こころが打ち震えた瞬間、人は自然に動き出す!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 事例体験から学びたい!

Pocket

(機関誌74号2007年2月)
あなたは周囲の人のこころに、火をともす人でしょうか?

1.こんな出来事が!

 先日、ある会社の人材開発に携わるリーダーの方から電子メールを頂戴した。そこには、イギリスの教育学者ウィリアム・アーサーワードの私が好きな言葉が綴られており、わが意を得たりとうれしさがこころに広がったのである。いつも読み上げる度に、こころ揺さぶられる重みのある言葉

「凡庸な教師はただ話すだけ。少しましな教師は理解させようと努める。優れた教師はやってみせる。本当に優れた教師は生徒のこころに火をつける。」
(原文:The mediocre teacher tells.The good teacher explains.The superior teacher demonstrates.The great teacher inspires) 

 このリーダーの方は、著名な書家に全文を書いていただき、額に入れていつも噛み締めておられるということだ。
このメールをいただいたのは、初対面でありながら、二時間を越える白熱した意見交換をさせていただいた直後であった。お互いが意気投合した感覚があったその原点がひも解かれた瞬間であったように想う。

2.私の想い

  この方とのお出会いやその後のメールのやりとりを通じて、私の座右の書のタイトルが蘇ってきた。それは経営コンサルタントの第一人者である田辺昇一氏の著書「心に革命を起こせ」である。

 ほとんど読書する習慣の無かった学生時代の私。しかし、今、想うとこの本との出会いで、こころに火がともり、人生が確実に前へ向かって動き出したように想う。

 いうなれば、一冊の本と出会ったというより、著者である田辺昇一氏という人物に、さらには師に出会ったといった方が適切なのかもしれない。

3.日々への影響

 私自身、日々、経営者として行っている現場でのスタッフ育成や、経営コンサルティング・研修等の業務それらは果たして単なる知識やノウハウ・テクニック等の薄っぺらい指導やアドバイスには終ってはいないだろうか?時間が無いと言い訳をして、ただ伝えるだけや中身のない説明に終ってはいないだろうか?自分がモデルとして模範を示し(率先垂範)ているだろうか?そして何よりも相手の琴線に触れるような話や、実感を引き出して実行してみようと感じる話になっているだろうか?等々、改めて自分自身を見つめるきっかけをいただいたように想う。

4.生活・志事(仕事)の中での実践

 情報・通信時代と言われて久しい。我々経営者やリーダーにとっても数多くの書籍や雑誌、そしてテレビやホームページ・eラーニング等々複数のメディアからの溢れんばかりの情報は、居ながらにして手にすることができる。そのような中、時代変化の激しさに取り残される恐怖感からか、その多くを知識や情報として習得しストックすることだけに血眼になっているのかもしれない。しかし、我々は案外その蓄えたものを活かすだけの志や想いといったものが明確になっていないように強く感じる(自分らしさは何であるのか、何が人生や仕事(事業)で成し遂げたいことなのか等は不明確なまま)のである。

 車に例えて言えば、ガソリンを積み込むことには非常に熱心ではあるが、肝心要のエンジンそのものを動かす点火プラグ(火花を飛ばしてガソリンと空気の混合気を燃焼(爆発)させる自動車部品)が機能しておらず、パワーが発揮できずに車が前進しない状態と同様なのかもしれない。

 教育改革が叫ばれる中、政治や学校の先生だけにそれを委ねるのではなく、一人の人間として、また組織のリーダーとして、関わる全ての人のこころに火をともしたいものである。それには何より、様々な出会いや出来事から、自らがこころ打ち震える瞬間を多くもつことが大切ではないだろうか。それが相手に伝播(でんぱ)した時、その影響を受けた人が熱く燃えて、結果的に自然に動き出すのは間違いのないことなのだから。

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「本当に優れた教師は生徒のこころに火をつける」
  • 「心に革命を起こせ」
  • 「琴線に触れるような話や、実感を引き出し実行してみようと感じる話」
  • 「点火プラグが機能しておらず、パワーが発揮できずに車が前進しない」
  • 「自らがこころ打ち震える瞬間を多くもつ」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたは周囲の人のこころに、火をともす人でしょうか?
  2. あなたにとって、自らがこころ打ち震える瞬間はどのような時ですか(でしたか)?また、そのような瞬間を多くするために、工夫されておられることは何でしょうか?
Pocket

関連記事

no image

多くを実行しようと頑張り、どれもが中途半端になっていませんか?

(機関誌33号2003年9月) 優先度の低いことはやらないという勇気ある決断が、成果を確実にする!

記事を読む

目力がないと嘆かず、目力を強くする ~リーダーとしての心得~

1.目の力、目力(めじから)がアップした経営幹部のセミナー後【事例1】 先日、弊社主催のセミナーに

記事を読む

no image

業績・成果を生み出す3つの化(イメージ化・数値化・具体化)を体質に!

(機関誌113号2010年5月) あなたの本音・本気・本当の願いは、何でしょうか? 1.こんな出

記事を読む

変える勇気 変わる覚悟!

1. 元NHKアナウンサー松平定知氏からの学びの事例 NHKの人気テレビ番組—「その時歴史が動いた

記事を読む

no image

時間に関するストレスは、先読みすることで大きく軽減される!

(機関誌105号2009年9月) あなたは時間に追いかけられる人?時間を追いかける人?  1.

記事を読む

【事例に学ぶ】お客様との信頼関係構築は、意外なこの視点を大切にすること

1.「仕事は自分都合でなくお客様都合」の事例 少ないながらも共に働くメンバーが増え、少し広い事務所

記事を読む

顧客視点とは何か? マーケティング研修の事例で経営者と一緒に考える!

1.顧客視点の「お役に立つ」を実現する、経営者とのマーケティング研修企画事例 サービス業と一言で言

記事を読む

存在感がないと言われるリーダーが、影響力を与え発揮するリーダーに!【事例】 

1.存在感を発揮するようになったリーダーの事例 オリンピックで快挙を成し遂げたある選手の講演会に、

記事を読む

経営者から始める、かんしゃくの「く」の字を捨てて、ただ感謝!

1.経営者が率先してかんしゃくの「く」の字を捨てて、ただ感謝! 先日ある企業の社長を訪れた。現地・

記事を読む

no image

今年の夏の体調管理と暑さ対策は、栄養面からの取り組みも!

(機関誌137号2012年6月) リーダーとしてあなたが人に薦めたくなる健康習慣は何ですか? 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑