持ちいいことこの上ありません!!

・・・と、このあたりで、今回のトレラン報告、続きのランはまた近日中に・・・!

参考までに、下記にコースマップなどを。

〇トレランコース図

地図

〇獲得標高差グラフ
グラフ

〇averageとsplits
グラフ
タイム表

以上
「日本百名山 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<2>」へつづく

水野

    この記事はご満足いただけましたか?
    ご意見・ご要望(任意)

    プライバシーポリシーに同意の上でお申込みください

    -健康経営
    -, ,