目力がないと嘆かず、目力を強くする ~リーダーとしての心得~

Pocket

1.目の力、目力(めじから)がアップした経営幹部のセミナー後【事例1】

先日、弊社主催のセミナーにひとりの経営幹部が参加された。彼の上司は永年私がお世話になっている経営者であり、セミナー参加後の様子についてその経営者から色々とお話を伺っていた時のことだ。「彼の目が変わりました! 目がっ! 何かが吹っ切れて、目の力、目力がアップし、存在感や芯が育ったと感じます!」とのお言葉をいただいた。

経営や人材育成のセミナーや講演会に数多く携わってきた一人の人間として、日頃強く想うことがある。それは、人は変わりにくいというのも真実かもしれないが、人は簡単に変わるというのもまた真実ではないかということだ。人は正確にスイッチが入れば、まったく別人のようにイキイキとした人になるものである。一人ひとりのその“やる気のスイッチ”が何であるのか、どこにあるのかを探し求めつつその人と共に歩んでいるのが、われわれリーダーであり、人育てという取り組みではないだろうか!(セミナーの真価も、やる気のスイッチの在りかを探りあて、それをオンにする取り組みにあるように感じる)

冒頭の経営者のお話を伺い、やる気のスイッチが入った時に、人はそれが正直に目に現れることを強く感じた瞬間であった。

2.目を見ていれば、動きはすべて読みとることができる【事例2】

今回の出来事を通じて、別の経営者とのある会話を想い出した。この方は、自らがプロドライバーとして永年ハンドルを握ってこられ、タタキ上げで運送事業を経営されておられる方だ。いつも助手席に乗せていただくと、どのような狭い道でも対向車とのすれ違いを実に安全かつスピーディーに進められる。真のプロ(ドライバー)はここまで違うものかと、感じ入ることが多いのである。

ある時「運転で一番大切なことは何ですか?」と伺った時、間髪入れずに「車ではなく、それを動かしている人(ドライバー)を見ることですよ、特に、その目がどこを見て、どのような表情であるのかが大切ですね。目を見ていれば、その後の車の動きは全て読みとることができます」と言われたのだ。

この貴重なアドバイスで、私はこれまでドライバーが乗っている車全体をただ何気なく見ていたのが、ドライバーの目に意識をより動かすようになったのは言うまでもない。

3.職場でのアイコンタクトの重要性と、リーダーの心得として目力を日々磨く

当時、原点に帰ってアイコンタクト(互いが目を合わすこと)の重要性ということを感じ取った私は、運転の時だけではなく、職場や訪問先、日常生活でもこの取り組みを見つめ直すことを行った。

そこで、この取り組みの現場や現実から学び、リーダーとしての心得の一つで目力を日々磨くように決めたのが、次の二つであった。

1)朝最初に会った時、身体全体を何気なく見た挨拶ではなく、お互いに目をきっちりと合わして挨拶する(単なる言葉の挨拶に終始するのではなく、目で挨拶をすることを徹底。目を合わさず他の何かをしながら、単なる口だけの挨拶をされる方が意外に多い)

2)職場や訪問先の朝礼で一同が会した時に、一人ひとりのメンバーと目を合わす瞬間を設ける。朝の忙しい中だがこの少しの時間をとり、その人の気分や感情が強く表れる目を確認することで、その日の相手の体調や感情に理解(目はこころの窓)を深めることができるのは大きな価値がある。

それと共に「今日も一日、夢や目標に向かって元気に共に歩もう!」というこころのキャッチボール(互いの意志確認)をしているように想うのである。

4.リーダーとしての目力と共に、周りの人の目力を常に感じる

目やアイコンタクトというものを深く考える機会を通じて、今更ながらにリーダーが人の“こころの表情”を深く理解する上で、相手の目から感じ取ることの大切さを感じたのであった。

「目が利く」「目が高い」「目に余る」「目を疑う」「目も当てられない」「目が肥える」等々、手元の辞書で目を引くと、実に多くの目という漢字を用いた引用句が並ぶ。これほど大切な目であるにも関わらず、その重要性に比べれば “目を疑う”程(意外にも)職場や日常生活でわれわれが目を軽視している姿がくっきりと浮かぶのは、誠に残念である。

リーダーとしてさらにパワーアップを図るために、自分自身の“目力(めぢから)”を意識すると共に、周りの人の“目力(めぢから)”を常に感じる人間であることの意義と意味に“目が覚めた”今回の取り組みであった。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.目力を日々磨くリーダーのあなたへの言葉

  • 「人は簡単に変わるというのもまた真実」
  • 「“やる気のスイッチ”が入った時に、人は目に現れる」
  • 「真のプロ(ドライバー)はここまで違う」
  • 「目を見ていれば、その後の車の動きはすべて読める」
  • 「目はこころの窓」

6.アイコンタクトを実践するリーダーのあなたへの問い掛け

  1. あなたは自分自身や周りの“目力(めぢから)”を、どのように感じておられますか?
  2. あなたが大切にしておられる方の“やる気のスイッチ”は何であるのか、どこにあると想われますか?

(2019年3月24日リライト)

Pocket

関連記事

新入社員を迎える上司の基本姿勢は、まずは“自分に矢印を向ける”自分指導から!

1.長時間かけて取り組んだ新人採用後、新人指導に想いや関心が向く 初夏7月、この時期に経営者や人事

記事を読む

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回るわぁ・・・」、キツネにつまま

記事を読む

人を活かす経営とは?そのリーダーシップとは?3つの歴史に学ぶ、健康でイキイキは尊いもの!

1. 二人のリーダーが描いた、ある特攻隊員【1つ目の歴史】 毎年、夏は戦争の歴史や命の尊さを伝える

記事を読む

【変革型リーダーの挑戦事例】変革への抵抗とは何か?どう捉えるのか?

1.ある変革型リーダーの挑戦事例 ある業界で変革を生み出すリーダーから、原点を見直す意味でとても意

記事を読む

no image

“し(知)っている”を、“している”へ!

(機関誌118号2010年10月) あなたは最近、こころが軽(かろ)やかですか?重く感じられますか

記事を読む

no image

時間に関するストレスは、先読みすることで大きく軽減される!

(機関誌105号2009年9月) あなたは時間に追いかけられる人?時間を追いかける人?  1.

記事を読む

no image

現状打開の斬新なアイデア――それは視点を変えることから生まれる!

(機関誌62号2006年2月) あなたはリーダーとして行き詰った時、どのようなことに取り組みますか

記事を読む

「人生は長いようで短いもの!」という事例を、仕事のタイムマネジメントで活かす

1.「人生80年は25億秒」を実感した事例 ゴールデンウィークも終わった5月のこの時期になると、い

記事を読む

no image

時間効率を実現するために、ピークの平準化と時間差の活用を! 

(機関誌127号2011年8月) あなたにとって、“時間をずらす”という意味で習慣にしていることは

記事を読む

【人間力開発】イメージを払拭する意味は? どの様な力が引き出されてくる?

1.これまでのイメージを払拭し、イメージの力を味方につけた事例 テレビで女子マラソンを見ていた時の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑