稲盛和夫氏著 「働き方」 に学ぶ仕事との向き合い方(スタンス)

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 経営者のための読書実践【書評】 , , , ,

Pocket

先日より、ある会社のコンサルティングがスタートしました。

そのご契約が決まる前の出来事です。

私がご縁をいただいた経営者に必ずお聴きする
影響を受けた本や映画って、何ですか? 」という質問。

間髪入れずにこの経営者の方から返ってきた返事が、
(京セラ設立者の)“稲盛和夫さんの本”というものでした。

そこで、次回お伺いした際に、稲盛和夫さんの本を十数冊ご持参し、
色々と情報交換をさせていただこうと、
事務所にある本を一冊一冊パラパラと見ていた時のこと。

どの本もボロボロになるくらい読み込んでいる中で、
他に比べて、あまり読み込んでいない1冊が目に留まりました。
それが、

です。

今回はこの本を読み返し、味わってみました。

ちなみに、私が稲盛さんの本の中で、読み込んでいる本の
筆頭はこの3冊。

ⅰ) 心を高める、経営を伸ばす
特に、この1冊目は、尊敬するF社長から直接
いただいたものです。

ⅱ) 生き方
これも闘病時のことを振り返りながら、よく手にしているもの。

ⅲ) 実学
こちらも、数字という感覚を忘れないために
よく見せていただいています。

しかし、なぜか冒頭の「働き方」だけが
読み込んでなかったので、今回じっくりと味わってみました。

──今まで、なぜ読み過ごしていたのか!

こころが打ち震える言葉が並びます。

1.働くことは、人生を好転させていくことができる「万病に効く薬」 

2.仕事に恋をする

3.製品を抱いて寝たいという想い(自分の製品を抱きしめたい)

4.できないと言ってはなりません。今はできないかもしれないがきっとできるはずだ
  と自分の可能性を信ずる
新入社員が4月に入ってきて、はや4ヶ月。
皆さんの会社の新人はいかがでしょうか?

秋に多かった新入社員フォローアップ研修も、
この夏7月8月に実施をするため
そのご支援をさせていただく場合もあります。

現場や実務が見えてきた今だからこそ、
新入社員にとって今の仕事ぶりを見直す良い機会になるのではないでしょうか!

そして何より、新入社員や若手社員に
この本を薦める(ひどい場合は、押し付ける)のではなく、
我々経営者や組織のリーダー(部門長・拠点長)が今一度この本を
噛みしめる必要があるのではないか、と思うのです。

そう反省をした瞬間でもありました。

部下に仕事を愛せ、商品を抱きしめろ、という前に
我々が今一度本音・本気・本心
そう行動がなっているか点検することの重要性を
改めて感じた素敵な時間でした。

仕事の方法論(スキル・テクニック・知識)と共に、
仕事のスタンス(向き合い方)を
定期的に見直し、高まりを確認する

大きな気づきをまたいただき、ありがとうございました。

PS:冒頭の経営者は、弟さんに、“「生き方」から先ず読んでは?”
   と薦めておられました。

今日のメッセージ

  1. 働くことは、万病に効く薬
  2. 仕事に恋をし、製品を抱きしめる

今日の問い掛け

  1. あなたが稲盛和夫さんの本で、読み込み、実践で高めているのはどの1冊ですか?

以上

水野秀則

Pocket

関連記事

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を創るだけではない。我々リーダー

記事を読む

ドラマ『下町ロケット』リーダーの想いを組織力にいかに高めるか?

いよいよ、あの原作のドラマが、TBS日曜劇場で第一回放映。 『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』

記事を読む

財務諸表を別角度から見つめるある提案

財務諸表と聞いて、どの様なイメージが膨らむでしょう? 得意/苦手、さらには面白い/嫌い等々

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <2>

ビジネスを快適にするギア! ここに興味を惹かれる方をとりこにする ハーマンミラー社のアーロンチェ

記事を読む

『社長になる人に知っておいてほしいこと』 松下幸之助

社長になる人に知っておいてほしいこと posted with ヨメレバ

記事を読む

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

稲盛和夫氏からダニエル・ピンクまで!水野がご紹介させて頂いた書籍ご案内!

こんにちは。 フューチャサポートのスタッフ落合です。 読書の秋も後半戦。 この秋、皆様はど

記事を読む

書籍「エスキモーに氷を売る」に学ぶ、革新の進め方

この書籍の副題は、魅力のない商品を、いかにセールスするか。 ただ、この本はセールス本として読む

記事を読む

ビジネス書が苦手な方に薦める想い出のこの2冊

こんにちは! 水野です。 “本が苦手なんですよね、小説はまだしもビジネス書は・・・” と

記事を読む

人を動かす

人を動かしたい、という想いに駆られる方へ

人を動かす! リーダーとして、事業家として誰もがこの力を身に付けたいと願っている。 デールカーネ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その2「クレーム」

われわれ後継者・次世代幹部にとって、ドキッとする言葉に「クレーム」があ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その1「問題」

後継者・次世代幹部として、会議やミーティングを主宰したり、参画されるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑