【変革型リーダーの挑戦事例】変革への抵抗とは何か?どう捉えるのか?

Pocket

1.ある変革型リーダーの挑戦事例

ある業界で変革を生み出すリーダーから、原点を見直す意味でとても意義深いお話をいただいた。それは、「利益は、参入障壁に比例する」という言葉だ。「参入障壁が低い事業だと、すぐに他社の追随を許し競争が激化し、挙句の果てには利益が薄くなる。逆に、参入障壁が高いと、オンリーワンであり、適正な利益を永年にわたって得ることが可能だ」というものであった。

日々多くの変革型リーダーや経営者とお会いする私にとって、このご指摘は自分自身の体験や出会った事例と照らし合わせても、まさしく言われる通りだと感じ入った。

そこで、他社との差異化(差別化)を実現し、より大きな利益や成果を手にするために何が必要だろうか? 自社がもつ参入障壁というバリアを自社が乗り越える(あるいは他社に乗り越えさせない)ためには、何が大切かという2点に想いが膨らんだのである。

この経営者のお考えでは、

1.インフラ力(知的所有権等) 2.資金力 3.ブランド力 4.人材力

の4つ、特に中小企業の経営者や変革型リーダーには後ろの2つが大切とするご意見であった。

2.抵抗感や抵抗勢力は変革を生み出し、本来前向きに捉えるもの

この変革型リーダーと別れて、「参入障壁」という言葉が耳に強く残っていた私に、その帰り道である会話が浮かんだ。それはちょうど冒頭の変革型リーダーとお会いする前の、別のリーダーとの出来事であった。「営業畑一筋でこれまできた自分にとって、月次の損益や、資金管理、回収チェック等の経理・財務面でのことが億劫(おっくう)になりがちなのですね。もちろんリーダーとして、今挙げたようなことはとても大切なのはわかっているのですが・・・。何か抵抗感があって、こころがそちらに向かわない時があるのです」と、このリーダーが本音を吐露された場面である。

その時、丁度車に乗っていたということもあり、私はこのように申し上げた。「車の運転を普通にできる人にとっては、車を通常通り運転することはまったくストレスや抵抗はない。でも、そこから新たに気付くことや、運転ができることの喜び、できないことができるようになったという変革等々は、生まれてこないですね。その人にとって、抵抗感のあるテーマこそが、自分や周りに大きな変革や違いを生み出すのではないでしょうか」と。

私の頭の中では、「参入障壁が利益を生む」という言葉と、「抵抗感とは、変革を生むもの」という言葉が重なった瞬間であった。

3.自分の心に立ちはだかる3つの抵抗感「わからない」「できない」「やれない」

今回の出来事を通じて、「抵抗感があればあるほど乗り越えたとき大きな変革を生み出す」ということを想い起こした私は、その視点から日常の仕事や生活を見渡してみた。

そこからの新たな気付きと発見は、「3つの“ない”」を言う人やその場面が意外にも多いということだ。それは、「わからない」・「できない」・「やれない」の言葉である。そして根底にはどうせ自分なんか・・・と想っているその人がいるように感じた。

人は、壁が外に立ちはだかっているのではなく、自分のこころの内側に大きな抵抗感(メンタルブロック、こころの参入障壁)となって抱えてしまっている場合が実に多いように想う。

4.変革度合いは、抵抗感の大きさに比例する

人は「これは無理!」と感じた時、自分の持てる全ての能力を捨ててしまっているに等しい。しかし、「これはやれる!」ととらえると、能力以上の壁を乗り越えることができるものだ。困難に見えているもの―これを自分が無意識のうちに困難だと決め付けているのが原因であり、自分でも意外と気付かないで当たり前に体質化してしまっているのが、このメンタルブロックである。だからこそ、気付きにくいし、そこから離れにくいのかもしれない。

この人生に仕組まれた大きなワナに落ちることなく、「こころの抵抗感」や参入障壁を前向きに捉え、自分にとって有意義な人生をおくりたいものだ。冒頭の経営者の教えに感謝し、その主旨をそのままに、語句を変えた言葉で締めくくりたい。

変革度合は、抵抗感の大きさに比例する

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.変革型リーダーのあなたへの言葉

  • 「利益は、参入障壁に比例する」
  • 「何か抵抗があって、こころがそちらに向かわない」
  • 「わからない」・「できない」・「やれない」
  • 「「どうせ自分なんか・・・」と想っている」
  • 「自分のこころの内側に大きな抵抗感(メンタルブロック、こころの参入障壁)」
  • 「変革度合は、抵抗感の大きさに比例する」

6.変革型リーダーのあなたへの問い掛け

  1. あなたは、自分にとっての「こころの参入障壁」は何だと想われますか?
  2. あなたは、どのような事や場面に一番抵抗感が生まれますか?

(2019年3月16日リライト)

Pocket

関連記事

後継者でつらいと感じたら、名言『苦しい時は上り坂』でバランスを!

1.中小企業の後継者が陥りやすい「過小評価症」という事例 「ずいぶん燃費効率の悪い生き方をしていま

記事を読む

no image

アクションプランだけでなく、ハビットプランを!

(機関誌120号2010年12月) あなたにとって、わかってはいるが“できない・続かない・成果がで

記事を読む

no image

時間に関するストレスは、先読みすることで大きく軽減される!

(機関誌105号2009年9月) あなたは時間に追いかけられる人?時間を追いかける人?  1.

記事を読む

不慮のトラブルや事故も、実は自分がその種を撒いている!

1.運転適性診断の受験機会を通して、自分自身を見つめなおした事例 先日、自動車の運転適性診断(主催

記事を読む

no image

人と繋がる愉しみは、継続を生み出す!

(機関誌121号2011年1月) 自分に続ける力が自然と身に付くためには? 1.こんな出来事が!

記事を読む

no image

感動だけで終わらせず、自らの言動(言葉と行い)に違いを!

(機関誌139号2012年8月) あなたは4年後のリオオリンピックに向け、どの様なイメージや感情を

記事を読む

【アンガーマネジメント事例】入門してない人VS知らずと入門している人ーー違いは微動だにしない人としての姿勢から!

1.アンガーマネジメントができていない、よくある車内での事例 先日の関西出張から帰る新幹線車内での

記事を読む

no image

現状打開の斬新なアイデア――それは視点を変えることから生まれる!

(機関誌62号2006年2月) あなたはリーダーとして行き詰った時、どのようなことに取り組みますか

記事を読む

経営者としてのものの見方考え方ー状況や環境、幸せまでもが自分で感じたものが事実になる

1.突然の痛みが私を幾度となく襲う 「痛いっ・・・、胸が、締め付けられる」 自宅で毎朝おこなってい

記事を読む

no image

最高の結果を求める人に--品質(出来栄え)は、自らの態度(姿勢)から!

(機関誌73号2007年1月) あなたはどのような態度で、日々仕事や生活にとり組んでいますか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

経営者の健康管理、その意識と行動が豊かな事業繁栄の礎になる!

1.経営者が心の引っ掛かりが取れた、傾聴の事例 ここ数年、こころに引

リーダーが現場で、数字を活用し伝えるチョットしたコツ!

 1.認識を深め、理解を促進するには、身近な数字 先日、スタッフの一

中小企業の経営者自らに、変化と変革を生み出す原動力となる名言2選!

1.過去の延長線上にある小手先の改善に終始をしない ここ数年、世界的

うまくやろうとするな!ーー後継者が人前で話す時のこの工夫が、社員の心が揺さぶられる言葉に結び付く

1.後継者が社員や多くの人前で話す時のコツ 後継者の方ばかり10名程

プレッシャーをはねのける? 責任感が強いあなたに重圧がかかった時、それでは弱いかも

1.「重圧がかかる選手であることを誇りに想う」と捉えられるイチロー選手

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑